マクロスF 第25話 「アナタノオト」

恋と友情と惑星の運命が交差する
超銀河ラブストーリー




クロース・エンカウンター          ハード・チェイス          オン・ユア・マークス          ミス・マクロス

スター・デイト          バイバイ・シェリル          ファースト・アタック          ハイスクール・クイーン

フレンドリー・ファイア          レジェンド・オブ・ゼロ          ミッシング・バースデー          ファステスト・デリバリー

メモリー・オブ・グローバル          マザーズ・ララバイ          ロスト・ピース          ランカ・アタック

グッバイ・シスター          フォールド・フェーム          トライアングラー          ダイアモンド・クレバス

蒼のエーテル          ノーザン・クロス          トゥルー・ビギン          ラスト・フロンティア



マクロスF
第25話 「アナタノオト」



Firefox3、Internet Explorer7ではきちんと表示されましたが、Safariでは無理っぽいです。
モニターの大きさによっても多少変わってくるかもしれません(うちは1280×1024っていう大きさらしいが・・・とりあえず、私のPC&モニターで最適化する記事です(笑))きちんと表示されないPCの方はあしからず。いちお、こうなります→? ? ? ?


マクロスF 第25話 「アナタノオト」



シェリルとランカの歌、ゼントラ盛り!

ラストに相応しいラスト

第25話「アナタノオト」26


ヤックデカルチャー

第25話「アナタノオト」



マクロスF最後のレビュ~

第25話「アナタノオト」68

いくわよ、みんなぁ!




マクロスF 第25話 「アナタノオト」




ついに最終回を迎えたマクロスF
最終回に相応しい最終回でした。これまでのマクロスFのよい部分を総動員した超スケールな最終回。ここまですごいことになるとは思っていませんでした。よくここまで詰め込んだなと。息つく暇のない怒涛の展開。歌と映像とストーリーの融合。すべてのシーンが素晴らしかった!最終回でも視聴者の期待の上をいくクォリティを見せてくれたマクロスFは最高のアニメです!見ることができてよかった!マクロスFを知ることができてよかった。ホントによかった、マクロスF第25話「アナタノオト」




では、はじめから。
ちょっと画像載せすぎで記事自体は軽め(笑)最後は画像で楽しんで!
今回、OPなし。ライオンはとりあえず、前回の第24話で聞き収めでしたね。でも、、、後半にはそれ以上のものを聞けたし。大満足な最終話でした。

第25話「アナタノオト」1

アルト機が被弾し、バトルフロンティアにバジュラの母艦から主砲発射!?ってときに、やっぱり、来てくれたマクロス25!すべての真実とともに真の敵を倒すべく登場したマクロス25。登場シーンがカッコよすぎたし、大活躍でしたね!マクロス25といったら「インフィニティ」それも聞けた最終回。すごかった・・・。ってことで、バジュラの母艦の主砲発射を寸でのところで防いだ、マクロス25。満を持してというか、これで役者は揃ったといったところですね。カッコよすぎ!


最終話はどの会話を聞いてもジーンと来る。普通の会話なんですが・・・。キャラの言葉ひとつひとつに燃えたね!これまでの24話の集大成というか、24話の重みがシーン毎、キャラの言葉の端々に感じた最終回でした。

「遅いぞ、オズマ」
「すまん。野暮用があったんでな」


第25話「アナタノオト」2

「オズマ・・少佐・・・」
「バカ者!隊長と呼べ!スカル3!」


泣ける・・・。オズマってなんていい漢なんだ!スカル小隊フォーエバー!こんないい漢、めったにいないんだからね!もちろん、オズマ以外ありえません。カッコよすぎます!アルトやルカを巻き込むまいとあえて彼らに別行動をとらせた彼の計らいと、それを阻止せざるを得なかったルカやアルトの気持ちも慮るオズマは最高の上司だ!こんな漢が現実世界にもいたら迷わずついて行くのに・・・。


第25話「アナタノオト」4

我々は帰ってきた


普通の言葉ですが、重みがある一言。帰ってきたというと、「ソロモンよ、私は帰ってきた!」をどうしても思い出してしまいますが、それとはまた違ったよさがある一言。窮地を打開する救世主ってとこでしょうか。メサイアを引き連れての登場だけに。


第25話「アナタノオト」3

艦長からバトルフロンティアへの通信で真実が告げられ、レオンの陰謀も明らかに。あっさり退場のレオン。結局、小者だったレオン。最終回でレオンに割ける時間はほんの少しだけでした。これまでの経緯を考えると、彼はもう少し描かれてもよかったかなぁ?とも思いましたが、悪は一人でいいって感じですね。レオンとグレイスとマクロス25で三つ巴の戦いも面白そうな気もしますが、レオンに人を引きつけるような力はないし、グレイスに対抗するほどの戦力もなかったわけで。最終話のスケールを考えると彼のキャラや野心はそれにおおいに引けをとるかたちだったんだろうし、彼の退場は妥当だったのではと思います。


第25話「アナタノオト」6

マクロスクォーター & バトルフロンティア

そして、本格的なストーリーが・・・。
・・・の前に、番組開始早々からアルトの安否が確認されました!まぁ、死ぬはずないと誰もが思っていたからね。

「証拠なら・・証拠なら、あるっ!」

「あれは、ランカじゃない!あのまやかしを撃て!」



第25話「アナタノオト」5
バトルギャラクシー


アルトの安否にシェリルも一安心と行きたいところですが、ストーリーはサクサク進んで、マクロス25がビッグランカに砲撃!で現れたのは、バトルギャラクシー。まだ始まって5分も経ってませんが、スゴイ展開の連続に目が放せなかった最終話。こんなのもいきなり登場し、さらにゴーストV9、さらにバトルフロンティア、のっとられたバジュラのクィーンなど、すんごい戦闘になること必至な展開。


第25話「アナタノオト」7


「スカル3より、スカル4へ」
「聞えたら応答せよ!」

ルカは普通ですが、聞えたら応答せよ!の声はチビクラン!?


第25話「アナタノオト」8

「さぁ、受け取れ、アルト!貴様の機体だぁ!」


アルトがついにVF-25に乗り換えることに。
まぁ、ここも大事なシーンですが、その前に!?クランがスカル2に!?乗ってる!?なんという鉄板演出!ミシェルの機体にクランが!胸がジーンときた。もう、たまんないですね。ミシェルフォーエバー!
開始からまだ5分もたっていないはず。この数分の間に何度心震えたか・・・。スゴイ最終回です。多分この言葉、今回の記事では連発します。ご了承ください(笑)


今度こそ、ランカを助け出す!だから・・お前の力を貸してくれ!

お前の歌でアイツの目を覚ましてやってくれ!


第25話「アナタノオト」9

お前の歌で!!!


手を膝についてハァハァしているシェリルはもう限界っぽい。ですが、アルトのお前の歌で!っていう言葉に最後の力を振り絞って・・・。シェリルにとってランカを助けることが最後の仕事だと考えているようで・・・。これまでのシェリルの心情や経緯を考えると、ポロポロ、ポロポロと涙がでそうなくらいせつないのはもちろんですが、歌うことそのものを最期までつづけようとがんばるシェリルはどこまで強い人間なんだとちょっと素にもどって感心してしまいました。マクロスF後半のシェリルはすごく辛い状況に置かれていましたが、そんな状況でも強いシェリルでいなければならない(もちろん、彼女自身が歌いたい!と望んでいる)のが同情を通り越し、賞賛の域に達しています。やっぱりスゴい、シェリル!
そして、


第25話「アナタノオト」69

いくわよ、みんなぁ!


もうダメ。そんなシェリルに半泣きです。ホントスゴイ最終回。
なんて偉大なんだ、シェリル!ヤックデカルチャー、シェリル!!!!「いくわよ!みんなぁ!」なんてしびれるお言葉!一人で視聴しているはずなのに感じる一体感は何?第25話見た方ならきっと感じたであろう、この一体感。シェリルの言葉で物語にさらにひきつけられた瞬間。冒頭で、ランカについてシェリルは「これが、あの娘の本当の力?」とつぶやいていますが、シェリルにも言ってあげたい!視聴者をマクロスFという物語に引き込むあなたの言葉、そして歌、ライブを見ているような一体感を生むパフォーマンスこそ、シェリル・ノームの本当の力だと!シェリルは本当にスゴイキャラ。「わたしの歌をきけぇ~!」や今回の「いくわよ!みんなぁ!」の一言で、心震えます。その一言の先にある歌、パフォーマンス、キャラそのものが見る前からいいものだと、脳が勝手に判断するらしい。私が、ここ半年で獲得した条件反射です(笑)きっとこれを読んだあなたにも同じ条件反射があるはず!っていうか、みんなそうだよね!

そして、「ノーザンクロス」

第25話「アナタノオト」10

第22話「ノーザンクロス」でシェリルが歌ったときにはいまいちピンと来なかった。レオンの大統領就任祝いって・・・っていう背景が気に入らないのと、戦闘シーンに変わってもそれをひきずってしまって・・・。でも、今回は最高の「ノーザンクロス」でした!「射手座☆午後九時Don't be late」を超えるシェリル渾身のラストソング!か?と思って聞いていたので、ホントよかったです。シェリル、すげぇよ、シェリルすげぇ!まだまだ始まってたいした時間たってない(笑)ホント、今回はすげぇ!でもこの後、このシェリル渾身の「ノーザンクロス」をゆうに超える歌たちが!?もう、褒め称える形容詞がないくらいスゴイ最終回でしたね。でも、この「ノーザンクロス」もサイコーでした!


思わざれば花なり 思えば花ならざりき

第25話「アナタノオト」11

ただ、感じるままに・・・オレは飛ぶ!


アルトに聞えた「助けて・・・」というランカの心の叫び。

第25話「アナタノオト」12

これまでアルトが悩んでいたのが自分のアイデンティティだったというのが最終話になってやっと分かった私。自分自身は何をなすべきか?どうふるまうべきか?兄弟子の矢三郎の言葉にもありましたが、アルトはずっと他人が望む自分を演じてきて、自分というものがなんなのかつかめなかったんですね。シェリル、ランカに出会って、夢に向かう姿を目の当たりにしたりして自分もパイロットになる決意をしつつも感じる空虚さと中途半端さ。そんな自分にいつまでもついてまわる「思わざれば花なり 思えば花ならざりき」ランカへアドバイスした言葉にもかかわらず、役者をやめ、家を飛び出してから演じることだけをしてきた自分。シェリル、ランカという二人の少女に出会うことで刺激を受け、やっと本当の自分を見つけ出せたアルト。「ただ、感じるままに・・・オレは飛ぶ!」本当の自分がしたいこと、しなければならないことを見つけたんだなぁと。ここも結構感動です。アルト覚醒!?というか、吹っ切れたというか、アルトの成長の物語ここに極まったって感じで。アルトってシェリル、ランカのどちらかを選ぶ人っていうふうにずっと見てきたけど、マクロスFはアルトの成長の物語でもありました。最終回になってやっと気付いてごめんなさい、アルトくん。そして、最終回にしてやっと主人公の風格を身に着けたアルトに拍手!
アルトがVF-25を誘導するシーンはどっかでみたことあるような・・・マクロスプラスのオマージュだっけ?そんなシーンも織り交ぜながらいよいよ、ランカ救出開始!



スカル小隊、全機発進!

突撃ラブハーーート!

第25話「アナタノオト」13

マクロスF全編を通してファイヤーボンバーなオズマ


ミシェル、わたしに力を!

第25話「アナタノオト」14

ミシェルがいないスカル小隊・・・orzでも、クランなら許せるスカル2


シモン、ヨハネ、ペテロ、今、君たちの頚木を解き放つ!

第25話「アナタノオト」15

ユダシステムリリース!


やっと見せ場ができたルカ。よりによって最終回でなんて・・・。もっと早くに見せ場があればナナセにたいしても自信がもてたかもしれないのに・・・。



ランカ、聞えるか!オレの声が!シェリルの歌が!

第25話「アナタノオト」16

微弱なフォールド波がランカに伝わってランカの目を覚まさせた瞬間。アルトの言葉がアツい!主人公らしい活躍でした。アルトの言葉が届いてランカが正気に戻ったからこそ、大逆転が始まるわけで・・・アルトよくやった!

第25話「アナタノオト」17

ランカァ~!!!



超時空生命体バジュラ
バジュラのクィーンと接続が終わったグレイスがついに・・・

第25話「アナタノオト」18

いよいよ、登場のバジュラクィーン featuring グレイス
すべてのバジュラを支配下に置き、銀河をネットワークで支配したグレイス。ここから怒涛の攻撃が・・・。すべてのバジュラを支配下においたグレイスの力で地球のマクロスシティやマクロス11にもバジュラの攻撃が・・・。次元断層とかいうので攻撃もきかず無敵状態のグレイス。シェリルももう力尽きようとしているし・・・マクロス25もなす術なし・・・アルトも被弾・・・。

第25話「アナタノオト」20


それにしても、今回の映像のクォリティは半端じゃないですね。マクロスFが始まった当初は戦闘でもバジュラ対メサイアという宇宙戦であってもほぼ一対一な感じが多かったですが、回を追うごとに戦闘のスケールが大きくなり、最終回では、惑星をバックに無数のバジュラとその母艦、フロンティア陣営のバルキリーなど、スケールが大きくなってますよね。美麗CGで描かれるバルキリーやバジュラが違和感なく、戦闘宙域全体が非常に映える構図が見ていて気持ちいい!こんな絵が見れただけでも幸せです。。。


第25話「アナタノオト」19



で、ついに、超時空シンデレラのお出ましです!
ここのところランカ自身の見せ場がなかったので、待ち焦がれた~。


第25話「アナタノオト」22

まってたよ!ランカ!


最終話のタイトルどおりアナタノオトで形勢逆転!
ランカの歌が広がるとともに戦況がいっきに変わる様に鳥肌は立ちました。シェリルの歌の力だってすごいけど、ランカの歌の力だってすごい!


「さぁ、歌うんだ!ランカ!」
ブレラいい!なんていいキャラに成長したんだ、ブレラ!

第25話「アナタノオト」21

「悲しみも怒りも喜びも思いのすべてを歌にのせて!」

ホント、最終話はどのシーンを見ても感動だぁ~!ブレラいい!


第25話「アナタノオト」24

「そう、今度こそこの戦いを止めてみせる。それがオレたち兄妹の償い」

オレもランカのお兄ちゃんになりたかったけど(笑)ブレラには負けました(笑)さすが、実の兄!でも、お兄ちゃんの見せ場はこれにとどまらないところが最終話の凄味です!このシーンも感動したけど、あとのシーンのほうが感動。まさか、あの二人が協力するなんて!?もう感動の連続の最終話!

ランカのアナタノオト

第25話「アナタノオト」23

シェリルの歌が力強く戦いの士気を高めるなら、ランカの歌はやさしくつつんで戦いを終わらせる歌。ランカの持ち味全開のアナタノオトが広がっていく様にもジーンときました。グレイスが支配下に置いたはずのバジュラたちまでランカの歌に反応!ランカ、すごいよ!ホントにホントに大きくなって・・・。この娘はどこまでも大きなキャラになっていきましたね。心にジーンとくるランカの歌もサイコーです!


第25話「アナタノオト」25

そして、シェリルにビンタ&アルトも登場してシェリルを死の淵から救う部分にも感動。

第25話「アナタノオト」26

お前が、お前達がオレの翼だ!


もう、アルトがどちらを選ぶとかどうでもいい展開。三人の力で・・・ってとこですね。そして、シェリルの体内が!?ランカと同じようにバジュラと共存!?することで、更なるビックリ展開が・・・。シェリルがこんな風に回復するのは予想はできていましたが、それによってバジュラに思わぬ影響を与えるなんて!?そのおかげでアイランド1も助かったわけだし。ホントすごいことになってる最終回。なにもかもがゼントラ盛り。
お前が、お前達がオレの翼だ!
シェリル、ランカがいたから今のアルトがいるわけで。この二人に出会わなければ、つらい運命に立ち向かうこともなかったけど、ずっと、思えば花ならざりきな自分だったはず。アルトを愛したシェリル、ランカがアルトからもらったものより、アルトが二人から得たもののほうが大きいと感じたシーン。


第25話「アナタノオト」28
第25話「アナタノオト」27

OPのトライアングラーを思い出しますが、第01話から流れていたOPの映像がこういう形で物語の最終局面に現れるのはとっても感慨深いですね!
これまでの24話が頭の中を駆け巡ります。シェリル、ランカと出会い、お互い刺激を与え合って・・・パイロットになると決意して、バジュラと戦う中で、大きな陰謀に巻き込まれ・・・ミシェルとの友情を深め、突然訪れた別れ・・・アルトは万能ではありません!普通の10代の少年。そんな少年が短期間に過酷な運命に巻き込まれ、自分自身を見つけ出そうとした物語。アルト、お前はがんばったよ!最終的にシェリルもランカも救ったアルトに最大限の賛辞を!
シェリル、ランカを両翼にアルト出陣です!もう、なんだろう・・・言い表せない感動が・・・。


シェリル完全復活でライオン!

第25話「アナタノオト」29

もう、ここからは歌を惜しみなく使うすんごい展開の連続!
シェリルの命が助かってホントよかった(涙)これでマクロスF後半の展開に絶えてきた甲斐があったよ、ホント。ほんとによかった、シェリル!絶望から復活した歌姫は復活と同時にライオン熱唱!でも、これがただのライオンではなかったわけで。少しテンポがはぇ~なぁと思ってましたが・・・



そして、艦長演説!アツい!

この戦場にいるすべての兵士に告げる

第25話「アナタノオト」30

己が翼に誇りを持つ者よ、我と共に進め!



感動の連続の最終回でまたまた感動の言葉。艦長の言葉は重い。マクロスFの最終回をさらに引き締める艦長の言葉にぐっときたのも束の間・・・ホント最終回は息つく暇もなく怒涛の展開の連続です。


第25話「アナタノオト」31

ボビーさん、かっけぇ!

第25話「アナタノオト」32

ライオンがインフィニティへ。インフィニティと言えば、「ファースト・アタック」でのマクロス25のトランスフォーメーション。期待通り見せてくれました!一度やったことのある組み合わせだけど、あまりに印象深かった「ファースト・アタック」の1シーン。最終回でも似た展開が見れるとはなんとサービス精神旺盛なマクロスF。

第25話「アナタノオト」33


ってことで、バトルギャラクシー内で囚われているランカ救出の道筋を作るマクロス25。そして、助けるのはもちろん、アルト!やっと助けに来てくれたね!おめでとうランカ!まぁ、三角関係という概念自体が崩壊した最終回でアルトがランカを助けたからっておめでとうもないんですが、好きな人に助けてもらえた喜びはこの上ないものでしょ?きっと。姫が抱っこでランカ救出!第01話でアルトがシェリルのライブで同じようなことしてたのを思い出しました。あれから半年。月日が経つのは早いね。

第25話「アナタノオト」34

なんてこと思っているうちに「娘娘サービスメドレー」はなんと!キューン♪キューン♪シェリルが「私の彼はパイロット」を!ほんの少しでしたが、とっても新鮮なシェリルの「私の彼はパイロット」でした。アルトがランカを救出するほんの少しの間に終わってしまったそれの次は「ダイアモンドクレバス」ここでグレイスからすんごい攻撃がアイランド1に直撃か?と思われましたが、


第25話「アナタノオト」35

まさか、バジュラに泣かされるとは・・・

このシーン個人的にすごく感動した!このシーンもヤックデカルチャー!
羽を広げたバジュラの大群が盾になってアイランド1を救う超展開!これにはホントビックリ&感動でした。まさかバジュラに感動させられるなんて・・・ホント怖ろしいアニメ、マクロスF。

そして明かされるバジュラの謎。

第25話「アナタノオト」36

高度なネットワーク網でつながったバジュラには個人という概念が理解できなかったようで・・・人類の中で唯一フォールド波の通じるランカを仲間だと認識し、理解不能の人類から助け出そうとしていたらしい。第117調査船団の壊滅もランカを救うためのことだったようですね。フォールド波の通じるもう一人の存在、シェリルが現れたことで、「個=群れ」の認識しか持っていなかったバジュラはシェリルとランカのフォールド波の違いを認識し、人類がそれぞれ違う意識や気持ちを持った生命体だと理解したようですね。運がいいというか、都合がいいというか、バジュラが「個=群れ」という設定、ネットワークで群れ全体がつながる特性があったため、一匹に気持ちが伝われば、全個体にその認識がコピーされるといううまい設定のためバジュラの大群がアイランド1を守るという超展開が実現できたのですね。
まぁ、あっさりしすぎなバジュラの謎解き終了でした。

でも、本編はそんなこと考えさせる暇もなく・・・


みんな、抱きしめて!銀河の、果てまでー!

第25話「アナタノオト」37

抱きしめます、銀河の果てでも、どこまでも!(笑)


で、もちろん歌は星間飛行!

第25話「アナタノオト」38

キラッ

第25話「アナタノオト」39

で、でかっ!?

今回のキラッの星は特大でした(笑)さすが、最終回!こんなサービスめったにしないんだからね!といわんばかりの特大キラッ日本中いや、世界中が鼻血&倒れそうになったはず(笑)
やっぱり、キラッはいいなぁ~♪

バトルフロンティアに銀河の妖精
マクロスクォーターに超時空シンデレラ
二大歌姫が揃ったところで、アルトも再び出撃!
メサイアで敬礼もどこかで見たことある展開でしたね!惜しみないサービスの連続の最終回です!

第25話「アナタノオト」40



星間飛行からWhat 'bout my star?へ
グレイスは断層フィールドなるバリア的なものを広げ攻撃を受け付けない状態に。でも、ここでまたバジュラがその断層フィールドをこじ開けるというバジュラにしかできない荒業を披露。人類とバジュラのこんなかたちでの協力、誰が予想した?共存か?までは予想してはいましたが、いざ現実的な話になると驚きのほうが多いですね。「全軍、バジュラにつづけぇ~!」ってそんなセリフ考えられなかったですよね(笑)スゴいラストだ。。。バジュラすげぇ!バジュラってなかなかカッコいいし、絵になりますよね。

第25話「アナタノオト」41

バジュラがこじ開けた断層から侵入しようとするマクロス25とバトルフロンティアでしたが、道が一つってことはそこを集中攻撃すればいいわけで(笑)バトルギャラクシーの攻撃をモロに受けるマクロス25とバトルフロンティア。ほぼ直撃って感じで、それぞれの主砲が使えなくなったのですが、これも計算のうちだったようで。格闘戦!

ここからがまたアツすぎる展開!

カナリアさーん!

第25話「アナタノオト」42

久々のケーニッヒモンスターが被弾しながらも、ドカーンと花火を。相変わらずケーニッヒモンスターはすげぇ!カナリアさんカッコよすぎ!カナリアさんにはもっともっと戦闘で活躍してほしかったのですが・・・。最後にカナリアさんの活躍も見れて本望です。
そして、


今だ!マクロスアタック!

第25話「アナタノオト」43

歌はライオンとWhat 'bout my star?
歌もすごかったですが、マクロス25がバトルギャラクシーの主砲を攻撃するシーンとバトルギャラクシーの格闘戦の連携がすごかったですね。バルキリー戦とは迫力が違う!見せ場作りすぎだから・・・最終回。。。普通のバルキリー戦とはスケールの違うマクロスの戦闘が光った最終回でもありますね。とくにマクロス25は活躍しすぎ!ボビーさん、アンタすごいよ!最終回でやっとという感じ(それ以前もちょこっと出てた気もするけど)でお目見えしたバトルフロンティアがもったいない。もう少し前から強攻型を見せてくれればよかったのにぃ~。レオンが退いた途端、活躍するバトルフロンティアって考えると面白いけど(笑)



行けっ、アルト

第25話「アナタノオト」44


我らの未来を

第25話「アナタノオト」45


僕達の希望を

第25話「アナタノオト」46


アルト、お前に託す!

第25話「アナタノオト」47

視聴者の心も撃ちぬいたミシェルのライフル

最後はミシェルのライフルでって、ホントなんていったらいいか・・・。胸にグサッと刺さったよ、この展開!この時点で、私の心はミシェルのライフルに撃ちぬかれました。また、泣かす気か!すごい展開の連続ながら一つ一つのシーンが確実に心に来るのはこれまでの24話がすばらしいドラマを作り上げてきたから。確固としたベースの上に成り立った壮大なスケールの最終話で、それぞれのシーンがこんなにも活きるのはマクロスFすべてがヤックデカルチャーだから!最後のとどめはミシェルのライフルで!ひとまず、これでぐっと来る展開はもう終わりだなと戦闘終了後の展開に思いをはせていたら・・・最後のビックリ展開!
で、歌はライオンと愛・おぼえていますかにかわって・・・


貴様を援護する!

第25話「アナタノオト」48

ブレラァーーー!お兄ちゃん!

目を見張る活躍&存在感のブレラ。
私は最後は絶対死ぬだろうなと思ってたキャラの一人だったのですが・・・死なねぇし・・・。でも、マクロスF後半の彼を見たら絶対に死んでほしくないキャラですよね。で、これまた最終話ではカッコよすぎる!貴様を援護するって・・・ブレラがアルトを援護なんて考えられない展開。ライバルは最後は協力して終わるって考えるとなんかありきたりなラストに思えますが、ブレラとアルトがなんて・・・ありえない・・・考えたこともなかった・・・。これまでアルトはブレラにやられっぱなしだったから、最後にブレラ越えをするのかなぁ・・・なんて思ってましたが、手を組むなんてね。最後のブレラには鳥肌モノでした。。。

第25話「アナタノオト」49

人は結局一人。
でも、一人だからこそ、誰かとつながりたいと思う。納得です。
マクロスFを見て、ブログの記事を見たり、コメントを書き込んだり、トラックバックを送ったり・・・公式HPで情報を得たり・・・グッズを買ったり・・・
マクロスFを見て、みんな思うことも違うけど、同じ気持ちの人を探したいし、違う意見でも、あぁ、納得と思うこともあるし。自分の考えは自分だけのものだけど、その考えを他の人と共有したいし、自分と違う考えの人が何故そう思うのか知りたいし。私だってきっとそう思うから、毎回、毎回、ブログで記事を更新してました。読んでくださった方だってそうでしょう?きっとそうだから、マクロスFを愛していたからでしょ!ブレラとアルトの最後の言葉にそんなことを感じました。制作側の意図とは全く違う視点だと思いますが、間違いではない!みんなマクロスFが好きだから、マクロスFでつながりたいからネットでもこんなに盛り上がったんだなぁと純粋に納得です。



もう、言葉はいらない

第25話「アナタノオト」50


第25話「アナタノオト」51


第25話「アナタノオト」52


第25話「アナタノオト」53

第25話「アナタノオト」55

第25話「アナタノオト」56

第25話「アナタノオト」57

第25話「アナタノオト」58


アルト、ブレラそして、シェリル、ランカ
4人の力をあわせ、グレイスの野望を打ち砕くアルト。
シェリル、ランカの後光を受けたアルト機がアーマードパックを外し

第25話「アナタノオト」54

そして、最後はミシェルのライフルで


ミシェルは別格のキャラに成長してしまいました。シェリルとランカの愛の力と永遠の友情でピリオド。ミシェルフォーエバー!グレイスを撃ち抜いただけでなく、視聴者の心を感動で撃ちぬいたミシェルのライフルによるラスト!クランやアルトの心の中だけでなく、私たちの心の中にもずっと残り続けるミシェル、ありがとう!そして、こんなラストを用意してくれたスタッフのみなさん、ありがとう!


ラスト
新天地に到達したマクロスフロンティア

第25話「アナタノオト」60

バジュラが敵から味方にかわり共存へとすすむのでしょうか?
「でしょうか?」は最終話で使うまいと思いましたが、番組が終わった途端、あんな情報があるんだもん。最後の記事でまた私の当たらない予想ができると思うとちょっとうれし(笑)まぁ、それは後にとっておくとして、地上に降り立ったシンデレラと妖精。ホントにお疲れさま。二人がいたからフロンティアは助かったし、新天地を見つけることもできたし。何よりも二人がいたからマクロスFを全話見ました!皆さんもきっとそうでしょう?


第25話「アナタノオト」61
第25話「アナタノオト」62

シェリルさん、私、負けません!

歌も、恋も!

第25話「アナタノオト」63

受けて立つわ!



ここから始まるんだね


そして・・・トライアングラー再燃。。。
ここから始まるんだね。
結局、振り出しに戻ったけど、あの頃とはもう違う三人。それぞれが成長し、いろんなことを経験し、これからがホントの恋の始まり。三角関係は現在進行形のままでいい!
結局のところ、アルトがどちらかを選ぶっていう展開にはなりませんでしたね。中盤ではすごくイライラしたけど、どちらも選ばないエンディングは私個人としては理想的でした。シェリルもランカも悲しまないいい展開に万歳!
これに関してはひとそれぞれかとも思いますが、こういう結末なんだから仕方ないです(笑)異論がある方はアルトが選択したのは「空」と思ってもらうのが一番いいんじゃない?(笑)

シェリルとランカ
今回のことでお互い助け、助けられ。
はじめはシェリルがランカに興味を持ち、アドバイスをしたことから始まった関係。ランカは、超時空シンデレラや希望の歌姫ともてはやされ、歌ではシェリルを超えたかに見えましたが、恋に関してはやっぱり勝てないのかなぁ?と思っているはず。シェリルはずっとアルトがランカのことを気にしているのに気付いていて、さらに、歌でもランカに負け・・・病気にもなり・・・。お互いが相手に対して負けたと感じてもいる二人でしたが、今回のことで、アルトも含め絆を深めた二人。お互いを認めつつ、改めて歌に恋にとお互いを高めていこうとする二人に感動です!受けて立つわよ!のシェリル、最後の最後で大サービスですね!こんなサービスめったにないんだからね!っていうかもう、絶対ないんだからね!いや、劇場版が・・・
いずれにせよ、二人とも助かり、以前よりも絆が深まったよい関係、永遠のライバルになった二人にヤックデカルチャーですね!彼女たちへの賛辞はそれでも足りないくらいです。

帰ってきたらゆくっり聞かせてもらうわと言っていたシェリル・・・。
アルトは覚悟したほうがいいですね。シェリルだけじゃなく、ランカだって成長して、シェリルに宣戦布告だし・・・。これまで以上に、三角関係に悩むアルトくんでした(笑)そして、困ったときは、エクスギアで、空へ逃げて、「もうぉ~×2」・・・みたいな展開が容易に予想されますね(笑)


第25話「アナタノオト」65

ナナセ × ルカ

第25話「アナタノオト」64

愛すべきキャラたち

みんなよく生き残ってくれた!


第25話「アナタノオト」66

がんばった主人公
ちょっと太った感じ?幸せ太りか?(笑)




劇場版
最後に突然でた情報。いつになるかは分からないけど、またこのメンバーに会えるのはこの上ない喜びですね。
で、劇場版はもちろんオリジナルストーリーで!
でも、マクロスFがガンダム00やコードギアスとかと違って全国放送ではないことを考えると、テレビ版のまとめとかもありえるかなぁ?でも、それじゃあ、このアニメの品格を下げる感じもするし。このアニメは映画でやったってグレードアップしません。もともとがハイクォリティだから。
ってことで、オリジナルストーリーに決定ですね!グレイスは死んでいません(笑)もともとグレイスにはもう身体なんてないんじゃない?ってことで、"マクロスF劇場版 逆襲のグレイス"とか(笑)あとは・・・なんだろう・・・グレイス視点で描く、"マクロスF劇場版 虫・おぼえていますか"とか(笑)
まぁ、おふざけはこんくらいにして予想どおりといえばやっぱりという感じだし、ちょっとビックリという感じもある劇場版の告知。マクロスFのキャラにまた会えると思うとワクワクしますね。ミシェルとか生きてる話とか作ってください!キャラ一緒だけど、別次元の話とか。

第25話「アナタノオト」59

テレビシリーズの続編的な話だとすると、キーになるのはビルラーかな?会いたかったのはやっぱり、ミンメイだったようですね。ただ会いたかっただけのためにレオンと結託していたのか?っていう疑問も残るし、それだったらまだその目的のためになんかしそうな気もするのですが・・・。出演回数も少なく謎が多いままなので、新しく話を作るにはもってこいなのでは?ビルラーさん。





第25話についていろいろ
テンポがよすぎたため、ストーリーを見逃しがちかもしれない第25話。
気になった点はアルト、ランカ、シェリルの精神世界みたいな部分。ランカとシェリルは体内でバジュラと共存しているから意思疎通が可能ってとこですかね?「ファースト・アタック」のインフィニティを歌う前の二人の通じ合っていたので、微弱なフォールド波があればあの世界での意思疎通が可能ということでしょうか?「ファースト・アタック」の時は、シェリルは症状は出ていないけど、V型感染症のキャリアだし、イヤリングのフォールドクォーツもあったし・・・。それを考えると、今回のアルトがシェリル、ランカと同じ精神世界のような場所で意思疎通できたのはフォールドクォーツをつけていたからなんでしょう。あの世界をちゃんと理解しないと、シェリルが生き残れたことを証明できないしね。きちんと把握しておくべきかと。で、この三人についてはいいんですが、ブレラ。彼は、似たような精神世界でランカにお前の歌を歌えとか言ってましたね。彼とランカはどういう仕組みでお互いの意識を感じあっていたんでしょうか?ブレラはフォールドクォーツは持っていないと思うし・・・。まぁ、これ以上突っ込むと最終回の記事を台無しにしかねないのでやめておきましょう。
あと、気になったのはやっぱり、バジュラとそれを許せるかってこと。
ランカの説明でバジュラの特性みたいなものは理解できましたが、それだけじゃやっぱり足りない気がするバジュラの説明。あと、クランはバジュラを許せるか?ということ。
これも微妙ですね。クラン自身語るところもないし。すべてがグレイスの計画だったとしても、グレイスはバジュラを直接操っていたわけではないし。すべてをグレイスのせいにしてバジュラに罪はないとは言い切れないのでは?バジュラはフォールド波の通じるランカだけを助けるためだけにフロンティア
にあれほどの被害をだしたわけだし・・・。ミシェルもそうですが、第01話でバジュラに握りつぶされたギリアムさんだって浮かばれない気がします。ですが、唯一の救いはバジュラが最後にアイランド1への攻撃を防いだこととグレイスとの戦いに協力したことですね。あれがあるからまぁ、ぎりぎりプラマイゼロってことで、この話題もあんまり深く突っ込まないほうがよいと思う。



第25話
まさに、最終回に相応しかったヤックデカルチャーな回。すべてのシーンが光っていました。
これは今までの24話がしっかりとしたものだったからでしょう。その集大成的ゼントラ盛りな回が第25話。↑のレビューもスゴイとかヤックデカルチャーとか同じようなことしか書いてありませんが、そういう風にしか見えないんだからしかたない!開き直ったような言動ですが、実際、スゴイの一言に尽きると思いました。完璧というのがどういうものか分かりませんが、私には完璧に近いエンターテイメント作品だと思えます。第25話を見て、日常生活では味わえない感情をいくつもいくつも感じることができました。驚き、喜び、悲しみ、ジーンとするとか、ぐっと来るとか、きゅんとするとか、泣ける・・・とか、キラッ★とかきゅん死にしそうとか(笑)そんな気持ちに次々とさせてくれた第25話は最高でした!
見所がどこかと聞かれても全部と答えるしかない第25話って感じです。とにかく、すべてがよかったです。映像、ストーリー、キャラ、歌・・・。ずっと面白いと思ってみてきたマクロスFの最終回たるべき最終回。一生懸命言葉で伝えようとしてますが、読んでる人は見てる人だし。私がいちいちだらだらと言わなくてもよーーーくわかってますよね。むしろ、私のリピートがうざいくらいかも!?まぁ、これで最後だから・・・大目に見て(笑)
ストーリー展開はもう神の領域というか、これほど1シーン1シーンが印象に残った回はありませんでした。無駄な部分はないすべてが大事なシーン。見せ場が多すぎたという見方もありますが、それぞれの見せ場が同レベルというか、甲乙付けがたい名シーンに仕上がったから多すぎと感じるんでしょう。シーンごとに優劣が付けづらいクォリティだからっていうのもあると思います。
あと、書き忘れそうだったのが、死人が一人も出なかったこと。
はじめのころはオズマを筆頭に誰が死ぬとか死なないとか、随分と予想しましたが、番組後半になると、キャラへの愛情から誰も死んで欲しくなかった。でも、一人、大事なキャラを失ってしまって・・・。その後、最終回まではドキドキでしたね。後半はシェリルがどうなるか?っていう所がホント、気になって気になって仕方なかった。今回の最終話では、ストーリーの壮大さ故に誰が死ぬか?なんてこと考えることもできず、見入ってしまいましたが、終わってみれば全員無事!ホントよかった!一人を除いてラストをハッピーにむかえることができて大満足でした。途中退場を余儀なくされたミシェルだって最終回ではいないのに大活躍だったし!ラストがミシェルのライフルでって所、ホントいい終わり方でしたよね。ミシェルが死んでしまったのはすごく悲しく寂しい出来事でしたが、最終回でこれほどまで使われてミシェルファンじゃなくても震える展開だったのではないかと思います。
歌。惜しみなく使い切った感じです。かなりテンポよく歌われた感じもするし、目で見る映像もすごかったので、視聴する上でどっちに注目すべきか迷った回(笑)考えてみるとすごい情報量でした。今回の第25話そのものの情報量が多いのもありますが、これまでの24話のいろんな部分が想起される歌やシーン。思い出さずにはいられないキャラ。これまでのすばらしい24話の結果が最終話につながったのだなぁとしみじみ思いました。で、歌に話を戻すと、ほとんど歌い続けていた第25話。「娘トラ☆」に収録予定の娘娘メドレーっていうのがどんなものかやっとわかった最終話でした。エンドクレジットにもそう書かれていたので、間違いないのかなぁ?今回のアニメ版のメドレーがフルで収録されるのを望みますが、どうでしょう?個人的にはシェリルの「私の彼はパイロット」がすごくよかったです。そして、ラストは「トライアングラー Fighting on stage」だっけ?シェリルとランカが「わたし?それとも、あたし?」っていうやつ。最後はストーリーの展開と同様、歌も再びトライアングラーでした。最後にこれを使ったのは大満足!OPのほとんどがトライアングラーだったので、マクロスF全体のイメージがトライアングラーになっている私の頭の中。これまでのマクロスFが次々に思い出され、最高のラストになったのではないかと思いました。ホントいろんなことあったよね。これからもトライアングラーを聞くとマクロスFという作品そのものが自然と思い出されるでしょうし、マクロスFと過ごしたこの半年で自分に起きた出来事なども同時に思い出しそうな感じです。歌って、それを聴いていた頃の出来事とかも自然と思い出させてくれるときがありますよね?トライアングラーだけでなく、射手座☆午後九時Don't be late、ダイアモンドクレバス、星間飛行、娘フロetc.・・・聴くだけで、この半年のことを思い出させてくれそうなマクロスFに感謝!マクロスFだけでなく、この半年間も忘れられないものにしてくれたマクロスFに大感謝です!マクロスFに出会えて本当によかった!

というわけで!?というか、ブログの管理画面のリアルタイムプレビューに記事全部が映ってないのでいちお、この辺で終わりにしておきます(笑)画像が多すぎたのかな?画像貼り付ける前は文字だけ全部表示されてたのに・・・。シェリルのキラッ★の画像の下から空白が続いていて表示されてません(笑)実際には書いた文は表示されるみたいだけど・・・。本来は25話の感想のあと、個々のキャラについてとか、全編とおしての感想が続くはずでしたが・・・(キャラや気になった回とかについてはもう書き上げた状態なんですが・・・いつか別記事にて上げるかもね)



最後を飾るに相応しいすべてがゼントラ盛りの

ヤックデカルチャーな最終回でした!


ありがとう、マクロスF


第25話「アナタノオト」67


マクロスFにも感謝ですが、うちのブログのマクロスFの記事をずっと読んでくれた方にも感謝です!

ありがとうございました!


いつからか、自然と長めの読みづらい記事になっていったうちのマクロスF感想記事(笑)
長いけど、読んでみろ!みたいなひねくれたことも言った覚えもありますが、にもかかわらず、よんでくださり、コメント、拍手、TBなどを寄せてくださった方々、本当に感謝です。
アニメについてみなさんほど知らない私(笑)とくにマクロスFは以前のマクロスをほとんど知らないので、はじめのうちはどの部分がなんという作品のオマージュなのか?とか全然知らずに見ていました。知らなくても面白い!ってことを証明できたことはうちのブログの功績!?(笑)かも。でも、知っていたらもっともっと楽しめたのは言うまでもありません。知っている方からの情報や指摘をいただき感謝です。このアニメを通して、いろいろと勉強もできたし、いろんな交流もできてとてもたのしい半年間でした。読んでくださった皆さん、本当にありがとう!もう、こんな長いレビューは書きません(笑)書けません。また、次回もと言いたいところですが、最終回~。記事では結構使ってるかも知れないけど、最終回っていう記述はなるべく避けました。寂しいじゃん!でも、もう最後、読んでくれてありがとうございました。

See You Next Deculture



スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>名も無きパイロット。さん

名も無きパイロット。さん、こんばんは。。。

2008年9月28日という記事の日付を見て、改めて2年も経ったんだなぁとしみじみしちゃいました。
マクロスを知って3年にも満たない私に嬉しいお言葉をありがとうございます。。。

2008年の4月から9月までの半年間は本当に楽しかったです。毎週毎週が驚きの連続で次回が楽しみで仕方ありませんでした。私は「F」からマクロスを知ったのではじめのうちはバックグラウンドなどほとんど分からず見ていましたが、第1話の「射手座☆」とランカの「ニャンニャン」踊りで、すでに引き込まれていましたね。第01話の感想から順に見ていくと次第に文字の量も増えて最後にはこのありさまです(笑)
あとから自分の書いた感想を読むのはひじょーーーに恥ずかしいものなのですが(長いし・・・)、そんな気持ちと同時にかなり好きだったんだなぁと思い知らされます。最近はつまらないので、もう一度あの頃に戻りたいです。リアルタイムで意見交換したかったですね。。。

私はテレビ版が印象強いせいか、劇場版の前編は「おもしろかったんだけど・・・」という印象でした。テレビ版のように毎週放送でリアルタイム感のあるほうが好きですし、前編はほとんど「知ってる話」のつぎはぎだったので・・・。完結編につながる謎も思ったほど散りばめられていなかったし・・・(私がきづかないだけかもしれませんが・・・)
そう考えると、「サヨナラノツバサ」は「イツワリノウタヒメ」を見ていなくても楽しめるものにもなるでしょうが、そうなると劇場版は完結編のみでもよかったよな・・・という気持ちもあります。どうせなら、テレビ版とは全く異なる完全新作で3部作とか、ガンダムUCのような売り方にしたほうがよかったような気がします。まぁ、この辺は完結編を見てから判断したほうがよさそうですけど・・・。完結編には「虚空歌姫」にはなかった新しい「何か」がほしいですよね。おそらく今度こそ「新しいマクロスF」になると期待しています。。。そして次期マクロス、30周年記念作品に期待しましょう。後・・・もう少しテンポよくメディア展開して欲しいですね・・・。

最終的にマクロスFが5年後、10年後も覚えていてもらえるような名作になっていればよいですね。こればっかりは今のファンの加熱ぶりだけでは計れないので最終的にどういう評価、位置づけになるのか楽しみです。
どんな評価をされても、テレビ版は私の中ではずっと残りますけど。。。
劇場版は完結を見ない事にはわかりませんが、「愛・おぼえていますか」くらいの名作になってくれればなぁと思っています。

ではでは。。。
嬉しいコメントありがとうございました。

No title

こんな、レビューが読みたかった。

ほんと今更ですが、書かずにはいられませんでした(笑)
マクロスFがテレビ放送されていた頃の気持ちを、残らず思い出すことができました。
自分が感じたことを、同じように感じていた人がいる。
それは、本当に幸せな事ですね。

samadaさんのレビューに出合えてうれしいです。
できれば、リアルタイムでお付き合いしたかった(笑)

映画には、僕もオリジナルな完全新作を期待していたので、
正直「イツワリノウタヒメ」に不完全燃焼な部分がありました。
しかし、こんな大きなマクロスのフェスティバルは次にいつあるか分からない(笑)
そこで、「サヨナラノツバサ」に向けていろいろと放浪していたところ、ここを探し当てた次第です。

「サヨナラノツバサ」はきっと凄い作品になると思います。
河森さんはやってくれると思います(笑)
「マクロス」は、28年間ずっと僕のハートをつかんできた唯一の作品です。
そしてその期待以上のものを、ずっと提供し続けてくれました。
なので、マクロスFのフィナーレも、想像もつかない素晴らしいものになると信じています。

ほんと、周回遅れ(何周?)のコメント、申し訳ありませんm(__)m
こんなレビューを書いていただいて、ありがとうございました。

samada>terakoさん

terakoさん、こんばんは~。。。

ハードな日々が続いていたようですね。体調にはお気をつけ下さい。。。
ということで、終わっちゃいましたね~。ホントによかった!最終回。私たちが望んでいたラストでホントによかったです。もう、なんと言っていいか・・・。素晴らしいアニメに出会えたことに感謝です。。。

>たしかにこんな上司がいればいいですね。最後までオズマは格好良かったです。
現実にいないからこそ、光るのかも知れませんね。現実にはあまり期待しないようにします(笑)というか、現実とアニメの区別をきちんとつけないと・・・最近、友達の子供を"ランカちゃん"と呼んでしまいました(笑)

>1時間スペシャルか何かでもう少し時間をかけて欲しかった気もします。
そうですね。最終回は時間延ばして放送してもよかったかなぁと。深夜だし可能と言えば可能じゃないかなぁとも思いますし。まぁ、でも30分でよくぞあそこまで詰め込んだ!と拍手を送りたいですね。

>たしかに全編クライマックスという感じで、目が放せない展開の連続でした。
ですよね!どのシーンも重要で輝いていたと思います。インパクトの強いシーンだらけで、見入ってしまうとはこういうことなのだなぁと見終わってしみじみ思いました。

>どうやって乗り換えるのかと思っていましたがこう来るとは思いませんでした。泣ける演出ですね。
最終話はかなり、ミシェルをフィーチャーしてましたね。ラストもそうだし、まさか、クランがミシェル機に、とはホント泣かせる演出でした。最終回はこうした胸にジーンと来るシーンがたくさんありましたよね。

>このあたりからアルトが格好良く見えました。主役らしかったと思います。
最終回はホント主役って感じでした(笑)ちょっと心配だったんですが、主役らしい活躍。シェリル、ランカ、ブレラ、スカル小隊のみなさんの助けがあってこそでしたが、みんなの思いがアルトに集まって・・・主人公に相応しい活躍だったし、カッコよかったです。「お前達!?がオレの翼だ!」は時間が経った今では???と思ってしまう点でもありますが(笑)

>本当にライブを見ているような一体感がありました。
terakoさんが言うように、07話以降、シェリルが公でドカーンと歌うのは24話、25話だけでしたね。物語のテンションと相まって、シェリルのノーザンクロスは射手座☆午後九時Don't be late と同等のものが感じられました。やっぱり、歌ではシェリルが一枚も二枚も上手だなぁと感じましたが、違う持ち味を持っているランカだってすげぇ!と数分後に思い知らされました(笑)

>また1話で空が低いと言っていたアルトが最終話で本物の空を飛べたのも良かったです。
最終話を何度か見てから、第01話を見ると、なるほど~と思ってしまいます。し、アルトがEXギアで2000どまりの空に上昇して警告を出すのがシェリルの看板というのが、なんとも今考えると面白い設定ですね。そんな看板の彼女とランカに本当の空をプレゼントされるなんて。。。

>最初は変な格好したやつだな(笑)ぐらいだったんですが段々良いやつになってきました。
私は格好はそれほど気にはならなかったのですが、海外ではあの格好がおかしく映っているようですね。

>3人が繋がっている感じがして非常に良いシーンですが何よりシェリルが助かって良かったです。
アルトの翼発言で24話までひっぱってきた三角関係がきれいに崩壊してよかったです。まぁ、深く考えるとそれはないかも・・・とも思いますが、シェリルが助かり、ラストの、ここからはじまるんだね、という二人の言葉でなんとなく納得です。二人がよければあぁだこうだという必要もないでしょう。。。

>マクロスFは大人が非常にいい味を出していますね。
艦長はクォーター脱走からかなりいい味を出してましたよね。一言に重みがあるからこそ、艦長という重責を担っているんでしょうし、それを見事に本編で表現されたキャラですね。モニカとお幸せに!

>ライオンの'私眠らない'からインフィニティの'眠らない思い'と繋がりが良かったですし、ここからのメドレーは最高でした。
このメドレーは反則というか・・・すべてを最終話に持ってくるという予想外の展開でしたね。よすぎる展開でした。娘トラ☆ではライオンからラストのライオン&愛・おぼえていますか+アイモ、までのすべてを1曲でメドレーとして収録するみたいですよ。この1曲だけでもアルバム1つ分に値しますよね。。。

>やっぱり星間飛行もキラッ☆もいいですね。
まさか、最終話で、キラッ☆が見られるとは思いませんでした。星間飛行のノリから言って、最終話には絶対ないなぁと思っていたのですが、テンポを変えてメドレーでなんてなんと粋な計らい。ラストにはシェリルのキラッも見られたし。サービス満点でしたね。

>モンスター・マクロス25・バトルフロンティアのコンボがアツいです。
マクロスアタックは過去のマクロスでも似たような演出があったようですね。 最終話でカナリアさんの活躍が見れたのでホントよかったです。相変わらず、強い!1・2・3のコンボが素晴らしかったですね。そして、ミシェルのライフルで・・・もう、震えました。さらに、ブレラ。恋と友情と惑星の運命が交差する超銀河ラブストーリーという謳い文句がきっちりと消化された感じでしたね。

>samadaさんの当たらなさは逆に気持ちいいですね。(笑)
私はいつもアナザーストーリーを考えていたので(笑)
まぁ、こちらも当たらないのが日常化していたので、たまに予想どうりになると、なぜか、やっちまった・・・という気持ちになってしまったことも(笑)

>今回誰も死ななくて本当に良かったです。
まさかの戦死者ゼロで幕を閉じましたね。ミシェルはラストでの役割などもあって逆から考えると死すべくして死んだ感じもしますが、ララミア・・・orz 謎のキャラでしたね(笑)
劇場版。なんでもいいです(笑)どんなものでも受け入れるでしょう(笑)また、キャラたちに会えるのならどんな形でも嬉しくなります。

>今後も劇場版・マクロス30周年記念作品(気が早い)とマクロスシリーズを楽しみに待ちたいと思います。
たしか、去年が25周年?だったんですよね。あと4年ですね、30周年。その前に過去のマクロス作品をよく見ておかないと。。。そして、来年、2009年は人類がゼントラーディと遭遇する年です(笑)"愛・おぼえていますか"を歌えるように練習しとかないと!(笑)


マクロス初心者の私の拙い記事を毎回読んでいただいて、コメントを寄せていただいて本当にありがとうございました。とても励みになりましたし、いろいろと学ばせていただきました。シリーズの随所に過去のオマージュが隠されているようで、まだまだ私には見ごたえが残るマクロスFです。本当にステキなアニメでしたよね?マクロスFに出会えてホントによかったです。
最終回を迎えてブログのテンションも一気に下がりましたが、今後は普通に更新です。とりあえず、今週は、娘トラ☆!まだまだ、マクロスFでひっぱるし、おそらくトップの画像は当分マクロスFでしょう(笑)
休む必要もなかったのですが、また一からがんばる意味で。火曜日から再開すると思います。

ではでは。。。


感想

samadaさん、こんばんは。
今日は一日寝てました。今週は始発→仕事→終電→就寝が5日間続いたのでコメントが遅くなりました。

>オズマは最高の上司だ!
たしかにこんな上司がいればいいですね。最後までオズマは格好良かったです。

>最終回でレオンに割ける時間はほんの少しだけでした。
最終回の密度を考えると仕方ないかと思いますが、1時間スペシャルか何かでもう少し時間をかけて欲しかった気もします。

>スゴイ展開の連続に目が放せなかった最終話。
たしかに全編クライマックスという感じで、目が放せない展開の連続でした。

>アルトがついにVF-25に乗り換えることに。
どうやって乗り換えるのかと思っていましたがこう来るとは思いませんでした。泣ける演出ですね。

>スゴイ最終回です。多分この言葉、今回の記事では連発します。ご了承ください(笑)
ほんとに連発してますね。(笑)しかし、ほんとにスゴイから仕方ないです。

>お前の歌でアイツの目を覚ましてやってくれ!
このあたりからアルトが格好良く見えました。主役らしかったと思います。

>いくわよ、みんなぁ!
本当にライブを見ているような一体感がありました。7話以降あまり歌う機会がなかったですし、中盤以降の辛い展開を吹き飛ばす様な勢いを感じました。ノーザンクロスも22話と全然違い非常にマッチしていました。samadaさんが書かれいてるように背景の違いが大きいですね。

>最終回にしてやっと主人公の風格を身に着けたアルトに拍手!
今まで悩みながらも選択し、そしてまた悩み、中途半端な状態が続いていましたがここにきて吹っ切れた感じがしました。今回は本当に格好良かったです。

>アルトがVF-25を誘導するシーン
マクロスFではEXギアの設定が非常にうまく活かされている気がします。今回のシーンもそうですが、ライブでアクロバット飛行をしたり、ルカやシェリルやランカを助けたりと色々ありました。また1話で空が低いと言っていたアルトが最終話で本物の空を飛べたのも良かったです。

>ブレラいい!なんていいキャラに成長したんだ、ブレラ!
最初は変な格好したやつだな(笑)ぐらいだったんですが段々良いやつになってきました。最後に死ななくて良かったです。

>そして、シェリルにビンタ&アルトも登場してシェリルを死の淵から救う部分にも感動。
3人が繋がっている感じがして非常に良いシーンですが何よりシェリルが助かって良かったです。

>そして、艦長演説!アツい!
話すシーンはあまりありませんでしたが一言一言に重みがあります。マクロスFは大人が非常にいい味を出していますね。

>ライオンがインフィニティへ。
ライオンの'私眠らない'からインフィニティの'眠らない思い'と繋がりが良かったですし、ここからのメドレーは最高でした。今回は特に歌とシーンがマッチしていました。私の彼はパイロットも良かったですね。早く'娘トラ☆'を聴きたいです。

>今回のキラッ★の星は特大でした(笑)さすが、最終回!
やっぱり星間飛行もキラッ☆もいいですね。

>ここからがまたアツすぎる展開!
モンスター・マクロス25・バトルフロンティアのコンボがアツいです。バトルフロンティアは中盤でもう少し活躍があって欲しかった気がします。またアルトがミシェルのライフルをという展開からブレラとの共闘とアツすぎるシーンの連続で歌とのシンクロ具合も最高潮でした。

>最後の記事でまた私の当たらない予想ができると思うとちょっとうれし(笑)
samadaさんの当たらなさは逆に気持ちいいですね。(笑)

今回誰も死ななくて本当に良かったです。(特にシェリル)劇場版はこの続きでもいいですし、愛おぼみたいな感じでもいいです。(ただしミシェルは死なない形で(出来ればララミアも))

samadaさん、おつかれさまでした。最終話まで楽しまさせてもらいました。今後も劇場版・マクロス30周年記念作品(気が早い)とマクロスシリーズを楽しみに待ちたいと思います。
今は記事の更新を休まれているようですがsamadaさんのペースでがんばって下さい。今後も楽しみにしています。
今回もコメントが長くなってしまいました。samadaさんの記事には到底及びませんが。(笑)
それではまた。

samada>YUUさん

YUUさん、こんにちわふぅ~キラッ

携帯泣かせのブログですいません(笑)まぁ、長いのはいつものことってことで・・・(ニヤッ)

ってことで、終わってしまったマクロスF。毎週の楽しみがなくなってしまって残念です。今期ベスト3は00、ギアス、マクロスFってところですかね?00はこれからまたって感じですが。
マクロスFは確かに詰め込みすぎな最終回でしたね。でも、謎は残ってたりして・・・。明かされなかった謎が劇場版での追加されるのか、全く新たなストーリーなのかは楽しみなところ。

>艦隊戦 たしかに、バジュラは目立ってましたが、フロンティア軍は決まった描写しかなかったですよね。25とバトルフロンティア、やられ役のVF-171など。たまに画面に登場するフロンティア軍の艦隊もバジュラの攻撃で真っ二つって感じだったし。最終回はスケールが大きかったですが、バジュラの母星側への奥行きがあっただけで、内向きの奥行きは皆無でした。S.M.Sだけであのバジュラの大群をさばいて、勝利したと言われても仕方ない感じでしたね。時間が経って見る視点を変えるといろいろ気になるところは出てくるかと思います。

>戦闘シーン  これは現時点では最高レベルを見せ付けた感じですよね。普通のアニメとCGがうまく融合していた感じです。ここはほとんどの人が文句なしだと思います。が、残念なのは、通常の絵が・・・orz CGと重なる部分には気をつけたようですが、各回でのキャラの顔が微妙に違うのがとても残念。特にシェリルは一番ひどいことになってます。第08話なんかはきついです・・・orz

>ゴースト  そうなんですか。ここでも過去のマクロスが使われていたのですね。

>幸せ太り  ごじゃっぺな髭は書いてなかったので安心(笑)
ラジオはタイトルが微妙に変わるみたいですね。

>劇場版 どんな感じになるんでしょうね?なにかと抱き合わせで30~40分くらいならOVAで。マクロス7とかの映画は30分くらいですよね、たしか。まるまる2時間くらい使ってほしいですね。

>コードギアス  内容が濃すぎて途中からついていけなくなりました。ラストも見せてくれましたが、ハッピーエンド、バッドエンドどちらにしても異論、反論、オブジェクション!でしょうね。人気作のつらいところでしょうか。ラストCCはホロでしたっけ?続編・・・ジョジョみたいに血縁ではなく、ギアスというつながりで別主人公を立てることも可能ですよね?CCは健在だし。反逆の○○みたいに名前変えてシリーズ化してもいいのでは?

>今期、普通-良作
我が家のお稲荷さま。 途中までは見ました。普通に面白かった。声がCCとアルトでしたよね?
RD 潜脳調査室 興味をそそられたけど、未視聴で終わりました。I.G.だったので期待はしていた。
セキレイ 普通の娯楽作という感じで楽しめました。続編に期待大。
ワールド・デストラクション 途中で断念。正直なところ、見るたびにあまり興味をそそられなかった。
>個人的に悪い作品(あくまで主観ね)
かのこん はじめの1、2話くらいは見ました。まぁ、そんなアニメでしたね。見る視点を変えれば、全話見れたかも(笑)
To LOVEる  原作ありきなようで、途中からレビューなど書く必要ないのでは?と断念。普通のアニメって感じに思えました。

>次の期待
とりあえず、今期は新番組を全く調べていないのでゆっくり吟味。第2、3話くらいから確定してレビューしていくかもです。結構、たくさん始まる(始まっている?)ようですね。とりあえず、00は書きます。
マクロスF終わったから背景変更・・・。そういわれればそうですね・・・。まったく気にしてませんでした。まぁ、とりあえず、このままかなぁ・・・。変えるとしてもぱっと思い浮かばないので、やっぱり、マクロスFになりそうです。
今のところ、ブログ更新お休み中ですが、また来週半ばくらいからがんばります。一気にどばっと更新するかもです。
ではでは。。。今後ともヨロシクお願いします!

相応しい最終回ですぜ♪

こんばんわふぅ♪
最終回までの更新お疲れ様でした~~今回書き込みはPCから・・・・楽だ。
日記なんですが・・・・・・頑張りすぎだ!管理人!(名前判らずorz)携帯では長すぎて読みにくいw
今年ではトップ3には入る超良作品でしたね、ミシェル死亡からテンションとか下がってましたが最終回に詰め込みすぎて謎とかはあんまり判らなくて残念ですね。
>鳥の人
バジュラはオリジナルのコピーっぽいですね、しかし説明が少なすぎていかんとも、
>艦隊戦(7では多かったけど戦闘は8割バンクだったね)
マクロス7船団ですら1000隻前後の護衛艦隊を有していたみたいですからフロンティアは10倍とは行かずとも5倍は居るはずなんだがほぼ壊滅かしら^^;
最終回、24話しか本格的な戦闘が無くて少々残念でしたね。バトルフロンティアの変形も背景で少しだけ。
>戦闘シーン
これからのアニメは二次元の絵ではなくCGグラフィックが主流になりそうですね、深夜アニメであのレベルだと凄い進化ですね。
>ゴースト
プラスの最強の敵があんなに沢山でしかもFでは人間でも対抗出切る事に驚きましたね、プラスでは最新鋭のYF21とエースパイロットの組み合わせの特攻で相打ちでした。
>幸せ太り
きっと中の人ネタですよw
ラジオ聞くと良くわかる。
>劇場版
25の脱走くらいから最終回までを総集編っぽくなって新カット追加に期待ですかね、ビルラー関係やギャラクシー船団(バトルや艦隊は出たが^^;)とかゴーストV9対人間のシーン追加は是非ともb
全25話の感想ブログの更新お疲れ様でしたv。
>コードギアス
あうあうorzやはり最終回は主人公が幸せのエンディングが一番だとマクロスFで感じましたね。つかジュレミアの作中での評価とか最後とか上がりすぎwオレンジ畑で幼女と共にセカンドライフとは。
ネットではルル生存してCCの馬車をひいてるとか(某狼アニメの主人公へw中人ネタ)SSでは200年後の世界で生きてたりw
>今期、普通-良作
我が家のお稲荷さま。
RD 潜脳調査室
セキレイ
ワールド・デストラクション
>個人的に悪い作品(あくまで主観ね)
かのこん
To LOVEる
>次の期待
キャシャーン Sins
ヒャッコ(1話は良かった)
ガンダム00(ギアスエンドは避けないと)
鉄のラインバレル(原作の戦闘シーンは最高!)
とある魔術の禁書目録(原作は良いがアニメ会社がorz)
CHAOS;HEAD(原作のグロさとキモさをどこまで作れるか)
ではではマクロス終わりましたが管理人さんの次の作品レビューに期待してます、マクロス終わったから背景は変更?

samada>白黒犬さん

白黒犬さん、こんばんは。

壮大な最終回。大満足でした。

>さわやかに二股宣言。
たしかに、冷静に見ればありえない言動。この期に及んでの鈍感さはもはや天性のもの(笑)ですが、最終話のアルトは主人公たるに相応しい活躍でしたね。個人的には「ただ、感じるままに・・・オレは飛ぶ!」というセリフがすごくよかったです。
戦闘も可変戦闘機のよさを出し切った感じですね。ケーニッヒモンスターにまで見せ場を作ってくれて感謝感激でした!

>シェリルはノーザンクロスの振り付けカッコよすぎて、見てるだけで涙が・・・。
やっぱり、シェリルは偉大でした。マクロスFはアルト、シェリル、ランカが中心になって進んでいきましたが、後半はほぼシェリル中心といっても過言ではなかったでしょう。ランカが弱かったのは否めませんね。

>ランカはキラッ☆でしたが、あんな土壇場でもキメ台詞とキャッチフレーズ忘れないんだなあと見ていました。
あんな土壇場でもキメ台詞とキャッチフレーズ忘れないのはプロ根性ということで(笑)ランカも中島愛さんもホントに成長しましたね。私も第01話から少し見直しましたが、初期のころのランカは初々しいといえばそうなのですが、声が浮いてますよね(笑)当時はそうは思いませんでしたが、今見直すと随分と成長したなと、なんとなく嬉しくもなりました。

>歌と共に物語が歩いていたマクロスF、これまでのことを思い出すと感慨深いものがあります。
歌を多用したマクロスFはいい意味で記憶に残りますよね。この歌を聴くとあのシーンが・・・と。

>またまたいい歳こいてサントラ2買うことにしました。
「娘トラ☆」も売れるでしょうね。私もいい歳こいて買います。マクロスFを見るようになっていい歳こいて買うのにも慣れました!ただ、感じるままにオレは買う!です(笑)

>アルトのVF-25再出撃の敬礼シーンはもちろん「愛・おぼ」のオマージュ
マクロスFの強みは過去の作品を盛り込めたことですよね。私はさほど過去のマクロスは知らないですが、この敬礼シーンは気付きました。やっぱり、シェリルは美沙で、ランカはミンメイなんですね。三角関係はその通りにはなりませんでしたが、それはそれで救われた感じです。
ではでは。。。マクロスF記事へのコメントありがとうございました!劇場版を楽しみに待ちましょうね!

思わざれば花なり 思えば花ならざりき

最終回・・・凄いことになっていましたね。

>「お前が!お前たちが俺の翼だ!」
さわやかに二股宣言。結局「どちらも大事」に落ち着いたのか・・・もっとも相手は納得する気はないようですが。
最終回のアルトはこれまでの総決算で戦闘も言動も凄いカッコいいですね。特に戦闘はガウォークの多用、と藤娘ポーズ(一瞬だけ)、オプションパックパージとアルトの操縦の個性がにじみ出ていて嬉しいです。

シェリルはノーザンクロスの振り付けカッコよすぎて、見てるだけで涙が・・・。私の彼はパイロットをメドレーで歌ってましたが、やっぱこれ、本心なんでしょうねえ・・・。というか、とうとうランカに続いてシェリルまでこの曲を・・・どうすんだアルト?

ランカはキラッ☆でしたが、あんな土壇場でもキメ台詞とキャッチフレーズ忘れないんだなあと見ていました。それにしてもテンポ上げた星間飛行は意外に戦闘に合いますね。それにしても声優さん、凄い上手くなりましたよね。今DVDで1話~4話見てるんですが、当時と全然違います。

・マクロスFメドレー
サントラの販促も兼ねてるんでしょうが、反則です(苦笑)
カッコよすぎて涙が止まりません。歌と共に物語が歩いていたマクロスF、
これまでのことを思い出すと感慨深いものがあります。
またまたいい歳こいてサントラ2買うことにしました。

細かいところ
アルトのVF-25再出撃の敬礼シーンはもちろん「愛・おぼ」のオマージュ、
直後に親指、人差し指、中指を立ててポーズを取るのはレジェンド・オブ・ゼロの時の「よ、よぉ・・・」のアルトと同じですね。ちょっと二ヤリ。

samada>リンクちゃまさん

リンクちゃまさん、お久しぶりです!海外からのお越し、心から感謝です!

>毎回超長文感想ありがとうございます。
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございました!マクロスFを通してこうして、海外の方と交流できたということは私としてもとても嬉しいことでした。中国語を日本語に翻訳して頂いて本当にありがとうございました~!

>想像を超えたマクロスFのエンディングはまさにヤック・デカルチャーですね(涙)
まさに、ヤック・デカルチャーでした!マクロスFには最後の最後まで驚かされましたね。最終回はあらゆるものを出し尽くした本当に素晴らしい回でした。何度見ても感動ですね~。ずっとずっと記憶に残る最終回でした。

>メドレーはもう歌の津波です!
そのとおり!としか言いようがない!すごくいい表現ですね!まさに、津波でした!私は、最終回を飾る曲は1曲で、それがマクロスF全編をとおしてのテーマソング的な役割を果たすのかなぁと思っていました。メドレーで来るとは思ってもみませんでしたよ。シェリル風に言えば、「こんなサービスめったにないんだからね!」ってところでしょうか?メドレーの1曲1曲がこれまでのマクロスFを思い出させてくれてとてもいいエンディングでした。

>僕もバジュラの意思変換の速さに違和感を感じたが、アイランド1をかばうのは、もう仲間と認識されたシェリル(二人目のリトルクイーン)をかばうためでは?
シェリルはアイランド1ではなく、バトルフロンティアにいたので、リトルクイーンをかばうってことではなさそうです。おそらく、バジュラたちはシェリルとランカの歌によるフォールド波によって、クイーン(グレイス)に完全に支配されていた状態が解け、人類が敵ではないことに気付き、自分達の置かれている状況(自分達のクイーンがグレイスによってのっとられていること)を把握し、それと戦っている人類と共闘することを選んだのでは?リトルクイーンを主に選んだのではなく、クイーンをグレイスから助けるために人類と共に戦うことを選び、アイランド1を守ったのではないでしょうか。

>ブレラのフォールドクォーツの件ですが~
やっぱり、そう思うのが妥当ですかね。サイボーグだし。

>劇場版!個人的には、マクロスFの劇場版に後日談を見たい。
後日談でもパラレルワールドでもなんでもいいです!また、やるのなら。でも、やっぱり、後日談が一番やりやすいかなぁ?劇場版の内容にも期待が膨らみますが、歌にはもっと期待してます。きっと、シェリルとランカのデュエットがまた聞けると思うとワクワク、ドキドキです。

>いまのグレイスはサイボーグだと思います
たしか、グレイスは#13のガリア4で一度、身体(サイボーグ)は消滅してますよね。それも踏まえると仰るとおりだと思います。グレイスの意識そのものがどこにあるのかは謎のままですし、グレイスと同等の意識が何人かいて今回の計画を実行していたのも気になるところですね。だから、劇場版は再びグレイスたちと戦うことになる気がします。

>劇場版は「今度こそ、マクロスF最終回!」の感じでいたいですね。(今度こそ、アルト姫のステージ、見たい~)
いやいや、劇場版が終わった後もOVAなどでずっと続いてほしいです!マクロスFは終わりませんよ!(笑)

ではでは。。。

管理人さん:
またきました。毎回超長文感想ありがとうございます。

想像を超えたマクロスFのエンディングはまさにヤック・デカルチャーですね(涙)
この#25 アナタノオトは、歌、監督によるコンテ、演出などなど、すべて期待を超えた物語を出来上がった。すばらしい。メドレーはもう歌の津波です!

僕もバジュラの意思変換の速さに違和感を感じたが、アイランド1をかばうのは、もう仲間と認識されたシェリル(二人目のリトルクイーン)をかばうためでは?
こういうことなら、一人一人の違いを分かったバジュラは、自分達の違いも感じたはず。なのにどうしてまたリトルクイーンたちを自分(の群)よりも大切な存在とみなしたでは...(?)
クイーン(グレイス)よりリトルクイーンたちを従うときめたので、主を守る本能が働いただけ(?)

ブレラのフォールドクォーツの件ですが、グレイスがブレラとランカの決意を利用し、バジュラの母星を見つけたときは、またフロンティアにいることからみれば、サイボーグの間のテレパシー方法もフォールドクォーツと思います。サイボーグ基本装備とおもう~。

劇場版!個人的には、マクロスFの劇場版に後日談を見たい。
まぁマクロスFは主人公たちの成長物語もありますから、そして主役たちはほぼ生き残っていたから、攻殻のようにパラレルワールドものは、ちょっとね。

#26の敵は...レオンはもうおしまいから、ビルラー?、それとも...グレイスの残党?(謎)
#03ごろのプロローグを見れば、いまのグレイスはサイボーグだと思います、サイボーグの肉体の破壊は本当にグレイスの中の意識体をはかいできるか、疑問です。もし本当の黒幕はフォールドクォーツでグレイスの肉体を操作してたなら...

劇場版は「今度こそ、マクロスF最終回!」の感じでいたいですね。(今度こそ、アルト姫のステージ、見たい~)



samada>もっさんさん

もっさんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

海外でも人気なマクロスFもご覧下さりありがとうございます。海外でも人気のマクロスFの記事は自分だけが楽しんでいるようなノリの記事になって来ているので、そんな励ましの言葉を頂くととても嬉しいです。

>最終回まではある程度、控えていました。(自分なりの理解の仕方をしていきたかった為ですが...)
私も他のブログさんの記事とかは読んだりしません。まして、自分の記事を書く前は。なるべく自分だけの考えとか感想を書きたいと思ったので。
最終回のレビューは画像列挙のほぼあらすじに終わりました・・・orz 最終回のレビューは意外に難しかったです。素晴らしいとしか書けなかったのがちょっと残念ではありますが・・・。

>最終回直前の数話の時「みんな...死ぬな!」と思っていたので、とにかく皆生き残ってくれて良かったです。
最終回はキャラの死というものを視聴者に全く考えさせないテンポのいい展開でしたね。みんな生き残ってくれてホントによかったです。まぁ、あのラスト展開だからこそ、誰も死なすわけにはいかなかったのでしょうし、最終話ではミシェルの死というスパイスが最大限に使われていてとてもよかったと思いました。

>「あなた、あなた...」と呼びかける 「恋の歌」
「アイモ」は第01話「クロース・エンカウンター」のEDにも使われた歌でしたね。マクロスF全編を通してのテーマソングにもなりえた曲ですが、露出が少なかった感じがします。最終話でその曲の意味が明かされたので、まぁ、仕方ないといったところでしょうか。「アイモ」は正直なところあまりすきではありませんでしたが、曲の意味やラストでの使われ方がとってもよかったです。仰るとおり、
>人もバジュラも生物は「恋」をするためにうまれてきたんだ。
というコメントに私も納得です。アルトとブレラが人は結局一人・・・だから人を愛せるんだっていうラストのセリフとこの「アイモ」が非常にいいつながりでバジュラと人類の共存へのちょっとした道筋を示しているように感じられました。

>マクロスFに出会えて良かったです。マクロスFに関わる全世界すべての皆様に感謝しています。
ホントにその通りですね。このアニメに出会えたことに感謝です。そして、記事では書くのを忘れてしまいましたが、こんな素晴らしいアニメを私たちに見せてくれた河森監督、声優のみなさん、制作スタッフのみなさんに心から感謝したいですね。

マクロスFは終わってしまいましたが、またことあるごとにマクロスFの記事を書くと思います。そのときはまた、お越しください。

ではでは。。。

マクロスF

はじめまして!

海外でのマクロスFの評価が気になり、調べていた半月ほど前から拝見してました。
僕は英語は解らないので、大変参考になりました。
ありがとうございます。

詳細な各話のレビューも素晴らしく、読みこみたかったのですが...最終回まではある程度、控えていました。(自分なりの理解の仕方をしていきたかった為ですが...)

今回のマクロスFの最終回レビューも素晴らしいですね!
僕も、ほぼ同感です。

最終回直前の数話の時「みんな...死ぬな!」と思っていたので、とにかく皆生き残ってくれて良かったです。

最後まで目の話せない怒濤の最終回でした。


「アイモ」とは「あなた」と言う意味だったんですね...。

「あなた、あなた...」と呼びかける 「恋の歌」

人もバジュラも生物は「恋」をするためにうまれてきたんだ。

そんな事を感じさせてくれました。

マクロスFに出会えて良かったです。マクロスFに関わる全世界すべての皆様に感謝しています。

長々と済みません。またお邪魔しますね!

でわでわ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎マクロスF第25話「アナタノオト」

ランカさんの歌で一転してピンチになる。そこに、SMS船団がやってくる。そして、ギャラクシーの野望のことを話す。証拠ならあると、アルトが話す。あれは、ランカではないという。そ...

マクロスF #25 アナタノオト やっとUPしたゼ!

こんなお姫さまオトコ、めったにいないんだからな! by アルト姫←いってないし・・・ 考えても御覧なさいヨ 歌舞伎役者にして 紙飛行機...

マクロス FRONTIER #25(最終回)『アナタノオト』

デカルチャー!!! 最終回の感想、ぶっ飛んでしまいました!!(゚ロ゚屮)屮アニメ

(感想) アニメ 『マクロスF』 第25話 「アナタノオト」 ≪最終回≫

マクロスクオーターがやってきます!!!! スカル小隊復活!!!{/nezumi/} オズマカッコええ~~~{/face_heart/} そして…アルトも無事!!!! 「あれは…ランカじゃない!!!あのまやかしを撃て!!!」 レオンは大統領暗殺がバレてピンチ{/kaminari/}{/kaminari/} グレイスは何

マクロスF 第25話 最終回 感想

 マクロスF(フロンティア)  第25話 『アナタノオト』  最終回!!  やっぱライオンはいい曲だねえ。  感想に画像追加。   ...

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第25話 「アナタノオト」

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc) バジュラたちとの決死の攻防を繰り返すクォーター。しかしバジュラを操る新たな存在が現れ、フロンティアの居住区アイランドワンは危機に瀕する。敵母艦に向かうバトルフロンティア。その時、戦艦のステージに現れたシルエッ...

マクロスFRONTIER 第25話

「アナタノオト」 続きは劇場版? マクロスFもついに最終回。 劇場版の予定があるみたいですが、後日談を見せてくれるのかな? 前回、...

マクロスF 第25話 最終回 アナタノオト

マクロスフロンティア、最終回です・・・。

マクロスFrontier 第25話 アナタノオト

混戦となる、フロンティア軍対バジュラ、グレイス。 勝利の女神は、どの陣営に微笑む? 本館にある続きを読む。

マクロスF 第25話(最終話 アナタノオト

#25 アナタノオト

【最終話】マクロスF 25話「アナタノオト」【感想】

「一人だからこそ、誰かを愛せるんだ」(byアルト) マクロスFはこの台詞に辿り着くためのお話だった僕は勝手に思う。 凄かった。本当に凄...
Recommendation
uta_macross_20170803122627754.jpg
好評配信中

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking