VF100's オズマ機、ミシェル機を買った。

vf100-1.jpg安かったので、VF100’s(ブイエフハンドレッズ)シリーズがどんなものか買ってみました。お盆中に、VF-25G メサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)を2,261円、VF-25S メサイアバルキリー(オズマ・リー機)
を2,468円で購入して、最安値だぜ!とか喜んでいたらさらに安値を更新しているようでちょっとがっかりですが、それぞれ半額以下、定価で2機買えたと思えばいい買い物。VF100’sアルト機のレビューを見て、これらの商品がどんなものかは充分分かった上で購入しましたが、まぁ・・・予想どおりかなと・・・。定価では買いたくはないけど、半額程度ならばディスプレイ用によいものではないかなぁと思います。アクションフィギュアという面に目をつぶればありだと思います。DX超合金、1/72プラモデルの中ではスタイルは一番いいのではないかなぁと思います。見た目はサイコー!なVF100'sです。

VF100’s VF-25S メサイアバルキリー(オズマ・リー機)
VF100’s VF-25G メサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)


本当はミシェル機だけためしに買ってみようと思いましたが、みるみるうちに値崩れするので、つい出来心でオズマ機も買ってしまいました(笑)


vf100-2.jpg

表裏 側面 表を開いた画像
箱絵はかっこいいです。正面はマジックテープっぽいものでとまっていて、開くようになっています。開くと右側のように商品紹介がされています。


vf100-3.jpg
箱を開けて取り出すとこんな感じ。
裏側には、アマゾンレビューでも言われていたように、説明書がテープで直付けされていました。そこは、個人的には別にどうでもいいんですが、この透明の容器みたいなものから本体とパーツ類を取り出すまでに、何枚テープを剥がしたことか・・・。セロテープ使いすぎ(笑)箱も合計6箇所テープ止めされていました。なんか、安っぽさが漂うので、こうした梱包は避けたほうがよいと思います。


vf100-4.jpg
はい、これがオズマ機。
塗装もぱっと見は良好。よく見たら、黄色の濃さがちがっている部分もあったりしたけど、よくよく見ないとわからないので、問題なし。スタイル的にも良好。アマゾンなどに載っている画像よりはるかによく出来た感じがします。見た目はね。アルト機のレビューでは、タンポ印刷で安っぽいとか言われてましたが、オズマ機、ミシェル機は個人的には安っぽさは感じないです。はっきりした配色でよい。だが、オズマ機のトレードマーク、背中のスカルマークはやや安っぽさがある感じ・・・。本体のグレーも商品画像では、ほぼすべての部分がダークグレー1色な感じの印象を受けますが、濃いグレー、薄いグレーできっちり色の違いは出ています。頭部には、緑のクリアパーツがほどこされていますが、やや奥に配置されているのと、まわりの色に負けている感じ。各部分にはモールドもそれなりに施されていますが、すみ入れはされていません。シールドだけはすみ入れしてありますが。全体にすみ入れをするともっといい感じにはなると思います。とりあえず、見た目はかなり好感が持てました。

可動
箱から出したバトロイド状態では、関節の保持力も言われるほどではない感じを受けました。が、変形をさせてみて、これは確実に関節がへたるなぁと実感。へたるくらいならまだいいほうで、軟質パーツはまだいいとしても、プラスチックの部分は折れ、割れと背中合わせ。オズマ機の見た目のいかつさとは裏腹に全関節が貧弱。
バトロイド
バトロイド時の股関節は可動範囲が限られているので、自立しないとまではいきません。膝関節は他の関節と比べるとやたら硬い(笑)脚部は比較的しっかりしているので、それなりのポーズづけはできます。足もバトロイド時は接地するだけなので特に問題ないです。問題は腰関節。他のメサイアの製品では、腰関節が動かないようですが、VF100'sは腰部分が左右に回転する感じの動きができるので、ポーズとしては生き生きとした感じになります。が、普通に立たせるだけでも腰がぐらつくほどの保持力なのでポーズを固定することが難しい。腰の部分は変形する場合差し替えになるので、今後さらなるへたりが予想されます。肩部分はそれなりの保持力。残念なのは、肘。ガンポッドを構えても肘がだらんとする始末。関節では、これが一番残念。ちなみに、私の買ったものはガンポッドはほぼまっすぐでした。ほんの少し上に反っている感じもしますが、気にしてみればそうかなぁという感じ。
ガウォーク
オズマ機では、実はガウォークには変形させていませんが、ミシェル機のガウォークを参考にしてちょっと一言二言。。。
ガウォークは最悪です(笑)VF100’sでは、もっとも美しいガウォーク!という商品説明があったと思ったけど、見た目で言えばまぁまぁ。その姿を保つことが出来ないのがもっとも悔やまれるところです。ガウォークの股関節は保持力ゼロなので、ハの字にして立たせようとすると股割りしてしまうメサイア(笑)機首部分を前傾させてかっこいいポーズをとらせようとすると前のめりになりポーズ付けはほぼ不可能。では、台座に取り付けるジョイントパーツを使って飾ってみるとどうかというと・・・。このジョイントパーツがこれまた残念な代物で、両太股裏に接続するため、足をまっすぐ伸ばした状態でしか飾れない(笑)まぁ、他の部分に接続しても、股関節がぶらぶらなので、結局は脚が地面に対して垂直にしかならないですけど(笑) 三形態の中では、ガウォークが最悪。
ファイター
可動といっても可動する部分がないのでなんとも・・・。ランディングギアをつけて飾ってみたけど、接地面と翼が平行になっていて好印象。見慣れないノーマルオズマ機のファイターもなかなかカッコよくていいですよ。飾るならファイター。


変形
差し替え変形というよりは・・・という否定的なレビューがアマゾンにありましたが、思ったよりは簡単だった。確かに、初めて変形をしたときはかなり時間を割きましたが、2回目以降はなんとなくパーツを覚えてしまうので結構楽に変形できた・・・というのが個人的な印象です。
変形の手順自体にはとくに意見するところはないですが、問題は「パーツの合い」です。ゆるすぎたりかたすぎたりと、均一でない接続にイライラすることは間違いない(笑)ゆるければ変形途中でぽろりと落ちるは、硬ければはめ込みずらいだけでなく、変形しなおす際の取り外しに難儀する羽目に。硬い部分を取り外す際はその部分だけでなく、他の部分にも力がかかるので、本体そのものが大破してしまうおそれもあるので、変形はかなり神経を使います。丁寧にやさしく変形を繰り返してもパーツの合いが悪いので、確実に壊れる方向には向かっていると思います。あくまで私の買ったものだけかもしれませんが、一度変形をしただけで、パーツの各接続の突起の根元あたりがやや白化し始め、折れたり割れたりする兆候がすでに見られます。夏場はまだいいとして、冬場はプラスチック部分が確実にぽっきりといきそうでコワイです。2月に発売したアルト機の評判が悪いのは、そのせいもあるのでは?
バトロイドは箱に入っている最初の状態だけあって一番安定した出来。関節のへたりがなければすごくいいのに・・・残念。
ファイター
かなり上手に組まないとパーツ同士がピッタリ合いません。ここは慣れ。ただ、脚部はどうしてもピッタリにはならない。太股裏に固定部があるのみでふくらはぎ部分を本体と固定するロックのようなものがないのが残念。完全変形ではなく、差し替え変形を取り入れているのだから忠実な変形よりその辺を考慮したものだったらなぁと。差し替え変形は完全変形を捨てたスタイル重視であるのは分かりますが、パーツの合いが結構微妙だったりするので、その辺まで考慮したものだったらもう少し受け入れられる製品になっていたのではないかなぁと思います。
ガウォーク
股関節を取替えて変形します。股関節はファイター時の頭部の裏側と接続しますが、この頭部も一パーツで本体と接続しているわけで、これがゆるいと股関節、脚部もろともパーツが取れます。この接続はパーツ同士しっかりとした保持力あってこそで、VF100'sでは致命的。変形としてもガウォークは最悪です。脚部は保持力ゼロだし、足は商品画像で鳥足状態になって自立している感じに見えますが、足にあれで立てるほどの保持力はありません。

説明書
白黒で見にくいし、正直分かりづらいです。値段相応の取説ではない。


はい、つーことで、オズマ機。
悪いところばかりを書きましたが、いいところも・・・ある。
とりあえず、見た目はよい。ガウォークを除いて、ある程度のポーズも付けられるし。
あと、レビューなんかでは一言も言われていないけれど、頭部のレーザー機銃は別パーツとして軟質のものが付属しています。もとから付いているプラスチックのものが折れてもそっくり交換すればよいので安心。
いいところはこんなもんです(笑)

アクションフィギュアと考えると、かなり無理のある商品ですが、バトロイド、ファイターどちらかでただ飾るだけならば見た目がよいので、その辺を割り切れればいい商品。ただ、値段相応の商品とは言えない。半額以下だったので買いましたが、その購入価格ならば相応かと。


ミシェル機
vf100-9.jpg
バトロイド形態はこんな感じ。青の発色が綺麗。スタイルも良好。

vf100-17.jpg
ミシェル機で残念な点1
頭部がパッケージ画像と明らかに違います。
頭部はオレンジのクリアパーツではなく、濃いグレーっぽいクリアパーツになっている本体。
私のだけかなぁと思ってネットでレビューしているブログなどを見てもやっぱりオレンジではないようです。見た目が最大のバリューポイントなVF100'sで、これは非常に残念な点です。なぜ、こんな色にしたんだ?箱のイメージと本体とは多少の違いがあるのは当然かもしれませんが、ここは色を変えてはいけない部分。非常に残念。。。


vf100-7.jpg

vf100-8.jpg
ミシェル機で残念な点2
ミシェル機といえば、スナイパーライフル。
前半分を差し替えて展開状態を再現できます。
本体のわりにかなりでかいライフルで、迫力があってよいです。ただ、ライフルがでかくて重いので保持力のない肘関節では、ポーズ付けに難があります、やはり。
ライフル自体は形状や大きさはいいんですけど、安っぽい・・・。
そもそも、ミシェルのスナイパーライフルはこんな色ではなかったと思うのですが・・・。もっと、こう、黒っぽかった気が・・・。
金型から取り出してそのままって感じの手抜き感ありありなライフル。せめて、展開したときの内部の緑と、根元部分のピンクっぽい色だけでも塗装してくれたらそれなりに見えるのに・・・。本体は綺麗に塗装(タンポ印刷)されているのに、ライフルだけ間の抜けた感じです。ライフル後部の赤い部分だけ無駄に塗装されていて、なぜに、そこだけ!?と・・・。


vf100-10.jpg

vf100-11.jpg
ファイター形態
オズマ機のファイターと比べると、パーツ合いが若干悪かったミシェル機。しかし、機体が青で隙間はそれほど目立たない感じには見えます。
反りもなく、ランディングギアをつけても水平な翼。
とりあえず、ファイターはカッコイイ。もう少し機首が長いとさらによかったなぁと。差し替え変形なんだからもう少し長めにしてもよかったかと・・・。


vf100-12.jpg
ガウォーク
まず、台座につける付属のジョイントパーツ。
上のオズマ機のところで言ったように、太股裏に固定するようになっているので、台座を使っても見ての通り残念なスタイルでしか飾れません。バンダイは正気なのでしょうか?股関節の緩さゆえに空中でも脚をハの字にはできないでしょうが・・・。もう少しマシなジョイントパーツはなかったのか・・・?


vf100-13.jpg
立たせるのが大変なガウォーク。
不安定きわまりないですが、見た目はよいです。
そして、このミシェル機の目玉とも言うべき、スピーカー。
翼ごと交換するという大胆な差し替えになっています。
ガウォークのポーズが決まらないのが残念ですが、「バースデープレゼントの配達だぁ~!」を再現できるよいオプションパーツ。ちなみにVF100'sでは、キャノピーは開閉しないので、それほど雰囲気はでません。


vf100-14.jpg
出来のいいスピーカー。
外側がピンク、赤。内側が緑、黄色。
スピーカーの中心部分はクリアパーツになっていてなかなか凝った作りになっています。注目のオプションパーツですが、見た目はそれほど目立たない感じ。でも結構丁寧な作りがうかがえます。
デカルチャーな股関節の可動域。
これで保持力があれば、サイコーだったのに・・・。


vf100-15.jpg
お決まりのショット(笑)星間飛行を聴きながら(歌ってもよい)ご覧下さい。


vf100-16.jpg
Vf100’s
見た目(外面)の塗装やスタイルなどは非常によくできていると思います。
内部(差し替えでの変形機構)がパーツの合いの悪さや各部の耐久性の悪さがこの商品の全体のイメージになってしまっているのが残念。
スタイル重視で一応3形態の変形もできる商品で、アクションフィギュアではないのがVF100'sではないかなぁと思います。見た目のクオリティは高いので、ディスプレイ用には最適。サイズも1/100(HG1/144ガンプラとほぼ同サイズ)と場所をとらないのも個人的にはよかった。プラモデルの延長線にある商品と考えて、自分で関節などを補強したりすればまぁ、ありかなと。しかし、5,000円を超える定価の完成品商品でなぜそこまでしなければならないのか?という疑問はありますけどね。内部のクオリティは値段相応ではないので、その辺を踏まえて買うべき。半額なら十分ありだと思う。

さて、暗雲たちこめるVF100'sシリーズですが、とりあえず、ルカ機までは出してほしいところ。見た目はよいので、ノーマルファイターで、スカル小隊全機を揃えたいところです、個人的には。半額近くまで値崩れするシリーズなので、定価で買ったつもりで同機種を2機買ってファイター、バトロイドで飾るのもありかなぁと。
メサイアバルキリーでは大分こけたVF100'sですが、他のマクロスシリーズのバルキリーでは、いろんな面で改善してほしいところ。スタイルは申し分ないので、商品自体の耐久性や強度が高まればそれなりに売れるシリーズにはなると思います。ファイヤーバルキリーの発売も一応決定しているみたいですが、その先も気になるところ。とりあえずルカ機を!


【関連商品】
マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25Fメサイアバルキリー (早乙女アルト機)
マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25S メサイアバルキリー(オズマ・リー機)
マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25G メサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)
マクロスF(フロンティア) VF100’s アーマードメサイアバルキリー(早乙女アルト機)

マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25Fメサイアバルキリー (早乙女アルト機)   マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25S メサイアバルキリー(オズマ・リー機)   マクロスF(フロンティア) VF100’s VF-25G メサイアバルキリー(ミハエル・ブラン機)   マクロスF(フロンティア) VF100’s アーマードメサイアバルキリー(早乙女アルト機)
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

Recommendation
uta_macross_20170803122627754.jpg
好評配信中

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking