海外でも人気なマクロスF 第10回

海外でも人気なマクロスF 第10回



海外マクロス10回目

今回は海外ネタとは言い難いけど


kaigai10.jpg

このブロガーさんにはげしく共感してしまう・・・


8月20日は現実でも夢の共演があったらしい・・・


いろんな意味で、ヤックデカルチャー!

海外でも人気なマクロスF 第10回


中国、韓国とまわってまた英語圏へ。

ひさびさの英語圏ですが、丁度ライオンが発売になったので、それに関してなにか記事ないかなぁとさがしてみました。

そしたら、いたよ!

熱烈なマクロスFファンが!

海外でそういう方を見つけるだけで嬉しいのですが、この方は記事もまた面白かったです。

なんか、自分を見ているような(笑)




はいでは、今回紹介する海外ブログさんは

2008y08m21d_200532437.jpg
Moe&Moe さん


Moe&Moeはブログのトップ画像でもあるように、萌え&燃えのようです。それにしても、海外のアニメブログには日本語のタイトル名が結構ありますね。それだけ、アニメがすきってことですね。

じゃあ、読んでいきますが、冒頭から激しく共感!!!

Gentlemen, I like Macross Frontier.~

みんな、オレはマクロスFが好きだ!みんな、オレはマクロスFが好きだ!

みんな、オレはマクロスFが大好きだぁー!


いきなりこれですよ(笑)
もう、読まずにはいられない!


この記事では、ランカ・リー=中島愛とシェリル・ノームstarring May'n について書かれています。
どうやら、この方日本語を読み書きできるようです。それは記事のなかでもわかると思います。
この記事では中島愛さんのまめぐめもMay'nさんの今日のMay'nディッシュの二つのブログの記事を取り上げてます。


では、二人写ったの画像の下に書いてあることから

最近、まめぐめもではブログ【まめぐめも】一周年企画!として、

その?
まめぐがあなたの質問に答えます!この機会にまめぐに聞きたかったことをドシドシお寄せください~!


その?

皆さんからのご意見をもとに

"まめぐ着声"

を作っちゃいます~!"こんな言葉が良い!"など、お寄せいただいたアイディアの中から、多かったもの・面白いもの・すこし変なもの?を選抜して公式モバイルサイトより配信します!


(まめぐめも 「ステー・ジデビュー・デイ」より)



を企画しているようで、9月1日から読者のコメントにまめぐが応えていくようなんですが、この企画に関してこのブログさんは、

もし、日本語が分からなければ、自分のブログにコメントを残してくれと。そして、それを自分が日本語でまめぐめもに投稿しますと記事に書いてあります。さらに、彼自身は、「アメリカで活躍することに興味があるかどうか」を聞きたいそうです。


なんか、すごくいい人ですね。海外のファンの声を代弁しようとする姿勢に拍手です!

ところで、みなさんは、このまめぐめもの企画知ってました?
私はこの方のブログを見て知りました。最近は彼女達のブログを全然チェックしてなかったので。最近、海外から得るマクロスF情報のほうがおおいな・・・。
この企画は日本のファンも必見ですよね!私もなにか聞いてみようかな?あと、着声って、公式モバイルサイトから配信されるようですが・・・。私のボーダフォン携帯ではダウンロード不可っぽい・・・。これを機に買い替えか!?


で、記事はまだまだ続きます。

その下には発売されたライオンのランキングについて書かれています。やっぱり、好きなだけあって情報が早いですね。3位になったことなどを記事に書いて、そのあと。

まめぐめもの記事に戻るのですが、ここからがおもしろい!

まめぐめもの「ライオン、がおーーーーーーー」に書かれてある、中島愛さんとMay'nさんが一緒にカラオケに行ったというのをよんで、彼は、


Wait, did I hear that right?

“Galactic Fairy” Sheryl Nome and “Super Dimensional Cinderella” Ranka Lee, together in a Karaoke Box.
(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚ Д゚)

YAKH DECULTURE!!!!!!


ちょっとまて、ホントかよ!?

「銀河の妖精」シェリル・ノームと「超時空シンデレラ」ランカ・リーが一緒にカラオケに?

(つд⊂)ゴシゴシ→(;゚ Д゚)

YAKH DECULTURE!!!!!!



kaigai10-1.jpg



確かに納得です、この気持ち。

シェリルとランカが一緒にカラオケですよ!

まさに、ヤックデカルチャー!


THIS IS ME は私にもあてはまるし(笑)




kaigai10-2.jpg


驚くべきは、歌った曲。

「ライオン」「射手座☆午後九時Don't be late」「星間飛行」を二人で歌ったらしい。
さらにMay'nさんはランカのニンジーン!も歌ったようです!


ホント、ヤックデカルチャー!


その場にいたら確実に鼻血だして倒れてるな、オレ(笑)


想像しただけでも倒れそうだし・・・


カラオケボックスになりたいと思ったのは初めてだ(笑)



その後、二人は「ライオン」を一枚ずつ買ったそうな。


ホント、すげぇな、この二人。。。



すげぇ・・・


で、Moe&Moeさんの記事の後半はMay'nさんの今日のMay'n ディッシュの「ライオン/ノーザンクロス」の記事のほぼ英訳です。


海外の話題ですが、海外の話題ではないような気がする今回の海外でも人気なマクロスF?

海外のブロガーさんは情報がはやい!

いや、私が遅いだけかも・・・

それはさておき、この方、ホントマクロスFすきなんですね。冒頭でもそうですが、記事の中盤ではゼントラーディの画像を自分に見立てて。 でも、その気持ちよく分かります。私もことあるごとに、ガリア4のゼントラーディになりますもん(笑)
海外にも同じ気持ちの人がいて嬉しくなった、海外でも人気なマクロスF?でした。


次回
再びアジアに戻ります。たぶん。
あまり期待せず、お待ち下さい。
ではでは。。。

海外でも人気なマクロスF 第11回
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>terakoさん

terakoさん、どうもです。

>記事の書き方や雰囲気が似てますね。
とりあえず、最初の文を読んで、取り上げねば!と思いましたよ(笑)
terakoさんもご存知のように、やってることがだいたい同じなんですよね(笑)ガリア4のゼントラーディのところとか(笑)

>私も全然知りませんでした。日本のアニメの情報を海外で知るのも変な感じですね。というかマクロスFの大半の情報源はこちらのブログなので、samadaさんが知らないことは私も知らない可能性が高いですね。
海外のブロガーさんの嗅覚には完敗です。我々はいつも情報を得られる立場だから必死になってさがそうということがないんでしょうね。彼らの苦労と熱意には心打たれるものがありますよ。こっちもがんばりたいのですが、その手の情報は日本のブロガーさんもやっていると思うので、うちは海外の方を紹介です。こっちのほうがおもしろいし。

>このままだとなかなか買い換えをしなさそうな感じがするのでいい機会かも知れませんね
ん~どうしますかね?結構愛着があるんですが・・・。もう少しボーダフォン携帯ネタを言っていきたい気もするし(笑)

>無茶苦茶聴きたいですね。どれも聴きたいですが特にMay'nさんが一人で歌ったらしい星間飛行を聴きたかったです。
May'nさんのブログの昨日(8/21)でもこのカラオケの話は綴られてましたね。たしかに、シェリルのキラッ☆がどんななのか見てみたい(ムフッ)その後二人でハモったようで、Wキラッ☆もあったかもしれませんね。これはもうたまりませんね。想像しただけで・・・どっか、別の世界にフォールドしていきそうです・・・・(笑)

>えらく斬新な表現ですね。同感ですが。(笑)
いや、でも、この空間にいたかった(なりたかった!?)ですよ、ほんと。使われたカラオケボックスの部屋は国の重要文化財に指定すべきです!(笑)

>あと海外シリーズもとうとう10回目ですね。
いつの間にか10回もやってましたね。結構、更新にムラがある記事ですが(今回は2つ同時だし)。とりあえず、海外マクロスFのカテゴリーを作りました。記事をはじめて見る方には見やすくなったかもです。

ではでは。。。次の?は韓国に戻ります。

感想

samadaさん、こんばんは。

>なんか、自分を見ているような(笑)
記事の書き方や雰囲気が似てますね。
アメリカ版samadaさんといったところでしょうか。(笑)

>最近、海外から得るマクロスF情報のほうがおおいな・・・。
私も全然知りませんでした。日本のアニメの情報を海外で知るのも変な感じですね。というかマクロスFの大半の情報源はこちらのブログなので、samadaさんが知らないことは私も知らない可能性が高いですね。

>私のボーダフォン携帯では
なにげにこちらのブログでよく"ボーダフォン携帯"が出て来ますね。
このままだとなかなか買い換えをしなさそうな感じがするのでいい機会かも知れませんね。

>シェリルとランカが一緒にカラオケですよ!
無茶苦茶聴きたいですね。どれも聴きたいですが特にMay'nさんが一人で歌ったらしい星間飛行を聴きたかったです。

>カラオケボックスになりたいと思ったのは初めてだ(笑)
えらく斬新な表現ですね。同感ですが。(笑)

>私もことあるごとに、ガリア4のゼントラーディになりますもん(笑)
12話以降何度もなられてますね。(笑)

Generalさんからコメントが来ていますね。マクロスFが好きだということがよくわかります。
あと海外シリーズもとうとう10回目ですね。今後も楽しみ待っています。
ではまた。










samada>W-Generalさん

W-General さん、はじめまして!
コメントしていただきありがとうございます。

>まさか、発足した2日ばかりの当ブログがこんな形で日本の方のブログで紹介されるなんて、とても嬉しいです。正直にいえば、おどろきましたww
それを聞いて、私も驚いています。まだ発足して2日しかたっていないなんて思えないほど、ブログ&記事に洗練されたものを感じました。なにより、W-General さんのマクロスFに対する愛を感じて、共感を覚えましたよ。

>自分にとって、燃え要素と萌え要素二つそろいは日本アニメの不可欠な部分なんですよ。
W-General さんも含め、海外のアニメファンの方は日本のアニメに対してとても分析的であったり、自分なりのこだわりを持つ方が多いですよね。だからこそ海外の方のアニメの記事は日本人の私から見るととても興味深くて、逆に情報を得たり、考えさせられることが多いです。海外の記事は私にとってとても新鮮で刺激的です。

>5話のラストにシェリルのライブとEDのダイアモンド・クレバスとのつながりは神ですね。鳥肌が止まりませんでした。
これはたぶん、5話ではなく6話だと思います、#6「Bye Bye Sheryl」。このダイアモンド クレバスは私の中でもすごく印象に残っている歌です。#2でもラストで効果的に使われていましたし、シェリルとランカが二人で歌う「ダイアモンドクレバス50/50」もありますし。マクロスFファンには思い出深い曲になるはずです。
そして、第20話では鳥肌ではなく、涙が止まらないはずです。ホントにいい曲ですよね、ダイアモンドクレバス。

>自称・声優オタ及びイベンターの私にとって、いつかまめぐさんとMay’nさんが米国でライブ公演することは夢なんです。
まめぐめもへのコメントで、中島愛さんからご返事がいただけるといいですね。W-General さんの思いに中島愛さんもきっとお喜びになることでしょう。アメリカでのマクロス事情がさほど、よくないようですが、マクロスFはきっと発売されると思いますよ。こんなDecultureな作品をほっておくわけがないはず。

>ヘルシングOVA第4巻のラストにあった少佐の演説のパロなんですが、ご存知でしょうか?
いえ、まったく知りませんでした。You Tube で見ましたが、かなり衝撃的な演説でしたね。ヘルシングという作品自体を知らないのでなんともいえませんが。

>最後に質問があるのですか、samadaさんはどうやって私のブログをみつけましたか。やはりGoogle Japanでしょうかw
Google です。Moe&Moeさんには「lion northern cross」をSearch Blogsしてたどりついたんだと思います。Google.com からのSearch Blogs から見つけたんだと思います。記憶が曖昧ですが、 Google Japan からではないですね。

>よろしければ、私のブログにもコメントしてください(日本語でおk)。相互リンクもよろしくお願いします。では、また。
これを書き上げたら、Moe&Moeさんへ行ってコメント書かせていただきます。先ほどもちょこっとお邪魔しましたが、すでにうちのブログのリンクが貼ってありましたね。ありがとうございます。こちらにもMoe&Moeさんのリンクを貼らせていただきます。


機会があれば、また記事を取り上げさせて頂きたいと思います。
ありがとうございました。
ではでは。。。

ありがとうございます

こんにちは、samadaさん。
どうも、はじめまして。萌え&燃え(Moe&Moe)の運営者、W-Generalと申します。

まさか、発足した2日ばかりの当ブログがこんな形で日本の方のブログで紹介されるなんて、とても嬉しいです。正直にいえば、おどろきましたww

当ブログのタイトル「萌え&燃え」は、ロボットアニメによくある「熱き友情・燃える魂・不滅の勇気」と「美少女キャラに対する萌える気持ち」のことです。自分にとって、燃え要素と萌え要素二つそろいは日本アニメの不可欠な部分なんですよ。まあ、とりあえず自己紹介「About this site」のページへどうぞ(ほとんど英語)。

ライオンはオリコン1位が取れなくては惜しいですが、3位も結構上出来ではないでしょうか。特に1位はあの嵐の新シングルですね...やはり一般人の力には敵いませんねww

マクロスFは本当にすばらしい作品だと思います。マクロスFの大ファンになったのは5話からです。5話のラストにシェリルのライブとEDのダイアモンド・クレバスとのつながりは神ですね。鳥肌が止まりませんでした。製作スタッフの用心に感心しました。まあ、時折の作画崩壊はちょっと残念なことですが、BD・DVDで修正すればこちらも文句なしですね。

自称・声優オタ及びイベンターの私にとって、いつかまめぐさんとMay’nさんが米国でライブ公演することは夢なんです。なのに、いまだにマクロスゼロとマクロス7がいろんな大人の事情(参照:Robotech)によって、米国で発売されていません。おそらくマクロスFもそういう運命でしょうか...

ちなみに、記事の一番上に書いてあった「Gentlemen, I like Macross Frontier...]というのは、ヘルシングOVA第4巻のラストにあった少佐の演説のパロなんですが、ご存知でしょうか? http://jp.youtube.com/watch?v=FO24uTTpfwQ へどうぞ

「諸君、私はマクロスFがすきだ。諸君、私はマクロスFがすきだ。諸君、私はマクロスFが大すきだ」...なんてねww

最後に質問があるのですか、samadaさんはどうやって私のブログをみつけましたか。やはりGoogle Japanでしょうかw

よろしければ、私のブログにもコメントしてください(日本語でおk)。相互リンクもよろしくお願いします。では、また。
Recommendation
マクロス ヴァリアブルファイター デザイナーズノート
11月8日発売

サタデー・ナイト・クエスチョン
10月25日発売

S.H.フィギュアーツ マクロスフロンティア シェリル・ノーム アニバーサリースペシャルカラーVer. 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VE-1 エリントシーカー 約140mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking