海外でも人気なマクロスF 第16回

海外でも人気なマクロスF 第16回 Sheryl or Ranka その2


Sheryl VS Ranka

sheryl-ranka-diamond.jpg

Fairy or Cinderella


勝つのはどっち?

海外でも人気なマクロスF 第16回 Sheryl or Ranka その2


今回、紹介するブログは、
TheFool-RankaVSSheryl.jpg

The FoolさんのRanka VS Sherylという記事です
いままで紹介してきたブログや、そのほか私が見てきた海外のブログでは、圧倒的にシェリルファンが多いです。もちろん、ランカファンもいますが。そんな中、こうして対立させて記事を書くということはなかなかないのでは?と思って取り上げて見ます。海外では珍しい、中立的な立場での記事です。シェリルとランカの記事ではどっちが勝つか目に見えているので、どちらにも寄らない意見の記事をと思って載せてみます。

ApperanceSingingBeing Manipulative/FunnyImagesの4つの項目でランカとシェリルを比べて勝者をできれば決めようとしています。

では、最初の項目から


Apperance

大部分のひとは、ランカについて緑の髪のロリと言うでしょう。もちろん、彼女にはシェリルの持つ大人の魅力が、とりあえず、まだない。

そして、もちろん、それは彼女たち二人のなかから一人を選べない理由の一つでもあります。シェリルは甘やかされたお姫さまのように振舞う(私はそれが結構好き)一方で、ランカはやることすべてがシェリルと比べると子供のようです。結果としてそれがランカに注目してしまう要因なんですが。
シェリルは大人の表情をもち、ランカはその行動からundescribableなかわいさをもつといったところでしょうか。

Winner: 勝者を決定することはできません。彼女たちは競ってさえいないし、二人は私たちの興味をそそる違った属性を持っています。ですが、二人がすることはホントに可愛くてとても満足のいくものです。




冒頭の部分は訳してませんが、読んでみればこの方が、最初から判定を下すつもりはないことがなんとなく分かるでしょう。
Apperance=見た目、ではシェリルが大人、ランカ=子供、ってのは誰が見てもそうですね。アニメである以上、見た目はかなり大事な要素ですよね。見る人によって好みがあるし。他のアニメでは、好きなキャラが分かれても対立ってことにはならないです、普通は。マクロスでは三角関係がテーマになっていて、その三角関係の行方がファンにとって気になるからこそ、こうした、ランカ好き、シェリル好きの区分けみたいなものができるのかなぁなんて思ったりします。ランカ対シェリルってのは、そんな背景で出来上がった視聴者の勝手な思い込みなのかも知れませんね。
この方は、そこをうまく避けて個々のよい部分を上げてますね。二人いれば必ず順位みたいなのがつくわけで。アルトをめぐって恋の火花をそこそこ散らしている二人だったから視聴者もどっちかを応援しなければならないように動かされたのかも知れません。三角関係がなければ、個々にそれぞれのファンがつくだけの話だったと思います。シェリルは大人の色気!?とか強さ、ランカはカワイさとなんとなくほっとけない(応援を誘うような)弱さが適当かな?
この方の述べるとおり、競う場が違うというのはそのとおり。持っているものが違うから平等には評価できないのも確かですね。
あと、思ったのは、二人の魅力は、お互いの存在があるから際立つってこと。
シェリルの大人っぽさはランカの幼さがあるからより大人の魅力!?とか、精神的に大人な部分が引き立ち、ランカの幼さはシェリルの大人っぽさがあるからより幼く見えそれが、ほっとけないというランカの魅力を生んでいるのかなぁと。二人がそれぞれの魅力を補完しあっているのも確かでは?



ハイ、次~

Singing

このブログでの一つ前のマクロスFの記事では、ランカの歌がどんなにいいものかを述べています。じゃあ、シェリルの歌はどうなのか?ランカとは少し違いますね。みなさんにとって二人の歌の良い部分を見つけて見たいと思います。

ランカの歌のよさが見られるいい例をご覧下さい。



ご覧のとおり、彼女はなんてかわいいんだというくらいの可愛さととてもいい感じの歌声で彼女のカワイさを有効に使っています。彼女のそんなカワイさが唯一あらわれていないのは、感情的な歌、アイモを歌っているときだけです。しかし、そのときだってGreatです。

ですが、ランカの「愛・おぼえていますか」はくそです。

一方、シェリルのいいところは、彼女のhigh-beat songsで、すごくいいリズムを私たちに与えてくれます。私たちが思っている以上にハイにさせてくれるはずです。

しかし、それとは逆の彼女のソフトな面が「ダイアモンドクレバス」では見られます。



では今度は第01話での彼女のhigh beat でスピード感のある歌についても見てみましょう。



何が言いたいかお分かりでしょうか?何かに立ち向かおうとするとき、シェリルの歌を聴くと、私は飛ぶことさえ出来そうな気がします。一方、ランカは部屋でリラックスしたいときに聞きたくなりますよね。

Winner: 二人とも。私は彼女たちそれぞれの歌がとても好きです。何度でも聞きたい。シェリル、ランカがともに歌っていて二人を比較できる、「What ’bout My Star?」という曲がありますが、それについては私はシェリルのほうがいい声で歌っていると思います。ランカの声は短音(伸びがない)なので、ここはシェリルの勝ちかと。私は、ランカのそれと比較するために、シェリルに「愛・おぼえていますか」を是非、歌ってほしいと思っています。



今度は、歌で勝負でした。
ランカにはきゅ~ん♪きゅ~ん♪なカワイさ。シェリルには射手座★午後九時~のノリのよさやカッコよさだけでなく、ダイアモンドクレバスで見せるしっとりとした魅力がありますよね。まったく同感です。
自分の気持ちをハイにもって行きたいときはシェリル、リラックスしたいときはランカ。
ここでも、それぞれ違った魅力がでてますね。
歌でも、なんとなく土俵が違う感じがする二人。唯一、比較できる「What ’bout My Star?@Formo」では私はそれぞれの持ち味が出ていると思います。が、この方は声の伸びについてでシェリルに軍配を上げてますね。言われてみれば、シェリルの歌声のほうが声の伸びがあって聞いていて気持ちいいのは確か。そういう比較の仕方もなかなかユニークですね。
でも、この声の質が彼女たちの持ち歌に大きく影響しているのも確か。シェリルは伸びのある声だから、ハイビートなスピード感溢れる歌が光るし、ランカは伸びはなくてもその声自体でリラックスさせる効果があるともいえる気がします。
あと、シェリルに「愛・おぼえていますか」を歌ってほしいというのは面白いですね。これも同感です。シェリルとランカを比較する上でということのようですが、単純にシェリルの「愛・おぼえていますか」はきいてみたいですね。

この項目の冒頭部分で述べられている、一つ前の記事はこれ→Ranka´s Show。主に第12話「ファステスト・デリバリー」の星間飛行についての記事ですが、ミンメイ、バサラ、ミレーヌとかと比較したりして面白い記事です。
the song Ranka sings, Seikan Hikou is just wonderful. Sheryls songs like Diamond Crevasse are also great
と、こちらの記事でも中立を貫いてます。





Being Manipulative/Funny

では、二人の他人への振る舞いについて見て行きましょう。

アルトを奴隷にまでするシェリルはこの点では二人の中で断然優れていると言えるでしょう。

一方、ランカは何かに向かっていっているというだけでよく私には見えてしまうし、何かをするという決意をする以前にもう達成してしまっているように見えてしまっていて、この点では悪いイメージが。でも、第12話のようにガリア4に飛んで戦いをやめさせたのを見ると、彼女は一度決心したら、まっすぐ進んでいく少女のようです。それは、彼女に好意的な人々には非常に好印象に受け取られるだろうが、他の面ではシェリルのほうが勝っているようだ。

Winner:他人を巧みに操る小悪魔シェリルが単純に唯一の勝者となるように思われます。一方、ランカは、マネージャー(エルモさん?)を簡単に引き寄せたこと、ゼントラーディの鼻血などを考えてみると、シェリルにかなり迫ってきているようにも思えます。、



Being Manipulativeは簡単に言うと、どっちが世渡り上手か?ってことですかね?他人をうまく扱ったり、他人のウケがよかったりとかそんなところでしょう。
シェリルは努力して今の地位に上り詰めた人だけあって自分からの行動が多そうですね。ですから、自分が操るほうじゃないと気がすまないたちの人間。でも、それをうまく実行してますよね。うまくアルトを手玉にとったり。
一方、ランカはオズマも言ってましたが、引っ込み思案。歌手になるって目標はあったけどそのファーストステップがうまく踏み出せなくてアルトに押してもらったり、ミシェルに今ここで歌えるとか言われたり。和訳はわかりずらいですが、多分、ランカが実際はウジウジしてこれといって何もしてないけど、がんばっている(悩んでいる)姿が描かれているってことでしょう。でも、決心すると戦場に現れて歌いだすというとんでもないことをしてしまう子ですってことかな。
この点では、圧倒的にシェリルの勝ちでしょうね。他人をうまく扱うのはシェリルは得意そう(笑)でも、本心を告げるのは二人とも苦手っぽいですがね。他人を引きつけるって意味では、ガリア4のこととかが描かれてますが、まぁ、あのゼントラーディの鼻血はシェリルの人気とランカの人気を比較する対象とはならない気もしますが・・・。まぁ、Being Manipulative/Funnyってことなんで。




Images

では、最後に。みなさんに楽しんでいただくために画像をいくつか羅列します。これらはちょっと大きかったり、実際のキャライメージと異なる部分もありますが、そんなの気にしません!ただ、載せたかったので。



いろんな画像ありますので、行って見てきてください。
アルトのメイドとか、プールでのアルト、ミシェル、ナナセとか結構やりたい放題な画像です(笑)個人的には最後の4コマ漫画のプルプル震えて笑いをこらえているシェリルに笑った。




Results

シェリル、ランカはそれぞれ違った魅力があるので、winner は決められません。


彼女たちはふたりとも愛すべき存在で、二人のうちどちらかを決めようと思っても私にはできません。
Ranka being the child who wants to get attention while she´s admiring those “above” her and Sheryl with her “adult” moods and “bitching”.

そして、最後に私からひとつだけ:
マクロスフロンティアを見ましょう!!それがファンとしてのルール!




ということで、Sheryl VS Rankaは勝敗つかぬまま終わりです。それぞれにいい面があって、競合する部分がないので決着がつかないといううまい対決の仕方でしめてくれましたね。なるほどといえばなるほどです。シェリル、ランカは性格、容姿、歌い方、などなどほぼすべての面で違った側面をもってますよね。比べるのは不可能。どちらが優れているかとか勝ち負けではないですしね。こうしていろんな面を比較してみると、シェリルだけ好きな方、ランカだけ好きな方には、それぞれのいい面も見れてよいのでは?とも思うのですがどうなんでしょうか?シェリルファン、ランカファンのみなさん?
Apperanceのところでも述べましたが、結局は、二人の魅力は、お互いの存在があるから際立つっているんだと思います。二人が対比的な存在であるからこそ、それぞれが光って見えるのであって、どちらか一方だけだったらあれほどの存在感は出ないと思います。

シェリルとランカは二人で一つの存在。
ってしめでいいですかね?(笑)
どちらも好きなので私的にはこれでいいんですが(笑)
でも、対比的な存在であるからこそ、どちらが好きかっていう選別も生まれてくるし、そこから三角関係の兼ね合いもあって、どちらが良いかとか、さらに発展して勝ち負けという判断が生まれそうですね。見る側にはそれぞれ好き嫌いがあるし、二人いれば必然的に順位めいたものがつくのは当然です。ってことで・・・

私的にはどっちもでいいんですが、なかには納得行かない方もいらっしゃることでしょうし、今回は、「Sheryl or Ranka」というサブタイトルもついた海外でも人気なマクロスFですから、決定的な結果というか、まぁ、見てすぐに勝敗が分かる情報を次回は取り上げます。

次は?か・・・マクロスF終わるまでに?まではいきたいですね。

海外でも人気なマクロスF 第17回
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>terakoさん

terakoさん、大丈夫ですか・・・。コメントを書いている場合じゃ・・・安静に。

>だいたいがどちらか極端に偏っていると思いますので珍しいですね。
まぁ、我々のように、どちらも好きって方は海外にも結構おられると思いますが、そんな方の記事にめぐり合うのがタイヘンです(笑)探すにしてもどう探していいか分かりませんし、ほとんど運ですね。こうして記事にめぐり合えるのは。

>実際は6.5(シェリル)対2.7(ランカ)対0.8(両方)ぐらいなんでしょうか?(少し細かすぎますが)(笑)
かなり細かいですね(笑)
でも、次の記事で、その比率も変わってくるかもです。
でも、私も大体そんなところかなぁと思ってますが。

>The Foolさんのような人が海外にもいてうれしいです
この方、どちらかというと、シェリルを推しているような気もしますが、きちんと両方のいい点を的確にあげているところがいいですよね。この記事を読んだ方にもシェリルファン、ランカファンがいそうですが、自分の好みの記事しか載せない私もどうなんだろうか・・・と思ったり・・・。でも、過去にはそれぞれの記事を載せてる気もするし、いいですよね。まぁ、見る方の好みに合わせられる記事でもないし。

>二人とも好きでいいんじゃないでしょうか?(笑)
もちろん!この二人は二人で一人です!私の中でずっと記憶に残るアイドルになるでしょう。完全にアニヲタですね。って気付いてなかったのは本人だけでしょうが(笑)

ホントに大丈夫ですか・・・?ゆっくり休んでください・・・というか、これを書いている時点で、次のコメントも来ているようなので、休んでいないようですね(笑)とりあえず、これを読んでいる頃には安静に。。。

感想

samadaさん、こんばんは。
だんだん熱が上がって来ました。(笑)

>海外では珍しい、中立的な立場での記事です。
だいたいがどちらか極端に偏っていると思いますので珍しいですね。

>彼女たちはふたりとも愛すべき存在で、二人のうちどちらかを決めようと思っても私にはできません
海外では7(シェリル)対3(ランカ)ぐらいの比率かと勝手に思い込んでいますが、実際は6.5(シェリル)対2.7(ランカ)対0.8(両方)ぐらいなんでしょうか?(少し細かすぎますが)(笑)
私もsamadaさんと同じで二人とも好きなのでThe Foolさんのような人が海外にもいてうれしいです。好き嫌いはもちろんあると思いますし、理屈じゃない面もあると思いますが、二人とも良いところがありますし、それぞれ持ち味があるので二人とも好きでいいんじゃないでしょうか?(笑)
ではまた。
Recommendation
マクロス ヴァリアブルファイター デザイナーズノート
11月8日発売

サタデー・ナイト・クエスチョン
10月25日発売

S.H.フィギュアーツ マクロスフロンティア シェリル・ノーム アニバーサリースペシャルカラーVer. 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VE-1 エリントシーカー 約140mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
2018年1月発売

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking