マクロスF 第19話 「トライアングラー」

マクロスF 第19話 「トライアングラー」



シェリルには救い

第19話 「トライアングラー」9

ランカには悲劇




束の間の平和からいよいよ・・・

みんな、生き残ってくれ!



それにしても、ランカ・・・

シェリルだけ応援なんてできなくなった

第19話 「トライアングラー」




マクロスF 第19話 「トライアングラー」




もう、なんだろう・・・。どう書いていけばよいやら・・・。
前回、シェリルが堕ちて、ひとまず、これからはシェリル復活へ向け、少しだらだらと進むのかな?と思って視聴に臨みましたが、マクロスFは視聴者を休ませるということを知りません。今回も内容盛りだくさん。正直、正味30分の番組を見るのに非常に疲労感が伴います。見ていて気の抜けるシーンが全くない!相変わらずスゴイ作品だなと再確認させられます。特に今回はアルト、シェリル、ランカだけでなく、キャラ全体がこれから進んでいくストーリーへのフラグをたててしまったような気がして、みんな生き残ってくれと思わずにはいられませんでした。特にミシェル。以前から今回までのミシェルの描写がもう、死を用意しているようで・・・。でも、ミシェルの言葉はミシェル自身だけではなく、マクロスFの登場キャラ全員の今後を示唆しているようにも聞こえて、非常に切ない。アルト、シェリル、ランカのトライアングラーが本格化し、バジュラとの戦いは最終決戦へ。レオンを追い詰めたキャシー、オズマでしたが、時すでに遅し。マオもランシェも解けなかった謎を解いたグレイス。もう、戻れないストーリー。次回以降は涙なくしては見られない展開が続くのでしょうか?



第19話 「トライアングラー」1

冒頭の子供の頃のランカの描写は意味深。ランシェはランカに何をしたんでしょうか?それが今のランカにつながっているのはもちろんなことだと思いますが・・・。話は飛びますが、ランカの持っていたあの人形はいいですね。携帯も同じですよね。あの人形、UFOキャッチャーとかで出せば、かなりお金を使ってしまいそうです(笑)
フロンティアは超長距離フォールドに成功して沸きに沸いてます。希望の歌姫ランカ。ランカはミンメイの再来といった感じでしょうか?でも、パレードにはじじいだけ(笑)我らがランカちゃんは変装してアイ君を探しに。変装というか、なんだ、あのメガネは・・・。似合ってるのか似合ってないのか・・・微妙な変装? パレードのシーンを見ると、偽ランカが結構いましたね(笑)髪が緑ならとりあえずランカ。ランカの変装はそんなランカもどきになりきることを狙ったのでしょう・・・かね?ホント、どうでもいい話ですが(笑)どうでもいいついでに。美星学園でのライブの客席には筋肉質のランカがいましたね(笑)見逃していたかたは、もう一度。
で、アルトくんはというと、実家に。アルトが門やドアから家に入るシーンは第19話までを見る限りなかったのでは?この間は壁づたいにランカの家に侵入してましたね。今回は匍匐前進で。さすが、民間とはいえ、軍事プロバイダーS.M.S所属なだけあってみごとな匍匐前進で実家に侵入でしたが、矢三郎にはバレバレな侵入劇でした。
芸をとるか、パイロットを続けるかで、えぇっと、多分、第11話くらいでしたっけ?悩んでいたアルト。吹っ切れたのは分かりますが、二度と実家には戻らないと決意したのにもかかわらず、こうして戻ったんだから、意を決して戻ったという思い、シェリルへの思いが描かれるのか?と思ったのですが、ただ会いにきただけでしたね。結局、アルトはまだ自分の気持ちで動いているわけではなかったのでした。もう、またかよ・・・ってな感じをうけますよね。鈍感姫久々のお出ましです。てっきり、ファステスト・デリバリー以来空気を読める男になったのかと思ってましたが、根本的には何も変わってませんでした~がっかりだぜ・・・。あれ以来、アルトの気持ちはランカ寄りに傾いていたのかも知れませんが、前回のミシェルの忠告でとりあえず、シェリルを探したアルトはどういう気持ちで探していたのでしょうか?シェリルの気持ちも分からず、ただミシェルの言われるがままに探していたのか・・・。コイツはホントに・・・。形容する言葉もないくらいがっかりな主人公。ミシェルがせっかく教えてくれたのに・・・「わけは言えない」という意味さえも汲めなかったアルト。そう考えると、アルトに呆れるというか、怒りを覚えますね。さらに考えるとシェリル、ランカはアルトのどこがいいのか?という視聴する上で触れてはならない疑問にまで至ってしまいます(笑)ミシェルのほうがよっぽど男だ!男からみてもほれそうなくらいです。特に今回は、彼がなぜ、プレイボーイを気取っていたのか?前回のクランとの会話「本当に思っているからこそ言えないこともある」という意味がが分かってしまって・・・。まわりの人間を巻き込みたくないんですね。カッコよすぎです、ミシェル!それに比べて・・・どっかのだれかは他人を巻き込んでおいて、まだ知りませんを気取ろうとしてるなんて・・・。あと6話前後しかない話のなかで精進してほしいものです。必然的にそうなるにちがいないですがね。



第19話 「トライアングラー」2

キャシーとオズマ、ランカとブレラ、ミシェルとクラン
キャシーとオズマはデートと見せかけて、レオンの陰謀を暴こうとしてたようですね。監視されてたみたいですが、あれはレオンの手の者でしょうか?二人はレオンの陰謀の決定的証拠を掴んでいよいよって段階に来てたようですね。でも、最後には・・・。
アイ君を探すランカとブレラ。なんだか、二人の距離も縮まったようで・・・。ブレラの記憶が戻ったときどうなるのか楽しみですね。話をそぐようですが、もう何年も離れて暮らしている兄弟で、その当時の記憶しかない彼らの再会が感動的なものになるのかは疑問。おそらく、ブレラがなんらかの事情でランカを守って死ぬ直前とかにその事実が分かるという展開になるのでしょうかね?まぁ、ブレラにも死なないでほしいですが・・・。みんなが死なない最後はありえるでしょうか?
クランとミシェル。前回の調べものを手伝ったということで、今回のデートらしいですが・・・。たしかに見た目は不釣合い(笑)「あちこち手を出す不実なヤツ」なミシェルですが、まだクランは本当のミシェルを知らないようです。本当のミシェルの思っていることを知ったらますます惚れる事間違いなしですがね。「ますますもって同感だね」こう答えなくてはならないというか、自分の置かれている立場(死が隣り合わせという立場)にうんざりしつつもあきらめているようなミシェルの気持ち、みなさん分かってくれましたか?こんないいヤツめったにいない!その気持ちに早く気付けクラン!それを知った上で付き合えよ!このブログは全力で彼らを応援します!彼らだけじゃないけどね。。。
で、この三組のキャラたち。
束の間の休息といった感じですね。でも、もう、こんなシーンはマクロスFでは訪れないのでは?と思ってしまいます。今回の第19話を見て、あぁ、これが最後かもしれないなぁ~、こういうキャラたちの思いが何気なく出るシーンは・・・なんて考えてしまいました。この後の、アルト、ミシェル、ルカのスタントのシーンなんかもそう。お互いを確かめ合ってるというか・・・。そんなシーンを経て、もう戻れない戦闘に向かっていくのかなぁ?なんてちょっぴり切なくなりました。必ず戻って来てほしい、全員に!みんな、生き残れ!と、今からエールを送りたくなりましたよ。



第19話 「トライアングラー」3

実家で療養するシェリルと面会したアルト。
和服のシェリルに母親を重ね合わせたアルト。この描写はなにか意味があるのでしょうか?アルトはシェリルに恋愛とは別の感情を持つってことに!?なりそうもないですが、ちょっと変わった、予想もしなかった描写だったので少し気になりました。
「何しにきたの?」相変わらずです。が、アルトの前で精一杯気を張っているんでしょうね。分かれよ、アルトーーー!まず、ミシェルからの忠告の意味をよく考えたのかね、キミは?この鈍感、クズ←ちょっと言いすぎですね・・・。でも、見てる側からすると、アルト姫のあの悪夢再燃って感じで・・・いつもの鈍感さはまだ保持していたアルトにがっかり。「マザーズ・ララバイ」でのおまえのカッコよさはどこに?って感じですよ、ホント。戦闘では成長したアルトですが、人間的にはまだまだなアルト。残り話数が少なくなって来ているんだから、ここらで、男を見せろ!アルト!
そんなこと思いながら、考えてみると、アルトはランカの時はカッコよくなれるのかな?なんて・・・。この先のことではなく、これまでのことでって意味で。そもそも、グリフィスパークでランカの歌を聞いて励ましたあたりから、ランカターンのアルトは違いますよね。「そうやって、できたらとか自分なんかって言ってるうちは絶対に」(第03話「オン・ユア・マークス」)なんて、ランカを励ましたり・・・。いつも相談に乗っていたり、さっきも言いましたが「マザーズ・ララバイ」ではランカを助けに行ったり。
それに比べてシェリルターンのアルトは一番印象的なのは「アルトはあたしのド・レ・イ」とかかなぁ。シェリルターンのアルトはいつも尻に敷かれている感じですよね。だからこそ、ランカの思いより、シェリルの思いには気付けないのかも知れないのか・・・と考えましたが、ミシェルの言うようにいい加減気付けよと。
で、さらに話を違う方面に飛ばすと(本編の話、もっとしろよ!っつってもこんなのいつものことでしょ、このブログのマクロスF記事は(笑)、ランカとシェリルはアルトの違った部分を好きになっていったんだなぁ、なんて。ランカが求めるのは相談に乗ってくれて自分の道をこれまで応援してくれた頼りになるアルト。ランカはキャラからいってそのままって感じですよね。そんなランカだから応援せずにはいられなくなったんだと思うし、愛されているのでしょう。で、一方、シェリルはというと、はじめは自分をシェリル扱いしないってのがファーストインプレッションとしてあって、その後は・・・。「バイバイ・シェリル」あたりでイヤリングを探して持って来てくれたアルトに魅かれていったのですかね?孤独だったシェリルに初めて心を少しだけ許せる相手、アルトが現れて次第に魅かれていったのでしょうかね。今、チラッと第06話「バイバイ・シェリル」を見たんだけど、今見ると二人のシーンが今まで以上にすごくいいですね。「ダイヤモンド クレバス」が最高です!で、何の話だったかというと、シェリルとアルト。それ以降はシェリルがアルトをなぜ好きかって描写はなさそうですね。思うんですが、ランカはアルトを完全に恋愛対象と見ていいですが、シェリルは恋愛対象と仲間っていう感じがするんですよね。仲間って言うとなんか違う感じに取られそうですが・・・。なんだろう?家族のような近い存在になりたいって感じ?そんな気がしました。わかりずらそうなので、この辺で切り上げたほうがよさそう(笑)
でも、もう少しひっぱる!そう考えるとランカは恋、シェリルは愛、って感じがします。ランカとシェリル、ベクトルは同じですが、それに含まれる要素は確実に異なるものだなってことで、この話題は切り上げます。今回も大分長く語りそうな気配だ・・・。根気のある方だけ、読んでください。というか、根気のない方はここまですらたどりついていないかも(笑)いいんです!だれかしら読んでくれれば!

で、本編のはなし。
「努力して、自分で運命を掴み取った」シェリル。「俺もランカもお前があの時・・・」
そう、シェリルは努力もしてきたし、アルトや、特にランカには多大な影響を与えたお方。アルトだって影響を受けてきたし、これまでそばにいてシェリルのすごさや考えを知ってるはずなのに・・・。
「あれは嘘。あの頃はあたし自身に嘘をついてたの」
気付けよ、アルト~
「ふざけんなよ!お前は銀河の妖精、シェリル・ノームじゃなかったのかよ!」
もっと冷静に、アルト。心を読めよ。っていうか、この言葉はすべての事情を知っている視聴者目線から見ると非常に酷いいいぐさですよ、アルトくん。なぜ、あのシェリルがこんなこと言ってるのかを考えてくれ、アルト~。
「そうよ、あたしはシェリル・ノームよ!歌おうが歌うまいがあたしは・・・」
シェリルの目をみてくれ、アルト。
まぁ、真相を知らないアルトだから仕方ないですが、ここは。
唯一の救いはシェリルをランカのライブに誘ったことと、スタントで飛行中、シェリルを気遣っていたところですかね。
さっきの話をアルト目線から見ると(えっ、もどんの?)、アルトから見たランカはほっとけない妹キャラ。アルトから見たシェリルは、今の描写から見てやっぱり仲間とかそういう位置づけもあるんでしょうね。とりあえず、ここの部分はこの辺にしといてやる!(笑)
はい、つぎ!


第19話 「トライアングラー」4

グレイスとレオン
ガリア4をあんなふうにしてしまったディメンション・イーターの簡易版?みたいなものが完成したみたいですね。でも、これはあくまでオマケ。っていうか、これだってある程度使えば、バジュラは耐性を持ってしまうのでは?それはさておき、オマケっていうのは、とりあえず、レオンにアメを与えただけのような気がします。なんとなくレオンは使われて終わりなキャラのような気が・・・。で、グレイスの本来の目的!?だった謎解きも終わったようで。ランシェもマオも解けなかったクィーンの謎って?ランカは少し前にリトルクィーンとかってグレイスに呼ばれていたけど、クィーンもランカになるのか?はたまた、クィーンというバジュラを覚醒させる道具としてのリトルクィーンだったのでしょうか?バジュラの方の謎はさっぱりわかりませんね?マオやランシェ、グレイスはバジュラを研究して何をしようとしていたのか?ビルラーのように、フォールド断層を越え銀河を掌握することが目的ではないような感じがしますが・・・。この時点で、バジュラを使ってどうするかはレオンも知っているはずで、それなりに利益があることのようにも思えますが、どうなのでしょう?レオンはただ単にグレイスと結託することで、大統領にかわり、自分がフロンティアを支配するってことを考えてるのか?そんな陳腐なことじゃない気がするが・・・。この方がたが何がしたいのかはまだまだ謎ですね。
今回のアイキャッチはボビーさん。以上です。
いちお、コメントしないとダメですか(笑)何を意図してボビーさんだったのかは皆目見当もつきませんが、ちょっとした和み←えぇっ?だったのでは(笑)マクロスF公式HPにはボビーさん、デビュー!?みたいな記事載ってたけど、これなんですかね?詳細は後日、お知らせしないと思いますが・・・このブログでは。。。
矢三郎とシェリル
あまりにも甘美な毒。シェリルだってアルトだってその毒を味わった人間。
自分をかくまったのはアルトをまた舞台に立たせるためとシェリルは思ったようです。矢三郎の真意は正直どうでもいいです(笑)ただ、シェリルはそれを聞いてどう感じたかですよね。つらい運命を背負ってしまった今のシェリルですが、それをはねのけようとする気持ちが芽生えてくれればいいけど・・・。しかし、その甘美な毒がシェリルを歌わせるかというとまだ弱い気がしますね。今回、ランカがなぜ歌うのか?誰のために歌うのか?を再確認したように、シェリルもそれをもう一度考える必要があるはず。そうすれば、妖精はすぐに戻って来ると信じてます!早く戻ってきてください、シェリル!


第19話 「トライアングラー」5

「ブレラさんって、お兄ちゃんみたい」
そのとおりです、ランカちゃん。記憶のない者同士の会話が視聴者目線ではなんともいえませんね。
「そんなおまえがどうして歌うことを、歌手になろうとしたんだ?」
「それは・・・歌が好きだから・・・」

「お前はなんのため、誰のために歌っている?」
なんかブレラもいいキャラぶってきたね←ぶってって・・・。
そんな本当の兄の言葉から、自分本来の気持ちを確認するランカ。
正直、今回以降ずっとシェリルターンだと思っていたので、ランカがこれほど出演して、自分の気持ちまであらわすように描かれるとは思ってませんでした。まだ、ランカでひっぱるの?とか思ってしまいましたが、これはあくまで伏線であって最後のシーンに結びつけるためだったのですね。まぁ、それにしたって、ランカがまたクローズアップされる気配が・・・・。ずるいよ、ランカ!今後はとりあえず、シェリルを応援と決めていたのに・・・。結局両方を応援しなくてはならないのか・・・。お兄ちゃんはちょっと困ってしまいましたよ(笑)
でも、やっぱり、ランカが自分の思いを考えたりするシーンにはひきつけられますね。応援したくなる。やっぱりランカって愛されるキャラなのかな?と思ってしまいます。ほんとずるいねランカは。また、シェリルを喰わないでほしいが・・・。

「確かめなくちゃ!」

そして、ランカのライブ。
やっぱり、星間飛行はいいです!盛り上がるね!でも、この星間飛行ももう歌われることはない気がします。これからの展開を考えると星間飛行はありえないですよね?そんな貴重な星間飛行でしたが、演出も凝ってたなと。「クロース・エンカウンター」のシェリルのライブでもあったアルトたちのスタントは今や超時空シンデレラのためのもの。時代はかわったね、ホント。で、このスタントの演出がまた秀逸でしたね。煙で「RANKA」と書いて、ハートマーク。そのハートに矢を打ち込んだのはアルト!サービスしすぎなアルト。シェリルとは大違いなんじゃ?そんなランカも狂喜の演出もさることながら、もっと秀逸と思えたのは飛びながら会話する三人。ここでも、やっぱり、ミシェルかなぁ。

アルト:「遅れるなよ、ルカ!」

ルカ:「分かってます。どれだけ一緒に飛んでると思ってるんです?」

ミシェル:「なら、一人でこそこそ動くなよ!俺たちはチームなんだ!」

死ぬな!みんな死ぬな!
このシーンで涙ぐみそうになったのは地球で私だけでしょうか?あと2、3人はいてほしい・・・。
何回も書いてると思いますが、今回は最後の休息って感じの回に思えます。今後の展開は熾烈をきわめると。そう思うと、彼らの友情が永遠に続けと願わずにはいられないわけですよ。
「フレンドリー・ファイア」ではアルトとミシェルが親友に。でも、ルカは?そんなルカを忘れていないミシェルに感動です!「俺たちはチームなんだ!」ホント、ミシェルはいいヤツ過ぎる!ここんとこ毎回ミシェル絶賛のこのブログ。でも、賞賛せずにはいられない!ミシェル、あんたこそおとこだよ、ミシェル!そんなシーンに涙ぐみそうになってしまったsamadaです(笑)←笑うところじゃないです!
でも、こんなミシェルの描かれ方は非常に危険!暗にフラグを立てまくりなミシェル。クランとの会話もそうだし。死ぬな、ミシェル!ほんとにこのアニメには感情移入させられっぱなしです。ホントいいアニメですね。いまさらですが。

ミシェル:「今だ!アルトォーー!」

アルト:「いくぜぇーーー!」

ホント、いいシーンだ・・・。メサイアなしでもこの爽快感!二人の友情が永遠でありますように!
はぁ~、ホントいいシーンだ。ミシェル、アルト、おまえらサイコーだよ!

アルト:「見てろよ、シェリル」
今回はアルトを酷評ぎみのわがブログですが、この言葉はよかった。
考えてみると、今のアルトとランカを見てほしかったというのがアルトの気持ちなんでしょうかね?
シェリルがいたからこそ、自分やランカがここまで成長できた。それをシェリルに見て欲しい、そう拡大解釈します、わたしは。あながち間違いでもありますまい。シェリルとの面会ではひどかったけど、このシーンではあっぱれをあげたい!

ランカ:「アルトくん・・・そっか、やっぱり、わたし・・・」

ランカ:「みんなー!抱きしめて!銀河の、果てまでー!」

ランカのハートにアルトの矢が打ち込まれた瞬間!
ランカはもう、歌わずにはいられません、言わずにはいられません!



第19話 「トライアングラー」6

「あの娘・・・」
「逃げるな!」
ライブを見に来たシェリル。ランカを見て、負けを悟ったのか?去ろうとするシェリルにクラン。
ミシェルとクランにはお世話になりっぱなしな主要キャラ3人。
シェリルは何を考えながら見ていたのでしょうか?さっき書いたように、アルトはきっと、今の自分やランカを見て欲しかったと思うのですが、それが今のシェリルにはそう映らない、映るわけないですがね。シェリルにはダメ押しの敗北感と死ぬべき運命しか映らなかったのでしょうが、クランは見届けろと。このクランの「逃げるな!」って言葉もなかなかいえるものじゃないですよね?真相を知ってるわけだから、クランは。きっと、クランもシェリルに現実に向き合って生きる道を一緒に探そうと思っているはず。はぁ、またジーンと来てしまいます。ホントに勘弁してくれよ、マクロスF。

アナタノオト
ドクン、ドクン、ドクン♪
新曲です。といっても、昔のマクロスの歌?詳細は他のブログさんで!
アルトノオト?これはランカがアルトへ向けた歌。っていちいち書かなくても見てれば分かりますよね。ランカは最終攻勢をかけて来ましたよ。今回もランカにもってかれて、シェリルは一段とどん底感を味わうのか・・・と思ってましたが、結末は違ったみたい。でも、あの最後で、マクロスF論争(ランカorシェリル論争)が一気に燃え上がっていきそうですね。オレはランカ!わたしはシェリル!なんて言葉がネットに溢れるんでしょうか?私はよくばりなので両方です!シェリル、ランカの二人が幸せになれば・・・。どっちもふられなければいいなと。そう考えると、アルトには死んでもらえると嬉しいのですが(笑)←爆弾発言!? そうすれば、アルトは永遠の存在になって二人の心の中にいつまでも行き続けるでしょう?そんな最後を望みます!←うそです! できれば、全員が生き残る最後を期待しますが・・・二人の歌姫はどういう最後を迎えるのか・・・。シェリルもランカも好きな私にとってはすごく怖いですね、結末が。
で、その結末の前にいよいよ、究極の選択を迫られつつあるアルトくん。

「鈍いのもいい加減、罪だぜ!」

視聴者の思いを代弁してくれるミシェル。

「そろそろ、答えだせよな」

「何がだよ」

はぁ~?この後に及んで・・・救いようがない、アルト。
でも、アルトの鈍感さを上回るスピードでお膳立てはできつつある今回。
クランがシェリルをアルトのもとへ。
この二人の間でどういう会話が交わされ、ここに来たのかも気になる。クランはアルトに全部話すように諭したのですかね?おそらく。そして、シェリルはアルトに真実を告げ、グッドタイミングでランカ登場!という・・・


はい、ここでまたミシェル!
「おれは臆病なんでね・・・人間なんざいつ死んじまうかわからない。特に俺たちはパイロットだしな・・・付き合うのは割り切った相手だけさ。本気になるのも、させるのもおっかなくてな・・・」
こんなミシェルの人を思う気持ちのかけらでもアルトにあれば・・・
「でも、お前は違うだろ?」
たしかに。。。ミシェルと比べたら違いすぎる鈍感姫(笑)
ホントのところ、お前は違うだろ?ってのはどういう意味なんでしょう?
お前はもう本気にさせている女がいるんだからってこと?でも、ミシェルだってクランが・・・。
それとも、アルトは臆病じゃないだろ?と言いたいのかな?どっちかに決めさえすればってことでしょうか?
そして、シェリル登場。
「アルト・・・」
やっぱりアルトに真実を言うんですね。



第19話 「トライアングラー」7

ルカはアイ君がなんなのか気付き、オズマとキャシーはレオンを告発しようと・・・でもその頃にはランカの歌でバジュラが・・・そして、大統領は・・・。

ライブが終わって自分の気持ちを伝えようと急ぐランカ。

「言うんだ、あたし。伝えなきゃ、あたしの気持ち!」

キ~ミは、誰とキスをする~♪

ぷっ(笑)と思わず笑ってしまいました。別にこのシチュエーションがどうこうってことじゃなく・・・。
やっぱり、流れたかと(笑)今回のタイトルが「トライアングラー」ってことで流れるかな?と前回の記事でも書いたと思いますが、ほんとに流れましたね。このタイミングで流れたトライアングラーを海外の方はどう思うか想像したら思わず笑ってしまいました。シリーズの中でも屈指の名シーンになるであろうこのシーンも海外の方から見れば、また酷評かいみたいな(笑)そんな思いが私のなかを駆け巡ったトライアングラーでしたが、これはこれでよかったと思います。そしてそのままエンディングテーマに行ったのもよかったし。エンディングテーマの絵もよかったし。毎回毎回サービスしすぎなマクロスFに感謝です。ホントサービスしてくれますよね。
で、階段を駆け上がると、アルトとシェリルが・・・。

「嘘っ・・・」

決心して階段を駆け上がり、アルトのもとへ急いだランカ。でも、そこには・・・アルトとシェリルが!
ランカにはさぞ、ショックなシーンでしたが、冷静に考えると今まで、シェリルがアルトを独占していたのだから、慣れっこってのもあっていいんじゃ?あっでも、「ファステスト・デリバリー」以来、アルトはランカよりだったから、再びアルトがシェリルと接近していたことで、ランカにはショックの度合いが大きいのか・・・。私もおんな心はよく分かってないみたい。アルトのことを言えませんね。
しかし、これで、マクロスシリーズの柱となる三角関係がいよいよ本格化してきました。そしてストーリーも佳境に。最初にも述べましたが、今回はつなぎの回と見ていた私が甘かった。マクロスFを舐めていたということを改めて知らされた回。このアニメに妥協という言葉はありませんね。

前回で、シェリルを堕として、視聴者をシェリルに向けたのかと思っていたら、今回ランカも堕として・・・。どっちを応援すればいいんですか?これじゃあ、シェリルとランカ両方すきな私はどうしたらいいのか・・・。ある意味非情なマクロスF。でも、来るべきときが来たといった感じですね。三角関係だけではなく、ストーリーそのものも佳境に入ってきたマクロスF。今回はなんとなく死亡フラグがたちまくりな感じもしました。みんな、生き残ってくれ!そして、シェリルもランカも悲しむことなく最終回を迎えて欲しいマクロスF。先が気になりますが、先を見たくない感じもします。このアニメが終わりに近づくのが嬉しいようで悲しい。マクロスFに心酔しきっている自分には非常に酷な現実です。前回のレビューでも最後のほうに書きましたがもう一度書かせてください!

こんなアニメ、めったにない!


こんなすばらしいアニメと同時期に生きれたことに感謝です。
大げさかもしれないけど・・・。でも、そのくらいの感動をもらってる気がする。
このアニメが終わってからのこのブログが心配だ・・・(笑)
今はほぼマクロスFブログだし。これを越えるアニメは当分あらわれないでしょうね?
しんみりしてしまいます・・・。

なんか、しめの一言みたいになってますが、レビューはまだ終わりませんよ!



第19話 「トライアングラー」8

は~い、では最後。
今回のEDはトライアングラー。
上でも述べましたが、海外の方の反応が思い浮かんで笑ってしまったのです。
というのも、おそらく、ここまで長々としたレビューを読んでくれている方はご存知かと思いますが、うちでは海外でも人気なマクロスFという記事を書いてまして、そこで以前紹介した海外のブログさんがトライアングラーを酷評していたのがその原因なわけです。取り上げたブログさんだけでなく、海外では一様にして坂本真綾さんの金切り声←海外ではこんなふうに表現されてます(笑) が不評です。このED、海外ではどんな評価が下されるか目に見えてますが、またネタが増えたかな?と違った意味でも嬉しかったトライアングラー。EDの絵もよかったですよね。それにしても、ほんとサービスしすぎ。毎回OPやEDが変わってる気がする。視聴者としてはうれしい限りですよね。
このEDの絵を見ていたらまた、ブログのトップ画像を代えたくなってきた・・・。でも、最近代えすぎだったのでしばらくは落ち着かせようと思ってるんですが・・・。気分次第でまた変えるかも。


で、次回。
タイトルは「ダイアモンド・クレバス」
美星学園でのランカのコンサートで顔を合わせた
ランカ、シェリル、アルトの3人。
それぞれの思いが交錯する。
そして再びバジュラの攻撃が開始された。
誰もがいつ死ぬかわからない状況の中、 想い人との心の絆を確かめようする。
公式HPより

最後のシーンの解決も見ないままバジュラの攻撃をうけるんですかね?最後の行の、「誰もがいつ死ぬかわからない状況の中、 想い人との心の絆を確かめようする。」っていうのが、キツイですね。次回はだれか死ぬのかい?タイトルの「ダイアモンド・クレバス」ってのも気になりますね。やっぱり、歌が入るのかな?歌うのはもちろんシェリル?であってほしいが・・・。次回はタイトルがそれでも、歌はないかもしれませんね。でも期待。シェリルに。

次回はあの状況からバジュラの攻撃となると、スカル小隊は出撃できそうにないですね。マクロスFはフロンティアの前方を航行しているようだし・・・。とすると、やられっぱなし?で、思ったのが、美星学園とうい場所。グレイスとレオンにとっては大統領を暗殺する場所って位置づけでしょうが、バジュラに襲われたとき、S.M.Sも戦えない状況ですが、美星学園にもあるじゃないですか?一機だけ。屋上に飾ってあるバルキリー、VF-1 が!コミックのマクロスFでは第1巻の最後のほうで、それに乗ってるんですよ!なぜかシェリルと。マクロスF第20話では是非、あのVF-1 にアルトが乗って欲しいですね。あったらいいな、そんなシーン。

いや、でも、今回も大分書いたね。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
いつもどおり無駄に長いけど・・・。ここまでたどり着いたあなたに敬意を表します!
ありがとう。。。

アニメブログというのはTBの送り合いのような気がして最近は親しいブログさん以外は自分からTBを送ってません。記事を読まれていない感じがしてなんだか送る気がしないのです。長々と書くのはマクロスFがすきなのはもちろんですが、そうしたTBだけの方ときちんと最後まで読んでくださる読者の方を区別していきたいから。アクセス数もそれなりのうちのブログですが、その中でちゃんと読んでくださる方を見つけたい。ちゃんと読んでくれてキチンと意見を下さる方を探したいのです。ただのアニメブログですが、きちんと読んでくれる読者の方を大事にしていきたいと思っています。まぁ、それには記事がよくなくてはならないのはいわずもがなですがね。その点は精進していかなければと思います。でも、アクセス数が減ってもいい。ただ、このページを開いて素通りする方がたより、キチンと読んでくださる読者の方を大事にしたい。こじんまりと更新を続けて行きたいMare Foecunditatisです。客離れを助長するような文ですが、いいよ、これで。そんなちょっと強気な8月16日早朝。別にキレてないです(笑)多分、ビール飲みながらの更新だったからでしょう(笑)ホントは穏やかで小心者の管理人samadaです。最後まで、読んで下さった読者の方、本当にありがとうございます!こんな場違いなことをこのマクロスF記事で書くsamadaですが、これからもヨロシクおねがいいたします。

ではでは、次回の第20話「ダイアモンド・クレバス」楽しみにまちましょう!

また見て、マクロス!
     
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>papanさん

papanさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!

>全部読むのに18分かかりましたー!!
結構、かかるんですね。自分では通して全部よんだりしないので・・・。たまにチラッと読んだりすると誤字脱字があって恥ずかしいです。今回のもあったような・・・変換ミスとか・・・。
第13話 「メモリー・オブ・グローバル」の記事も結構長いです。
http://samada08.blog10.fc2.com/blog-entry-431.html
あとはそんなに。初期の頃は短いレビューが多いし。その回によって書くスタンスや書き方も違うみたいです。

>マクロス~愛おぼ~世代の自分には、ラストのランカがアルトとシェリルが・・・の場面が、ミンメイと輝が抱き合っているところに美沙が・・・の場面とだぶってしまいました。(笑)
私は劇場版しか見たことがないので、初代のマクロスに関してはそれほど分からないんです、実は(笑)
そのシーンはマクロスFと比べると逆ですよね。今まで私はランカ=ミンメイ、シェリル=美沙な感じだと思っていたので。まぁ、初代のマクロスと同じような結末にはならないでしょうからね。でも、やっぱり、ランカやシェリルに彼女たちを投影してしまいますよね。

>ミシェルの人柄、さりげない気遣いや本音なんかが語られた今回でさらに彼の今後の不安がMAXです!!
もう、「おれ近々、死にます!」と言わんばかりでしたからね(笑)でも、オズマの例もあるので、フラグが立っても大丈夫!・・・なはず。まぁ、オズマだってまだ危ない気もしますしね。
みんなが無事で終われれば申し分ないですが、多分そうはならないでしょう。誰かしらはきっと。ララミアのように(笑)彼女の死の意味が未だ解けません(笑)彼女の死後、クランでさえも、本編では話題に出さないし。
ちょっと話が脱線しましたが、とりあえず、死なないことを願いましょう!あとは、シェリルが復活することを祈りましょう!でも、ノーザンクロスの歌詞を見ると、ちょっとヤバイかも・・・。

ではでは。。。

samadaさん、こんにちは(*゚∀゚)ノ いや~本当に熱い記事ですね^^そして、内容が濃くて感動です。全部読むのに18分かかりましたー!!
読破した後の満足感は言うまでもありません。
マクロス~愛おぼ~世代の自分には、ラストのランカがアルトとシェリルが・・・の場面が、ミンメイと輝が抱き合っているところに美沙が・・・の場面とだぶってしまいました。(笑)

>あぁ、これが最後かもしれないなぁ~、こういうキャラたちの思いが何気なく出るシーンは・・・。
本当にそんな気がしますよね。次週からはツライ展開がありそうな予感がしてならない・・・。だからこそ今回の1人1人のドラマがよりいっそうリアルに感じてしまうのでしょう・・・。
ミシェルの人柄、さりげない気遣いや本音なんかが語られた今回でさらに彼の今後の不安がMAXです!!頼むから皆最後まで無事でいてほしいものです。

samada>CIC担当さん

CIC担当さん、こんにちは~!
いつもコメントありがとうございまっす!

>見ていると、やきもきしますねぇ。
仰るとおり!シェリルもアルトも素直になれよと。アルトはまぁ、あの性格だからしかたないですが・・・(笑)シェリルのほうは素直になれとはいいつつも、プライドが邪魔してるのもあるし、自分のことでアルトを巻き込みたくないってのもあるのでしょうね。自分のつらさもありますが、頼りたくても頼れないし、同情されたいけど、されたくもない?ような・・・。正直、シェリルのホントの気持ちは謎です。今回の最後で抱き合ってましたが、真実を告げて抱き合っていたのか、真実を告げずにただ抱きついてしまったのか?わたしはまだ真実をアルトに言ってない感じがします。シェリルは最後にアルトに会うことで自分の気持ちにけりをつけ、自分は消えようとか考えているのでは?なんて今はおもってますが・・・次回はどうなることやら・・・。

>間違いなく、そうなるでしょうね。所詮は、キョンですから。(解らなかったらすいません。)
いやぁ~、キョンは重要なキャラだったじゃないですか!(笑)
ま、グレイスにだしに使われて終わるキャラですね。最期にキャシーあたりにグレイスの計画を止めるヒントみたいなのを告げて死ぬってのが相場でしょう。最期でほんの少し挽回するキャラですね。

>ルカは頑張ってナナセにアタックしてもらいたいですし
そういえば、ルカはナナセに何も言ってませんね。この二人も気になるところ。すっかり忘れてました、ミシェルがあまりにもかっこいいので。

>これは完全に新曲でしょう。
初代には、この曲は無かったはずですから。
いい曲です。実にランカらしい。ランカの曲は星間飛行もそうですが、ちょっとレトロな雰囲気がある曲なんですよね。過去のマクロスをあまりみていない自分はどうしても、過去のカバーだと思ってしまいます。
さて、「娘トラ。」。収録曲が気になりますよね。次回以降も新しい曲や過去のカバーがどんどんと使われそうですよね。楽しみすぎる!

>どんだけ、鈍感なんだ?このお姫様は。
もう、残り話数が少ないんだから、そろそろ・・・。お姫さまには呆れてコメントも浮かびませんよ(笑)

>もはや、うやむやにすることは、出来ませんぞ。アルト姫。
さもないと、某スクールデイズ真っ青の泥沼に・・・。
多分、次回は大丈夫でしょう。
アルトはバジュラに救われます(笑)

次回はバジュラの攻撃のなか、シェリルがどういう行動を取っていくのかに注目です!
ではでは。。。

samada>リョウさん

リョウさん、コメントありがとうございます。以前コメントをくださったそうで・・・おさかなくわえた名無しさん?ですか?ですね。またまたのご訪問ありがとうございます。

>ミシェルのかっこよさは異常ですね!
やばい!ほれる!(笑)
男でもほれるカッコよさですよね!でも、ミシェルの言葉は「おれもうすぐ死にます!」に聞こえて気がかりです。死ぬな、ミシェル!

>それに、人の気持ちや自分の本当の気持ちを知ることを怖がっているように見えます。
私見なのですがね・・・。
なるほど。ちょっとアルトからは離れたコメントをしますが、そう考えると矢三郎は以前から、パイロットになるのか?役者に戻るのか?ということではなく、アルト自身に選択させることを意図していたのかも知れませんね。で、今回も、シェリルに対する気持ちにアルト自身がきちんと向き合えるようにと、実家へとシェリルを連れてきたのかもしれませんね。・・・なんてリョウさんのコメントを読んで思いました。

>一つでも自分の本当の気持ちを認めてしまうと、他の気持ちも当然無視出来なくなります。
またまた、矢三郎の話ですが、本当の気持ちを認めて、その気持ちどおりに進んでいけ、という感じですかね。早くに母親をなくし、回りとのコミュニケーションのとり方を見失って、自分の本当の気持ちを内に閉じ込めるようになったアルトのことを小さい頃から知っていた兄弟子は実の兄のようにアルトを心配しているのかも知れませんね。私は正直、矢三郎は別に出なくてもよかったんじゃ?と思ってましたが、こう考えると重要なキャラだなと・・・。あくまで私の勝手な妄想でしたがね。。。

>仲間っぽい、と仰っておりましたが、まさにその通りかと。
そんな感じしますよね。ランカとはちょっと違った感じで・・・。

>二人とも『他人とどう接すればいいのか分からない』子たちです。
ホントそうですね。シェリルも。だからこそ、「魅かれ合った」のかも知れませんね。

>だから『孤独』で、でも、自分の夢に全力を注いでいる子たちです。
二人は、対等な関係を築ける、孤独も感傷も分かち合える、そんな関係なのではないでしょうか。
そんな性格故に、自分の前にあるものに没頭して、孤独を紛らわしていたのですね、この二人。お互い気付いてはいないと思いますが、似たもの同士だから「魅かれ合った」、だからこそ、シェリルはアルトに近づいていったのかもしれませんね。アルトのほうは鈍感なので、どうなのかわかりませんが(笑)

>ランカがショックを受けた一番の理由は、やっと自分で見つけた答えが、既にシェリルによって導き出されていたことでしょう。
これも納得です。
いままで、すべてにおいてシェリルにリードされていたランカでしたが、超時空シンデレラになり、希望の歌姫になり、自分に大分自信がついたことでしょう。だからこそ、決意にいたったという背景もランカの心の中ではあったと思いますが・・・。ちょっと、いま思い出したのですが、「ミス・マクロス」のとき、シェリルがランカに、ここは夢の入り口。まだ階段に足をかけただけ~自分のちからで昇ってくるのね!って感じの言葉をかけたと思いますが、それが今回のラストとちょっとダブってしまいました。やっと階段を昇った先にはやっぱりシェリル。いくらシェリルが堕ちても、ランカにとってシェリルは永遠に越えられない壁なのかなぁと。

>シェル死亡⇒アルトとクランが落ち込む⇒シェリルは二人や亡くなった全ての人の為に追悼歌として『ダイアモンド・クレバス』を歌う・・・・・・・って言う展開に成らないように全力で祈っときます(笑)
もう、この先、どうなるか?いつ、だれが死ぬか?まったく分からないですよね。我々の予想をはるかに越えるストーリーが待っているんでしょう。歌に狂喜し、キャラたちに涙するだろう今後のマクロスF!次回も楽しみにまちましょー!
リョウさんのコメント、なるほど~と思う点がたくさんあり考えさせられました。よろしければ、次回もレビューをご覧ください。
ではでは。。。

選択のとき迫る

>実家で療養するシェリルと面会し
 たアルト。
 見ていると、やきもきしますねぇ。
 シェリルは自分に、もっと素直に
なってほしいですし。
 アルト姫も、男ならもうちょっと
しゃきっとしろといいたくなりまし
たしねぇ。

>なんとなくレオンは使われて終わ
 りなキャラのような気が・・・。
 間違いなく、そうなるでしょうね。
 所詮は、キョンですから。(解ら
なかったらすいません。)
 でも、グレイスのバックには更な
る大物が控えていそうですね。

>「俺たちはチームなんだ!」
 全員、生き残って欲しいものです。
 ルカは頑張ってナナセにアタック
してもらいたいですし、ミシェルは
クランと結ばれて欲しいですし、ア
ルト姫はきっちり答えを出して欲し
いですしね。
 それにしても、ミシェルは良い奴
ですよね~。

>アナタノオト
 これは完全に新曲でしょう。
 初代には、この曲は無かったはず
ですから。
 それにしても、良い曲ですね。
 次のサントラも購入決定。

>この後に及んで・・・救いようが
 ない、アルト。
 どんだけ、鈍感なんだ?このお姫
様は。
 これじゃ、ミシェルがああ言うの
も、無理はないです。
 というか、視聴者皆が、いろいろ
言いたい事あるでしょうしね。

>キ~ミは、誰とキスをする~♪
 あのタイミングで流れるとは、思
わなかった・・・。
 もはや、うやむやにすることは、
出来ませんぞ。アルト姫。
 さもないと、某スクールデイズ真
っ青の泥沼に・・・。

samadaさん、はじめまして!
といっても以前(ライオンのところで)名無しでコメをした者です;

マクロスもいよいよ佳境といった感じを受ける今回、ミシェルのかっこよさは異常ですね!
やばい!ほれる!(笑)


>もう、またかよ・・・ってな感じをうけますよね。

これは鈍感姫が悪い!・・・の、ですが、仕方ないかなぁ、とも思うんです。
多感な中学生の時期は稽古ばかりで親しい友達なんて居なかっただろうし、心の深いところで人嫌いに見えるし、人との関わり方なんて知らない子なんだろうな、と。
それに、人の気持ちや自分の本当の気持ちを知ることを怖がっているように見えます。
私見なのですがね・・・。
一つでも自分の本当の気持ちを認めてしまうと、他の気持ちも当然無視出来なくなります。
『お芝居を好きな自分』を認めることはその先にある『父親のことが好きな自分』へとたどり着き、果てには『父親が自分を憎んでいる(かもしれない)』と考えることになる。
それが怖くて、思考を敢えて停止させているのかな、と。
今回の矢三郎兄さんが言っていたことも踏まえると、アルトはお母さんが死んだのは自分のせいと思っていそうで、更に怖いのかも知れません。


>アルトとシェリルの関係性

仲間っぽい、と仰っておりましたが、まさにその通りかと。
人嫌いと上で書いてしまいましたが、二人とも『他人とどう接すればいいのか分からない』子たちです。
だから『孤独』で、でも、自分の夢に全力を注いでいる子たちです。
二人は、対等な関係を築ける、孤独も感傷も分かち合える、そんな関係なのではないでしょうか。


>アルトのもとへ急いだランカ。でも、そこには・・・アルトとシェリルが!

ランカがショックを受けた一番の理由は、やっと自分で見つけた答えが、既にシェリルによって導き出されていたことでしょう。
ランカにとってシェリルは大きな目標です。
己の力でバジュラを殲滅でき、歌姫の地位がやっとシェリルに並んだと思った時、まだ先にシェリルが居たんですね。
コレは相当ショックですよね。
もちろん一緒に居たという事実もショックなのですが、頑張っても頑張っても追いつけないと思っちゃったのかなぁ、と。


さて、来週も波乱な予感のするマクロスF。
レビューを楽しみに待ちつつ、ミシェル死亡⇒アルトとクランが落ち込む⇒シェリルは二人や亡くなった全ての人の為に追悼歌として『ダイアモンド・クレバス』を歌う・・・・・・・って言う展開に成らないように全力で祈っときます(笑)
それでは。

samada>パールさん

パールさん、またまたまたコメントありがとうございます!

まず、前のコメントでの返信で工藤シンは生きていると書きましたが、正確には行方不明だそうです。不確かなことを返信としてしまいすいませんでした。

>ランカはシェリルとアルトの娘で、未来から来たという展開だと嬉しいですね。
そうするとみんな生き残るっていう点では賛成です!

>可能性は低いと思いますが…。
限りなく低いかもしれませんが、自分なりのラストを考えるのは自由。私なんか、毎回のレビューでいろいろ妄想してますよ(笑)自分なりのストーリーを考えるのは正直非情に楽しいです(笑)わたしもそうですが、そんなふうに想像をするパールさんはマクロスFを愛してくれているんですね。

いろいろなサイトさんの記事を読ませていただいて、私なりのハッピーエンド(願望?)を考えてみたのですが、一時期噂になった、ランカはシェリルとアルトの娘で、未来から来たという展開だと嬉しいですね。
(親子なら恋愛の対象外ですから…。)

可能性は低いと思いますが…。

samada>terakoさん

terakoさん、またまたどうもで~す、こんばんはっ!←無駄にテンションをあげてみました(笑)特に意味はありません(笑)

>はい、マクロスFを朝からみてました。お盆になにをやっているんでしょうか。(笑)
奇遇ですね。時間は違えど、私もそんな過ごし方です(笑)お互い、お盆になにをやってるんでしょうか(笑)おかげで今年はヤックデカルチャーなお盆を過ごすことができましたよ(笑)

>いえ、色々な記事を読んでもう慣れました。(笑)
あらら、ヘンな免疫をつけてしまったみたいで申し訳ありません。これにかかったらもう治りませんよ(笑)いやいや、でもお心遣い感謝です!

>その可能性はありますね。書かれるとしたら「最後のいいシーンが歌で台無しだ」なんて書かれるんでしょうか。いい歌だと思うんですけどねー。
ぜひ、書いて欲しいのですが・・・。terakoさんも言うように、はなっから、わたしは「最後のいいシーンが歌で台無しだ」という表現を待っているわけで(笑)予想通り書いてくれる海外ブロガーさんを募集したいくらいです(笑)

>私も歌詞を見直してみてそう感じました。
そんな展開になれば泣ける自信があります。(笑)
あの歌って、「ファースト・アタック」の前で使われたからそれほど別れって感じがしませんでしたが、歌詞を見直すと可なりつらい別れが描かれていて、今のシェリルにドンピシャだなと。そんなお涙頂戴な展開を経て、復活もいいのでは?と思いましたが、私の妄想ですからね。おそらく本編では更なる感動が待っていることでしょう。

>あとバールさんへのコメントで少し気になったので書かせてもらいますが~
そうだったんですか?というか、伝記というところにちょっと引っかかってはいたのですが・・・。やっちまいましたね・・・パールさん、すいません。無知なのは私でした。工藤シンは未だ行方不明なんですか・・・。パールさん、すいませんでした。。。

>お盆休みも明日で終わり
もうすこしマクロスF以外のアニメを見たり、ネットサーフィンをしておけばよかったと個人的には思ってます。記事更新もなんか億劫になってきた感じもするので、ゆっくり休んでおけばという気もしないではないです。頭のなかがごちゃごちゃなのでリセットしてまた記事を書きたいのですが・・・。

>あとコードギアスR2も見ますよ。samadaさんの記事も読ませてもらってます。(最近特に辛辣になってますね。(笑))
あらら。見ないでください(笑)
ギアスは期待が大きかっただけに怒りを覚える作品になってしまいました(笑)まぁ、好きですがね。
明日は先週と同じような更新になると思います。むしろ、R2はあとまわしかも。過去のアニメのレビューを気ままに書くのもいいかなって考えてます。ガンダム00を最初からとか。一度見たものをもう一度見て感想を書くほうが面白いかなと。まぁ、今はいっぱいいっぱいなんでできそうもないですがね。

>今までの最高記録じゃないんでしょうか?
一つの記事が一日でもらった拍手では最高かも知れません。トータルだと、これを越える記事がありますが。それにしても、ここ1週間は拍手の数がバカみたいに増えてます。今日、いやもう昨日になってますが、昨日の拍手総数が24です。昨日は特に多すぎでしたね。ここ何日かは10~20の間でしたが、越えましたね。拍手も合計で700を越えました!感謝です!でも、記事そのものを評価してもらっているのか?それとも、拍手ボタンを右から左に移動したからなのでしょうか?多分、後者の気がしますが・・・。でも、拍手が一番嬉しいですよ、ホント。。。

ではでは。。。お盆最後の休日を楽しみましょ!

再度感想

samadaさん、またまたこんばんは。

>早起き!?ですね。
はい、マクロスFを朝からみてました。お盆になにをやっているんでしょうか。(笑)

>ちょっとひねくれた感じのところもあって、読むのに不快感を与えたかも知れませんね。
いえ、色々な記事を読んでもう慣れました。(笑)

>呆れすぎて、記事も書かないのかも(笑)
その可能性はありますね。書かれるとしたら「最後のいいシーンが歌で台無しだ」なんて書かれるんでしょうか。いい歌だと思うんですけどねー。

>別れの歌として最後に「ダイアモンド クレバス」を歌うのでは?
私も歌詞を見直してみてそう感じました。
そんな展開になれば泣ける自信があります。(笑)

あとバールさんへのコメントで少し気になったので書かせてもらいますが、自伝ではなく伝記なので、マオかそれ以外の者が書いたと思われます。現時点での工藤シンは未だ行方不明ですね。

お盆休みも明日で終わり、来週から通常通り仕事です。明日の最後の休みぐらいゆっくり「マクロスF」を見直したいと思います。(お盆中ずっと見てた気もしますが。(笑))
あとコードギアスR2も見ますよ。samadaさんの記事も読ませてもらってます。(最近特に辛辣になってますね。(笑))
最後に今回の記事の拍手が現時点で13になってました。今までの最高記録じゃないんでしょうか?。
ではまた。

samada>Julieskyさん

Julieskyさん、コメントありがとうございます!
>今回はマクロスFの初めての感想(のような)記事だったので、途中参加という事もあって他のブログ様にはTBを出せないかな・・・と思っていたのですが、samadaさんからTBを頂いて嬉しかったです♪
カタコト日記でマクロスFレビュー!?(えっ、不意打ち!?)だったので、全力でTB送らせていただきましたよ!かなりビックリでしたが、TB一番乗りゲットです!へへんっ!
TB、コメント、拍手、コンプリートで応援です! Julieskyさんの記事のクオリティは応援を必要としませんがね!相変わらずさすがですね!すごく刺激になりますよ、ホント。

>マクロスFも残す話数は少なくなってきましたが~
ホント、全員無事で最後を迎えて欲しいです。残り話数が少ないってのはちょっとさびしいですがね・・・。

>また記事の方、楽しみに読ませて頂きます。それでは・・・。
いえいえ、それはこちらのセリフですよ~!また、いろんな記事楽しみにしています。
ではでは。。。

こんばんは~^^

TB頂きありがとうございます!

やっぱり、samadaさんの記事を読むと、「ああ・・・こういう感想が書ける人っていいなぁ・・・」
と心から思います・・・(*´ー`)
 作品に対する『愛』はもちろん、自分が思っていることを素直に文章に出来るって、凄いことだと思います。

今回はマクロスFの初めての感想(のような)記事だったので、途中参加という事もあって他のブログ様にはTBを出せないかな・・・と思っていたのですが、samadaさんからTBを頂いて嬉しかったです♪

マクロスFも残す話数は少なくなってきましたが、シェリルも、ランカも、アルトもミシェルも・・・全員幸せになってほしいアニメですね^^

また記事の方、楽しみに読ませて頂きます。それでは・・・。

samada>パールさん

ゼロとは違った結末かと・・・。

歌姫二人は残るわけですし・・・。

ちなみにゼロの工藤シンは「レジェンド・オブ・ゼロ」でやった映画「鳥のひと」の原作となる伝記を書いたくらいですからその後も生きていたのではないかとおもいます。

それって、ゼロと同じ展開では…。

生死は定かではないですが、マオだけ残ったという…。

samada>パールさん

パールさん、コメントありがとうございます。

>アルトがどちらかを選んでもハッピーエンドとは言えないですし、どういった結末を用意しているんでしょうね。
いっそのこと、アルトが死んでしまえば、アルトは二人の心に永遠に生き続けます!(笑)これなら二人が同じだけの哀しみを得るだけなので、ある意味フェアな最後ではないかなぁ~。絶対ありえないと思いますが(笑)

ではでは。。。

samada>白黒犬さん

白黒犬さん、こんにちは~!
コンプリートおめでとうございます!いいなぁ~シェリル。いいなぁ~ランカ。私ももう一度挑戦して見ます!

>なんか・・・ミハエルやばいんじゃない?と思ってしまった今回です。
ミシェルは回を追うごとにメインキャラに迫る活躍を見せてますね。もう、死ぬ準備は整ったような描かれ方ですよね。でも、オズマのようにフラグを回避してくれることを願ってます。他のキャラもみんな。全員生き残れ!と応援せずにはいられませんね。

>それは「どれだけ心配したと思ってるんだ!」(16話ランカ・アタック)なんでしょうけど、
「どうして?」を言葉にしてしまうと、その場で三角関係の決着がついてしまう、
アルトも難しい立場です。
アルトにとってはこれからがきついですよね。どっちを選ぶかという究極の選択も気になりますが、それ以前にあの姫に二人のどちらかを選ぶ勇気があるのでしょうか?今回はアルトを酷評ぎみな私ですが、よく考えたらシェリル、ランカを両方好きな私が選べないように、アルトだって選べない、選びたくないのかもしれませんね。だからこそ、いままで鈍感を装ってきたのかも。どちらも傷つけたくないから鈍感を装っていたのかも・・・。と、ミシェルばりの男をみせてくれるくらいのアルトになってほしいです(笑)でも、この選択は避けられませんからね。アルトには男になってもらうしかありません。がんばれ、アルト!

>あの和服はアルト母の形見のようです。
形見の着物を着せた矢三郎になにか意図があったのか?がきになりますが、この辺はきっと何もないかもしれませんね。

>これはアルト、シェリル共に・・・。
アルトも鈍感ならば、シェリルもまたいつもどおりな対応でしたが、シェリルのあの対応には彼女の精一杯の演技が含まれていたこともお忘れなく。

>鈍感姫も年貢の納め時が近づいているようですが・・・。
バジュラの皆さん、来週空気読んでくださいね。
アルトは次回はバジュラに救われる気がします(笑)もしくは、シェリルが身を引くかもとも思いますが、どうなるでしょうか?

>これで服のセンスがよければパーフェクトなんですが・・・。
たしかに(笑)ライバルキャラではありますが、今後ブレラの立ち位置が変わってくる気もしないではないですね。

ではでは。
シェリルとランカほしいなぁ~(笑)

samada>terakoさん

terakoさん、こんにちは。
早起き!?ですね。っていうか、私が不健康な生活を送っているだけかもしれませんね(笑)

>ガチャポンの実績があるのでたしかにそうかもしれませんね。(笑)
いや、ガチャポンの実績があるので、取れるかどうか・・・。お金をつぎ込んでも取れないで終わりそうです、私のばあい・・・。

>縁側でのアルトとのやり取りも見ていて辛かったです。アルトが帰って行く時、震えながら自分を抱きしめる所など特にそう感じました。
一番気付いてほしい人を欺かなければならないシェリルの苦悩が伝わってきましたね。真相をしっている我々にとってはアルトが情けない男に映りましたよ・・・。

>現状ほぼ全ての人がいつ死んでもおかしくない状況なので心配です。
誰かしらは死ぬでしょうね。今後はこれまで以上にすごい展開になって行きそうです。でも、オズマのように、フラグをはねのけてほしいですよね。死んだと見せかけて、生きてる!?みたいな。そんな展開がいいなぁ・・・。

>次回以降はシリアスな話が続くと思われるので、今後こんなシーンが出てくるとしたら全てに決着がついた後でしょうか。
でも、決着がついた後、みなさんが無事かどうか・・・ですよね。全員が生き残ってシェリル、ランカ二人のコンサートで、アルト、ミシェル、ルカがスタントで、客席にはS.M.Sのみんなが・・・そんなエンディングがいいですね。そんな最終話を望みます。。。

>そういえば13話ではランカに髪をすいてもらってましたね。こちらも何か意味があるんでしょうか。
あとアルトのお母さん美人でしたね。
そうですよね。あのときのランカとアルトがダブります。なにか意味があるのでしょうか?体が弱かったそうですが、アルトの母は実はV型感染症だったり!?そこで、アルト、シェリル、ランカがつながっていく・・・なんて。。。ないですかね?
>子供アルトも今と違ってとても素直そうで可愛らしいですね。(笑)
今と違ってって・・・(笑)まぁ、そのとおりですが(笑)どうしてあんな子に育ってしまったのでしょう。しかも鈍感だし(笑)この鈍感はけして母の他界が原因ではありません(笑)天性のものでしょう、きっと(笑)

>たしかに今回も文字が多いですね。(笑)
今回は長い上にちょっとひねくれた感じのところもあって、読むのに不快感を与えたかも知れませんね。すいません。

>次回以降次々と謎が解き明かされていくと思いますが、少し謎を残して今後も何らかの形で続いてほしいものです。
本来のアニメなら、このバジュラの部分こそメインとなるべきストーリーだと思うのですが、バジュラは二の次って感じですよね。今は、かも知れませんが・・・。今後、みんながバジュラに巻き込まれ、最終話に向かっていくのでしょう。

>そうですね。新曲は出るし、歌ってバジュラも出るし。(笑)
今後はランカ・シェリル共にクローズアップされていくんじゃないんでしょうか。
ランカの歌でバジュラが出てきてしまうことに気付いてしまうと、ランカもつらそうです。シェリル、ランカが苦悩してクローズアップされるとき、あの鈍感姫はどうするのかがきになりますね。最終的に選ぶのはどっちになるのか?知りたいけど、知りたくないですね。

>星間飛行はもちろん良いですが、新曲のアナタノオトも良いですね。
ランカらしい曲ですよね。ランカにはこういう曲が似合います。

>ここでのスタントのシーンは私的に一番いいシーンでした。
そうですね。三人ともよかったのですが、特にミシェルにやられました。「おれ、もうすぐ死ぬんだぜ!」と言わんばかりのミシェルに「もう、黙れ!」と言いたくもなりましたが(笑)

>やはりここで来たかというのもありますが、samadaさんと同じで海外の方々のことを思い浮かべ笑ってしまいました。どんな風に感じているか心配です。(笑)
先ほど少しだけ海外に行ってきましたが、まだ批判的な記事はあがってませんでしたね。好意的な記事もありましたし。もう、呆れすぎて、記事も書かないのかも(笑)

>まさかシェリルがいるとは思ってなかったでしょうし、しかも抱き合っているところだったのでタブルショックだったんじゃないんでしょうか。
「レジェンド・オブ・ゼロ」のときのキス目撃とは比じゃない展開ですね。「嘘っ」っていうのもありますが、それよりもやっぱりって感じの気持ちがランカには強いんじゃないかな?と思いますがね。

>今回と同じようにEDで使ってくるのか、それとも違う使い方をしてくるのか楽しみです。
まったく使われない可能性もありますが。
私はシェリルが歌ってくれるのでは?と思います!勝手に次回を妄想しますが、駆け上がってきたランカの目を見て、自分の死を悟っているシェリルはアルトをランカに託すのではないかと・・・。アルトに抱きしめてもらえただけでもう十分と・・・そして、別れの歌として最後に「ダイアモンド クレバス」を歌うのでは?このシチュエーションを思い浮かべながら、ダイヤモンド クレバスを聴いて歌詞をチェックしてみたんですが、ヤバイですね・・・。歌詞が今のシェリルにシンクロしすぎてる気がします。自分で勝手に妄想したにもかかわらず、涙がでそうになってきましたよ。アホですね、オレは(笑)とてもドラマチックな妄想でしたが、こうならないことを祈ります。早く元気になって歌ってほしいものです!この妄想どおりになってもきっと戻ってきますよ、シェリルは!彼女はシェリル、シェリル・ノームですから!
ダイアモンド クレバスはサイコーですね、やっぱり・・・

ではでは。。。ダイアモンド クレバス、聴いてください!
ライオンよりダイアモンド クレバス←今、そんなこと言っていいのかい、samadaくん?
ライオンよりシェリルが心配なsamada でした。。。まさか、自分の妄想でここまでセンチメンタルになるとは・・・

ではでは・・・

アルトがどちらかを選んでもハッピーエンドとは言えないですし、どういった結末を用意しているんでしょうね。

間違っても、ゼロのような結末だけは避けたい…。

マクロスFスイング約2000円使ってなんとかアルト、ランカ、シェリル、
VF-25アルト機、オズマ機揃えられました・・・。

なんか・・・ミハエルやばいんじゃない?と思ってしまった今回です。
クランと急接近したり、久々にリーダーらしくなったりとか・・・。
アルトに忠告するのもお前が言うなという感じですがクランやアルトから
「不実」「三股四股当たり前」のツッコミが入っていたので普段から
こういう描写をされていればもっとミハエルに感情移入できたかなと。

>シェリルを探したアルトはどういう気持ちで探していたのでしょうか?
それは「どれだけ心配したと思ってるんだ!」(16話ランカ・アタック)なんでしょうけど、
「どうして?」を言葉にしてしまうと、その場で三角関係の決着がついてしまう、
アルトも難しい立場です。

>和服のシェリルに母親を重ね合わせたアルト。この描写はなにか意味があるのでしょうか?
あの和服はアルト母の形見のようです。

>もう、またかよ・・・ってな感じをうけますよね。
これはアルト、シェリル共に・・・。正直このままシェリルが最悪な結末を迎えたとして、
アルトは何も知らないまま(これは100%ありえないと思いますが)というのは
本当はアルトに対しても残酷ですよね。

来週、アルトはどうするんでしょう?いよいよ選択肢を迫られてきてます。
鈍感姫も年貢の納め時が近づいているようですが・・・。
バジュラの皆さん、来週空気読んでくださいね。

ちなみにブレラの株は急上昇だったり。
ちゃんと口の利けるライバルキャラなんだなと妙に関心してしまいました。
これで服のセンスがよければパーフェクトなんですが・・・。

感想

samadaさん、おはようございます。

>あの人形、UFOキャッチャーとかで出せば、かなりお金を使ってしまいそうです(笑)
シンプルですがどことなく愛嬌があっていいですね。
ガチャポンの実績があるのでたしかにそうかもしれませんね。(笑)

>美星学園でのライブの客席には筋肉質のランカがいましたね(笑)
たしかにいますね。キラッ☆のあたりにメガネをかけ、えらく筋肉質のランカが。(笑)
気付きませんでした。

>もう、またかよ・・・ってな感じをうけますよね。
いつも通りの鈍感姫でしたね。(笑)
シェリルも「何しに来たの!」といつも通り意地をはってましたね。縁側でのアルトとのやり取りも見ていて辛かったです。アルトが帰って行く時、震えながら自分を抱きしめる所など特にそう感じました。

>みんなが死なない最後はありえるでしょうか?
本当に誰にも死なないでほしいものですが、現状ほぼ全ての人がいつ死んでもおかしくない状況なので心配です。

>もう、こんなシーンはマクロスFでは訪れないのでは?
ここのシーンは歌もランカバージョンで5話とだぶりますね。
次回以降はシリアスな話が続くと思われるので、今後こんなシーンが出てくるとしたら全てに決着がついた後でしょうか。

>この描写はなにか意味があるのでしょうか?
そういえば13話ではランカに髪をすいてもらってましたね。こちらも何か意味があるんでしょうか。
あとアルトのお母さん美人でしたね。子供アルトも今と違ってとても素直そうで可愛らしいですね。(笑)

>根気のない方はここまですらたどりついていないかも(笑)
たしかに今回も文字が多いですね。(笑)

>バジュラの方の謎はさっぱりわかりませんね?
次回以降次々と謎が解き明かされていくと思いますが、少し謎を残して今後も何らかの形で続いてほしいものです。

>ランカがまたクローズアップされる気配が・・・・。
そうですね。新曲は出るし、歌ってバジュラも出るし。(笑)
今後はランカ・シェリル共にクローズアップされていくんじゃないんでしょうか。

>そして、ランカのライブ。
星間飛行はもちろん良いですが、新曲のアナタノオトも良いですね。
ちゃんと聴けなかったのが残念ですが。
ここでのスタントのシーンは私的に一番いいシーンでした。
1話ではアルトがミシェルの制止を無視して難度の高い技をやって失敗してしまいましたが、今回は全員が一丸となって成功させました。特にルカに対してのミシェルのセリフが最高でした。(ミシェルの好感度は上がりっぱなしです。それだけに一番死にそうで心配ですが。)
あとハートに矢を打ち込んだアルトですが、スタント中シェリルのことを考えていましたが、シェリルやランカにはそう映らなかったみたいですね。

>シェリル、ランカの二人が幸せになれば・・・。
本当にそうなって欲しいですね。
現状は二人共非常に厳しいですが。

>ぷっ(笑)と思わず笑ってしまいました。
私もです。(笑)
やはりここで来たかというのもありますが、samadaさんと同じで海外の方々のことを思い浮かべ笑ってしまいました。どんな風に感じているか心配です。(笑)

>再びアルトがシェリルと接近していたことで、ランカにはショックの度合いが大きいのか・・・。
まさかシェリルがいるとは思ってなかったでしょうし、しかも抱き合っているところだったのでタブルショックだったんじゃないんでしょうか。

>毎回OPやEDが変わってる気がする。
どれが本当のOP・EDか分からなくなってきています。(笑)
しかしどの歌もいいですね。

>タイトルは「ダイアモンド・クレバス」
今回と同じようにEDで使ってくるのか、それとも違う使い方をしてくるのか楽しみです。
まったく使われない可能性もありますが。

>ビール飲みながらの更新だったからでしょう(笑)
いいお盆の過ごしかたですね。(笑)

マクロスFも残すところあと数話となり、今後は特に気の抜けない展開になると思いますが次回を楽しみに待ちたいと思います。
ではまた。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆マクロスF 第19話 「トライアングラー」

アルトは、飛行機雲でハートに矢をいれる。 ランカさんが帰ろうとするとクランに逃げるなと言われる。

◎マクロスF第19話「トライアングラー」

ランカが子供のときの回想が少し出る。アルトくんは、シェリルを迎えに実家に帰る。ランカさんは、パレードが行われる。しかし、午前はランカさんがいなかった。ランカさんは、アイ...

最後の数分で、なんと4つも超ド級ピンチフラグ発生!!これから、泥沼劇へ一直線っすか!? マクロスF第19話『トライアングラー』

【9月27日完成っす(≧o≦)】  眠っているランカの夢の中で語りかける謎の声。  それに反応するかの様に、アイが何処かへ逃げちゃいました...

マクロスFRONTIER 第19話

「トライアングラー」 EDの入り方が最高だった!! ミシェルには思わせぶりなことを言われたし、目の前で兄弟子に拉致されるわで、シェリ...

マクロスF 19話 トライアングラー

タイトルからpapanが勝手に期待していた展開をある意味大きく スルーされた感の今週 Σ(゚◇゚;) ルンルンなイメージを期待しつつ鑑...

マクロスF第19話「トライアングラー」

コミケ翌日で…相変わらずの筋肉痛…。 ペン入れ出来なくてごめん、ランカ…ブレラ…。泣 ちょ、マジで目が霞んできた。昨日も寝不足だったのにヤヴァイ。汗 ……すんません、新刊読んでたんで、ランカがツナ、 ブレラが雲雀様になっちゃいました…。滝汗 先週辺...

マクロスフロンティア #19 トライアングラー

今週もまだまだずっとシェリルのターン!ドロー!モンスターカード! ( ´∀`)つ■ マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)中村悠一, 遠藤 綾, 中島 愛, 神谷浩史, 総監督:河森正治/監督:菊地康仁おすすめ平均 7話のためだけにでも買う超大盤振る舞いw7話熱すぎ...

マクロスFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

早乙女家に潜入成功~(≧∇≦)/

マクロスF 第19話 感想

 マクロスF(フロンティア)  第19話 『トライアングラー』  この作品にはめずらしい回。  たまにはあってもいいかも!  -キャ...

マクロスF #19 トライアングラー

こっそり匍匐潜入したハズの早乙女のお屋敷で 矢三郎兄さんの余裕のお迎えを受けるアルト姫 海老で鯛を釣った、いやまて、鯛で海老なのか?...

(感想) アニメ 『マクロスF』 第19話 「トライアングラー」

GO!GO!5!フェス\'08からたった今帰ってきました~{/hiyo_en2/} 最高でした{/3hearts/} というわけでヘトヘトですが、マクロスがんばります{/face_nika/} OP前からいきなり美麗ビジュアル{/hiyo_uru/} 「ママが…いないの」 ランカというより背景に感動してしまった… ち...

マクロスF 第19話「トライアングラー」

バッドエンドにはなってほしくないなあ… 三島とグレイスの野望はついに大統領暗殺にまで。 船内にバジュラって…結局どうしたいんでしょうね。 次回オズマとキャシーは…かなりやばそうですね… ランカの歌を利用してやりたい放題の三島とグレイス、逆転になる要素...

マクロスFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

マクロスF 第19話感想です。 なんというトライアングラー(汗

マクロスFrontier 19話「トライアングラー」

『いなくなったをブレラと一緒に探すランカ。 ブレラの「誰のために歌う?」という問いかけに、 歌うことに疑問を感じ始めていたランカは、...

マクロスF 第19話 トライアングラーを視聴して

当ブログでは「マクロスF」はあまり取り上げていなかったのですが・・・ 第19話 トライアングラーを見る機会があったので、雑感など。 ...

マクロスFRONTIER第19話「トライアングラー」

 シェリルは、病院でグレイスと対峙。自分が抱いている全ての疑問をぶつけた。それに対する グレイスの答えは「アイドルという偶像に過ぎない。」という辛らつな言葉。更に子供の時の病気が、まだ完治しておらず死に至るという言葉を残し去って行った。「自分が死ぬ」と...

Navigation240 トライアングラー マクロスF

#19 トライアングラー 誰が為に歌うのか?

グラハムFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

キャシィ「はい、あ~ん♪」 オズマ「お、おい!」 キャシィ「11時(の方角)、ビルの角」

マクロスFrontier 第19話 トライアングラー

ランカの歌のおかげで、辛くも超長距離フォールドに成功したフロンティア船 団。 待ち受けるものは・・・。 本館にある続きを読む。

マクロスF -フロンティア-

 第19話 「トライアングラー」  公式ホームページからあらすじ・・・ いなくなったをブレラと一緒に探すランカ。ブレラの「誰のために歌...

マクロスF 第19話感想

※画像有り。ネタバレ注意 矢三郎のアニキになら掘(ry 妙にアニキが格好よすぎるwwww普段、目閉じてるキャラが開眼するとちょっ...

マクロスF(フロンティア) #19「トライアングラー」

――アルトくん……アルトくん……アルトくん! ――言うんだアタシ、伝えなきゃ、あたしの気持ち! 草原で母親が居ないと泣く幼いランカ・リー。そんな...

マクロスフロンティア #19「トライアングラー」

三角関係を挙げてみようか。 ランカ→アルト←シェリル シャーリー→オズマ←ボビー(ぇ クラン→ミシェル→アルト(だから!) MBSでは地...

マクロス FRONTIER #19『トライアングラー』

『トライアングラー』やっぱり(≧◇≦;)b イイ! たぶん今話だけの為なのEDに

マクロスF -フロンティア- 第19話 「トライアングラー」

シェリル「あたしはシェリル・ノームよ!歌おうが歌うまいが」 矢三郎さん「・・・え?超時空シンデレラ・ランカちゃんじゃなかった...

マクロス FRONTIER 第19話 『トライアングラー』 感想

感想 イラスト マクロスF 第19話 19話 †: シェリル『アルトのお母さんキャラで逝こうかと思います。』        ...

マクロスFRONTIER第19話「トライアングラー」

第19話あらすじ いなくなったをブレラと一緒に探すランカ。 ブレラの「誰のために歌う?」という問いかけに、 歌うことに疑問を感じ始めて...

「マクロスFRONTIER」第19話

 #19「トライアングラー」いなくなったあい君をブレラと一緒に探すランカ。ブレラの「誰のために歌う?」という問いかけに、歌うことに疑問を感じ始めていたランカは、自分の本当の気持ちに気づく。一方、シェリルは見舞いに訪れたアルトに、もう歌は歌わないと告げる・...

マクロスF 第19話「トライアングラー」

マクロスFの第19話を見ました。第19話 トライアングラーアルトは早乙女の屋敷を訪れ、ばれないように侵入するのだが新三郎に見つかってしまう。「お待ちしていましたよ、アルトさん。戻ってくれて嬉しいですよ」「戻ってきたわけじゃない」「同じことです。理由はどうあ...

マクロスF 第19話 「トライアングラー」感想

今週は、タイトル通りの展開でしたね。

マクロスFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

あい君の正体&女の戦い決着!!!?あい君の正体も明らかにされ、ランカとシェリルとの女の戦いも終止符を…(?)

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

ライオン いなくなったをブレラと一緒に探すランカ。ブレラの「誰のために歌う?」という問いかけに、歌うことに疑問を感じ始めていたランカは、自分の本当の気持ちに気づく。一方、シェリルは見舞いに訪れたアルトに、もう歌は歌わないと告げる・・・。
Recommendation
マクロス ヴァリアブルファイター デザイナーズノート
11月8日発売

サタデー・ナイト・クエスチョン
10月25日発売

S.H.フィギュアーツ マクロスフロンティア シェリル・ノーム アニバーサリースペシャルカラーVer. 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VE-1 エリントシーカー 約140mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking