マクロス音楽証言集 1982-2018(仮)が6月29日発売予定。

no-image.jpgマクロスの歌・音楽に関する資料やインタビューをまとめた書籍、「マクロス音楽証言集 1982-2018」が6月29日に発売予定となっています。
価格は4104円。ページ数は約300ページ。
この書籍ではマクロスシリーズで重要な音楽(歌)について初代「超時空要塞マクロス」から「マクロスF」最新作の「マクロスΔ」まで35年間に関わった作曲家、音楽プロデューサー、音響監督などの制作スタッフや飯島真理、May’n、中島愛、ワルキューレなどの歌い手の証言(インタビュー)をまとめた書籍となるようです。

マクロス音楽証言集 1982-2018(仮)

マクロス音楽証言集 1982-2018(仮)


マクロス音楽証言集 1982-2018(仮)
歴代歌姫・音楽関係者ほか、総勢30名以上の録り下ろしインタビュー&蔵出し資料を収録!

――『マクロス』において、映像と音楽との関係は限りなくイコールである。――

初代『超時空要塞マクロス』から最新作『マクロスΔ』にかけての35年間に『マクロス』シリーズの音楽づくりに深く関わった作曲家、音楽クリエイターをはじめ音楽プロデューサー、ディレクター、監督、音響監督をはじめとする制作スタッフ陣。
そして、飯島真理、May'n、中島愛、ワルキューレといった歌姫たち……。
本書は、そんな各『マクロス』シリーズの音楽に関わった日本有数のミュージシャン、アーティスト、プロデューサーの証言をできる限り集め、作品における音楽の重要性と、その制作について振り返る内容となっています。
日本アニメ史に残るビッグタイトルの支柱――「マクロス音楽」がいかにして作られたのか、約300ページに及ぶ貴重な証言(インタビュー)と資料の数々を収めた「アニメ音楽文化の軌跡」をご覧ください。

スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>名も無きパイロット。さん

名も無きパイロット。さん、こんばんは。。。

歌(音楽)を三要素にすえているマクロスにおいてありそうで無かった書籍ですよね。
名も無きパイロット。さんが仰るとおり、昨今のアニメでは歌や音楽との連携はほぼ必須条件となっていますよね。
その先駆けがマクロス。改めてすごい作品だなと思います。
35年の歴史があるだけに資料や証言(インタビュー)も膨大なものになることでしょうね。

こんにちは。

画期的な本ですね!

いままでのムックは物語やキャラ-メカが中心で、歌ものもあるにはありましたが、楽曲を単に集めた程度のものだったように思います。

「アニメと歌」の関係がかつて無い程に世間で注目されている昨今、この流れの始まりと言っても差し支えないマクロスの存在からすれば、こんな本が世に出るのはタイムリー且つ必然なのかもしれないですね。

~ps.
第一次星間大戦の生き残りとして、初代で監督や音楽を担った故人である石黒昇さんや羽田健太郎さんのコメント等も期待しています。
Recommendation
Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking