recent-entry.gif
MF掲示板。。。

HG ガンダムナドレ


HGガンダムナドレ


HG 1/144 ガンダムナドレ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

アニメでもでていた専用のビームライフルとシールドが付属するようです。

スタイルは見てのとおりGOODな感じ!

顔の部分からたれている赤いコードがどんな素材で再現されるのかたのしみ~!

ほとんどが白一色なので多分、色わけは心配いらずですね!

他の00HGと同様に合わせ目は極力目立たない設計になっているのもうれしいところ!

価格も安めでうれしいかぎり。

できればシールを二種類付属して、赤いシールでトランザム再現なんかもあったらいいかと・・・

アニメでは細部はあまりみられなかったナドレを作りながら観察できるのもうれしいところ!

HGヴァーチェと並べてくらべてみては?

HGヴァーチェのパーツを改造してナドレに・・・なんて荒技もできないことはないはず!

1/144 HG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

HGUC サザビー



HGUC サザビーが六月に早くも登場、というニュースが。

HGUCもついに逆襲のシャアシリーズに入って、ついこの間、早くもνガンダムがかつてないほどの力の入れようで発売したばかりなのに、こんどはサザビーかい?ってな感じでペースが早過ぎな感じの最近のガンプラ。

出しすぎにもほどがある。が、嬉しい悲鳴だなこれは。。。

これでまた、積みプラが増えること間違いなし!

情報提供サイトは
HGUC サザビー、6月発売決定早耳ガンプラ情報局さん

HGUC サザビー画像は
ホビーショップミドリさん



これまでの主なサザビー

MG サザビー メタリックコーティングver.
MG サザビー メタリックコーティングver.

HCM-Pro SP-01 サザビー メタルペインテッド
HCM-Pro SP-01 サザビー メタルペインテッド

HCM-Pro29 サザビー
HCM-Pro29 サザビー

MS IN ACTION !! サザビー MSN-04
MS IN ACTION !! サザビー MSN-04

HGUCνガンダム(ニューガンダム)買って中身を見てみた。

早速買ってきました、HGUCνガンダム
午前中だったので普通に買えたけど、自分以外にもνガンダムの箱をレジに持っていく人たちがちらほらと。ついでに00のHGも何体か買ってしまおうかと迷ったけれど、今日はνガンダムだけにしといた。デュナメス、キュウリオス、ヴァーチェもいづれは揃えたい。作るかどうかは別として・・・。あと、スローネも全機!この分だと積みプラが減ることはないな・・・。ひとつ買ってきたらひとつ作るとか、決まりを設けないと増え続けるだけだ。なんとかしないとなぁ・・・。
と、余計な話は置いといて、買ってきたνガンダムの中をみていきたい。


2008y03m27d_150839671.jpg2008y03m27d_150901046.jpg
箱はHGではでかいほうです。
νガンダムそのものがもともとでかいし。
22メートルくらいだっけ?
ガンダムが18メートルくらい?
だから頭ひとつでるくらいの大きさじゃないかな。

2008y03m27d_150913234.jpg2008y03m27d_150929015.jpg
逆襲のシャアに出てくるMSは全部でかい。
このあと(F91)から小型化に進むようです。
箱の側面です。

2008y03m27d_151009281.jpg2008y03m27d_151021031.jpg
00のHGエクシアの箱と比べてみました。
大きさがわかるでしょか?
2倍まではいかないけどやっぱりでかい。
あと下はパーツ写真です。

2008y03m27d_151054781.jpg2008y03m27d_151059093.jpg
4色成形のパーツ。
ビームサーベルはもちろんクリアパーツで。
白のパーツは盾、バズーカ、ビームライフル、頭部などが。

2008y03m27d_151104875.jpg2008y03m27d_151110937.jpg
白パーツ
ファンネル、肩、脛など。
同じパーツがついたものが2枚。
グレーパーツ
ファンネルの裏側、ふくらはぎ、足など。
こちらも同じものが2枚。

2008y03m27d_151115968.jpg2008y03m27d_151127453.jpg
左は上段のグレーパーツと同じ。
右は主に関節パーツです。
ABS素材でメタリックな感じ。
見えないであろうところにもモールドが細かくあります。
さすが、νガンダムは○○じゃない!

2008y03m27d_151131250.jpg2008y03m27d_151146875.jpg
左はマニュピレーターと盾裏にはめるパーツなど。
こちらもメタリックな感じのABS素材です。
その下にはポリキャップ。
以上、ポリキャップも合わせると全部で10枚。
右はマニュピレーター。
モールドが細かい。
し、このメタリックな質感がいい感じです。
2008y03m27d_151159296.jpg2008y03m27d_151204906.jpg
左はふくらはぎの下にあるバーニアでしょうか?
ここも細かくできてますね。
もちろんバーニア中にもモールド入ってます。
右は足裏。
ここもきちんとしたつくり。

2008y03m27d_151212140.jpg2008y03m27d_151219468.jpg
膝から脛は1パーツです。
MGのように関節にパーツを貼りあわせるような感じになるのでしょうか?
シールは全部で2枚。
こちらは盾と肩に貼るシールですね。
透明なシールになってます。
個人的には水転写のデカールにして欲しかったんだけど。
まぁ、そのうちHGUC逆襲のシャアシリーズのデカールもでることでしょう。

2008y03m27d_151225109.jpg2008y03m27d_151232578.jpg
頭部パーツ。
いままでHGのガンダムの頭部は前後、
もしくは左右分割されていたが、
νガンダムは1パーツ。
これにアンテナをつけ、
顔を下からもぐりこませるようなつくりに。
アゴの赤はもちろん色分けされています。
盾パーツ。
左右に隙間があります。
盾裏パーツをはめると、きれいに埋まる構造。
ここもいい感じです。

2008y03m27d_151243953.jpg2008y03m27d_151253390.jpg
長さの違うビームサーベルが1本ずつ。
長いほうは表面が波打ったような構造になっており、
ビームの出力全開といった感じでしょうか?
右はもう一枚のシール。
こちらはアルミシールになってます。
目や肩の緑、と黄色のシール。
これは多分、ファンネルに貼るシールですね。
その他にも黄色のシールが。
色分けは完全とまでは行きません。
シールもないところもありそうな感じです。

2008y03m27d_151036031.jpg2008y03m27d_151308578.jpg
こちらは取説。
パーツも多いので取説も少し長めです。


というわけで、簡単にHGUCνガンダムを見てみました。
取説はよく眺めてはいないので色分けや合わせ目消しがどの程度なのか
いまいちつかめていません。まぁ、普通のHGUCよりは少な目でしょうが。
取説をよく見てからどう作るか考えてみよう。
HGUCνガンダム専用のガンダムカラーセットも出るらしいので、それも買
って・・・多分たいして塗る箇所ないですけど。。。
とりあえず、今日は購入して満足です。。。

ちなみに完成するとこんな感じ ↓ HGUCニューガンダム
HGUC 1/144 ニューガンダムHGUC 1/144 ニューガンダム
(2008/03/28)
不明

商品詳細を見る
HGUCνガンダム アマゾンではまだ在庫あった。


MGのF91くらいの大きさになると思われるHGUCニューガンダム。
台座はどっちがいいのか?

バンダイプラモデル アクションベース1 クリアバンダイプラモデル アクションベース01 ブラック
アクションベース01~MG(1/100)がしっくりと飾れる。

バンダイプラモデル アクションベース2 グレーバンダイ アクションベース2 ブラック
アクションベース02~主にHG(1/144)タイプを飾るのに最適!





HGUC νガンダム もうすぐ発売!



3月28日に発売予定のHGUCνガンダム

ネットで情報集めしてたらGA Graphicってサイトで詳細な情報が!

ホント、νガンダムはすげー!

サイト見てみればわかると思うけど、パーツ構成がすごく親切設計!

合わせ目が極力出来ないような設計になってます。早く作りたい。

でも、作る前に積みプラもなんとかしないと・・・な

とりあえず、下記サイトでνガンダムは伊達じゃないって感じてくれ!

プラmoなび1-1 バンダイ HGUC 1/144 νガンダム編

下の画像は以前作った1/144のνガンダム
2008y03m25d_005126828.jpg
画像もっと見たい方は以前の記事

HGUCのほうもつくったら一緒に並べてみます。



↓ んで、こちらが今回発売のHGUC νガンダム
HGUC 1/144 ニューガンダムHGUC 1/144 ニューガンダム
(2008/03/28)
不明

商品詳細を見る
もう、アマゾンでは入荷待ちみたいです。。。買いたい人はチェックしてみてくださいな~

今日のガンプラ HGUC RX-78 NT-1 ガンダムNT-1

今回はアレックスです。

画像 156


0080はそんなに好きではないのだけれど、出てくるMSはいい。ケンプファーはHGUCででないのでしょうか?

画像 159


アレックスも結構好き。

画像 161


HGのアレックスは比較的合わせ目が少ない。

画像 164


すねと肩は目立たないようなつくりになっています。

画像 170


画像 173


画像 177


キットにはチョバムアーマーも付いています。

装着するとかなりずんぐりになるのでつくってません。

いつものようにできるだけ簡単につくれるようにこころがけました。

合わせ目消したのは胴体、腿だけです。

塗装は膝の赤、各部分の黄色、腰のブイマークとそのまわりの黒、腕のガトリンクガン等です。

あとは、スミイレ、付属のシールとデカールをはり、トップコートつや消し。

ボディの青が鮮やかできれいです。

黄色に塗装する部分が結構多いのが難点。 

上半身のスタイルが少し貧弱で下半身とつりあっていないような気がします。

が、結構お気に入りのキットで、ダイソーで売っているフィギィアケース(縦置きできるもの)に入れてます。

ケースに入れるだけで少し高級感がでていいです。

今日のガンプラ 1/144逆襲のシャアシリーズ RX-93 νガンダム

さて、これまではジオン系のMSをいくつか紹介したので今度はガンダムを!今回はνガンダムです。今月の末に待ちに待ったHGUCのνガンダムが発売されます。
それに先立ち以前作った1/144のνガンダムを!

画像 117


これも大分前に作った代物です。いつもHGUCを(1/144)を作ってるので、νガンダムも同スケールでと思ってネットで探すも、当時はこのような昔ながらのプラモしかありませんでした。。。
こちらがこのキット→1/144 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備型。見比べてみてください。

画像 120


このプラモ、ほんとに昔ながらって感じで、パーツを合わせてもずれていたり・・・パーツの端に薄いプラスチックの膜がびろ~んと付いていたりと、こちらの作る気を大いにくじいてくれる珍しいキットでした。今のプラモと比べると考えられないですよね。

画像 122


そんなこのνガンダム。選択の余地がなかったというだけの理由で購入。いつもどおりしばらく積みプラ。ようやく作ろうと思い、箱を開け、パーツと取り説を見てみると・・・・。パーツが少ない・・・。大体のHGなどでは関節用にグレーとか黒っぽいパーツが付いていますが見当たらない・・・・。ポリキャップは無駄に多い・・・。そういえば、νガンダムってガンダムのなかでも大型のMS(サイコとかは別として)なはず。なのに・・・ふつうのHGとかより箱薄くね?・・・・・

画像 123


作り始め、はまず合わせ目けしから。ほぼすべてです。大変でした・・・関節も一体化したパーツ。パーツ数が少ない分ひとつのパーツがでかい、長い。目立つところだけ(正面とか見えそうなとこしか消してません)消しました。

画像 133


塗装は手、関節部分がニュートラルグレー、ライフル、角の付け根のグレーは丁度持っていたガンダムカラーセットのフリーダムガンダム用のブルー14というのを使ってます。。νガンダムとフリーダムガンダムの胸部等の色は同じだった。。。結構意外でした。。。ガンダムカラー検索システムというページがあるので興味のある方はそちらで調べてみてください。その他黄色の部分(オレンジがかった黄色)と赤、ガンダムマーカーでメッキシルバーを使いました。

画像 134


あと、今回は顔、主に目の部分を始めて塗装しました。シールが付いてなかった・・・たぶん。グリーンで目を周りのクロをスミイレペンで塗りつぶしました。あと口の赤。顔は意外にうまくできました。

画像 147


このキットにはねじも付いてました。腕や内腿部分のへこみはねじで固定するための穴です。穴をふさぐパーツもあったはずなんですが、忘れてて捨ててしまいました。はめていれば少しは目立たなかったのに・・・。
私の購入したこのキットにはファンネルとニューハイパーバズーカも付属でついてました。が、ファンネルは構造がもろくうまく装着、固定もできません。バズーカを作る気力は残ってませんでした。
とりあえず作ってみたものの、なんとなく格好悪い。どうもタンソク。ということで、ジャンク箱にいたHG
インパルスガンダムの股の軸と腿の上1/3くらいをそれぞれ強引に瞬間接着剤で固定しました。脚も長く見えるようになり、さらに股の可動も広がりました。とにかくこのキットは可動しません。膝は気持ち程度にしか曲がりません。
さらになんとなく物足りないので、デカールを。MG逆襲のシャアシリーズのデカールを使いました。キット自体が貧弱で殺風景なのでなるべく目立つデカールを多めに貼りました。
最後にトップコート。つや消しを吹きました。吹くまでに大分時間をおいてしまったので近くでみると小さなホコリが溝とかに埋まってしまいました。
とりあえずはそれなりにかたちになったように思います。素組みと比べたらそこそこがんばった!おれ。

さて、月末のHGUCνガンダム。聞くところによると合わせ目がないらしい。MGのように外装がはずれるそうです。HGもついにここまできたか・・・。MG F91が出て以来こうなるだろうとは予想していたけど、νガンダムでそれを実現するとはなかなか粋なはからいのバンダイさん。「見せてもらおうか、バンダイのプラモの性能とやらを!」楽しみですねぇ~。

下のリストに今回紹介した旧型νガンダム、1/144 RX-93 νガンダムもあります。よろしければ、写真と見比べてみてくださいね。

1/144 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備型1/144 RX-93 νガンダム フィン・ファンネル装備型
(2006/10/26)
不明

商品詳細を見る


HGUC 1/144 ニューガンダムHGUC 1/144 ニューガンダム
(2008/03/28)
不明

商品詳細を見る

今日のガンプラ HGUC MS-06S シャア専用ザクII

画像 072


今回はシャア専用ザク?です。去年MGではVer.2.0が発売されました。やっぱりMGはカッコイイ。けど、完成させる自身がないので、いつもどおりHGです。

画像 074


スケールが違いますが、MGを意識して作りました。といってもこれといった改造とかは何にも。。。

画像 075


デカールをMGっぽく貼ってみました。。
盾のあたりはMGと似たように貼りました。。

画像 078


MGに近づけるために体の部分(濃いピンク)をシャア専用カラーで筆塗り。もともとHGのシャアザクは体の部分が茶色でした。これだけ広い範囲を筆塗りするのは結構きついです。それほどムラにはならなかったのよかったです。

画像


筆塗りだと塗りムラが気になることがあります。いぜんは塗料に薄め液を足してましたが、いまはこれを使ってます。Mr.リターダーマイルド。これを直接塗料のビンにスポイトでいれてつまようじでかき混ぜて使用しています。塗料の感想を遅らせる効果と光沢がアップするらしいです。薄め液だと乾くのが早い?蒸発?揮発?すんのが早いんですかね?


画像 085


モノアイはHアイズを使用しました。うらに付属で付いてくるアルミシールの端のほうを丸く切り抜いて貼り付けてあります。光で反射してなかなかです。

画像 089


可動範囲はいまいちです。結構昔のHGだからでしょうか?

画像 090


デカールを多用するとそれなりに見映えがよくなります。自分のような技術のない人間にはもってこいです。今回のシャアザク、合わせ目は腕、肩のプロテクター?、腿、脚、胴体を消しました。胴体以外はかなりきれいに消えています。肩のもきれいに消えたのでかなり満足のいく出来栄えです。合わせ目がきれいに消えるか消えないかで、完成までのテンションが左右されるので自分にはこれはかなり重要です。胴体の塗装も思いのほかきれいにできたのでスミイレ、デカール貼りまでスムーズにいきました。。いつもはかなり間があいてガンプラがほこりかぶったりします。。。。デカールは1/144HGUCジオン用を使いました。シャアザクの型番のデカールとかもついていて結構使えます。あと、改造ってほどでもないですが、腿の内側にモールドを彫ってみました。4番目の写真で写ってます。製作はスムーズに行ったのですが、トップコートはまだしてません。こちらは今年の一月に作った自分のなかでは比較的新しいガンプラ。そろそろとも思いますが、このままでもまぁ、いいかな。少しほこりをかぶりはじめたし。。つや消しするのにほこりとるのめんどーだ。なんてナマケモノなおれ・・・。
HGシャアザク。合わせ目は大目。スタイルもMGを見た後では、ん~って感じですが、アニメ版に忠実と考えるしかない。可動域も狭いけど、胴体から肩が前に可動するようになっています。これによりザクマシンガンを両手でかまえることが可能です。キット自体が安いですので楽しみに作るのにはいいです。

今日のガンプラ HGUC AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン専用機)

画像 058


今回はZガンダムに登場したアクシズの可変モビルスーツ、ガザCのハマーン・カーン専用機。劇場版Z「恋人たち」でラストに登場した印象的なモビルスーツ。

画像 062


足首、肘関節、その他をガンダムマーカーメッキシルバーで筆塗り。

トップコートはしないまま現在にいたる、という放置プレイされたMSです。。。

いつごろつくったかも不明。。。


画像 063


スミイレもした部分としない部分がちらほら。。。

合わせ目は大部分は消しましたが、、、

今よく見てみると、接着面が薄茶色に変色しています。。。


画像 066


デカールは胸と盾にジオンマークを。

いつもよりは少な目。というより中途半端に終えた・・・・・


画像 067



黄色の動力パイプにスミイレするか迷って迷って結局そのまま。。。

このMSは足の接地面積が非常に大きいので、どんなポーズでも安定。

のけぞっても後ろに尻尾のようなのがついてて倒れません。


画像 071


たしかガザC一般機には台座が付きますがハマーン専用機には付きません。これはたしかサイサリスについてたやつ。いつものことですが、両方買ってくださいということですな。

ハマーン様はコンビニで買って偶然ゲット!ハマーンでよかった。


このガザC、途中でテンションが下がったのか、トップコートしないままずっと飾られていました。いつもならそんなプラモたちは即がらくた箱に格納されるのですが、なんとなく今に至ります。もの自体は変形もするし(一度もさせたことないけど)、クリアパーツやラバーパーツを使っていたりとよくできています。変形するからか可動域も広い。普通に組んでもそれなりに楽しめる一品!合わせ目は腕、足、腿、銃、後ろのバックパック?みたいなのとかなり多いのが難点。色分けはシールでほぼ再現できます。盾がパーツわけされているのが結構いい。曲線だからシールでは無理と判断されたんでしょうか?HGでは盾はシール再現が多いので・・・。
放置プレーに終わった割には結構見映え良くできた感じがします(キット自体がいいからだけど)。独特のスタイルでなかなか見飽きないMSですね。

積みプラ

昼過ぎに起きて、飯食ってみたけど、食欲が全然ない。

画像 055


特に予定もなかったので、積みプラを減らそうと思い、箱を開けたりして中を物色しながらどれ作ろうかなぁなんてやってるうちに15時を過ぎ、なんとなくモチベーションを失って、何しようか考え中。

しかし微妙なラインナップ。

Z、Mk-?、キュベレイ、アッシマー、グフカスタム、陸戦とザク?セット、プロビデンス、ストライクルージュ、MGガンダム( Ver. One Year War)など・・・。

あと00のユニオンフラッグもどっかにあるはず・・・

買ったときはすぐ作る気でいたのに、もう3年放置されてるものも。

当時はなんも知らずにただ衝動で買ってたけど、今なら絶対買わないようなプラモばっかり。

合わせ目多いのとか、部分塗装多かったり、色がそろってなかったりとか・・・

結局、作るのダルい

それだけ。。。

作り始めると一気に行くタイプなんだけど、エンジンがかかるまでかなり時間がかかります。

なんだかんだで今日も一気に終わっていきます。

毎日短い。

画像 057


よつばはかわいいなぁ~

癒される。。。

HDDレコーダーのなか掃除しようかなぁ。かなりたまってる。。。

正月の「のだめ」とかあった。

見る気ゼロだね。

ドラマとかもいっぱいある。「女帝」って去年の夏!?加藤ローサだっけ?


削除


録っても見ないのが大半でした。。。

旬じゃないものって食えないね。

賞味期限を守らないと。。。。

今日のガンプラ HGUC MSM-07S シャア専用ズゴック

画像 015

一年戦争における水陸両用MSの中でも屈指の名機とされるこちらのズゴックさんは去年の1月ごろ製作しました。合わせ目は胴体と腕、二つのバックパック?みたいなところに。色分けもほぼ完璧。胸の白はシールとなっていますが、ガンダムマーカーで塗っています。パーツ数が少なめであっという間に完成できます。スタイルもよくオススメキットです。かなりピンボケぎみ!?ですね。

画像 016


二本のタンクみたいなののまん中にあった合わせ目がきれいに消えました。いつもは残りまくりなんで・・・・。あと色つきのプラモだと合わせ目が白く残ったりするので、そんな場合は成形色と同じガンダムカラーを塗装して隠したりしてます。

画像 017


モノアイははじめてHアイズを使いました。裏をガンダムマーカーメッキシルバーで塗り、瞬間接着剤で貼り付け。つーか、右に寄りすぎ!?

画像 018


スミイレはリアルタッチマーカーで。ズゴックはもう少し汚してもよかったような。MSによって汚したほうがリアル感がでたり、でなかったり、仕上げはつや消しがよかったり、光沢がよかったりいろいろありますよね。組み立てながらそういうこととか、部分塗装どうしようかとか、デカールどう貼ろうかとか考えるのも結構たのしいです。

画像 019


完成して1年くらいたちますが、箱にしまわれることなくずっと飾られています。自分のつくったガンプラのなかではなかなかの出来栄えです。ずんぐりむっくりした体型がなんかかわいい。

だいたいいつも
1.素組み
2.目立つ合わせ目を消す
3.部分塗装とスミイレ
4.適当にデカール貼り
5.仕上げ(大体トップコートつや消し)
てなかんじで製作しています。
MSによっては途中でテンション下がって、放置プレイになってるのとかあるけど・・・。

でもやっぱ、ガンプラはいいねぇ~!作る楽しみ、飾る楽しみ、両方味わえる。へたくそでも最後まで一生懸命作って仕上げると、完成したMSに愛着がわいてくる。のは俺だけ?
Recommendation

10月22日発売


9月30日発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping