Windows Live OneCare の無料試用版をインストールしてみた

マイクロソフト純正のセキュリティソフト、Windows Live OneCare(ウィンドウズライブワンケア)の無料試用版(90日間)をインストールしてみました。
Windows Live OneCare
秋くらいにそれまで使っていたセキュリティソフトのライセンスが切れたので、次はどれにしようかと2009年版セキュリティソフト比較なる記事を書いて、市販のセキュリティソフトをいろいろと調べてみましたが、結局フリーソフトのavast! antivirusZone Alarmを使うことに(記事:新しいセキュリティソフトを導入してみました。)
しか~し、今までの環境とちょっと違っていたので、なんとなく面倒というか、違和感があったのでこれらのフリーソフトもアンインストール。Kaspersky Internet Security 2009トライアル版(60日間)というのがあったので、それをインストールして今まで使ってましたが、昨日(1月一日)で使用期限が過ぎたので、違うフリーソフト(厳密にはフリーソフトではないんですが・・・)を試してみます。市販のものを買う気はないようですね(笑)買ったほうが安心なんだけど・・・PC的にも精神的にも。

というわけで、マイクロソフトWindows Live OneCare(ウィンドウズライブワンケア)の無料試用版(90日間)をインストールしてみました。

何が魅力って、90日もただで使えるところですよね(笑)

まぁ、それもあったのですが、2009年版セキュリティソフト比較という記事を書いたときに調べたら結構評判がよかったので使ってみたいなぁとも思ったので、インストールしてみました。

ここで↓ダウンロードできます。
Windows Live OneCare 90 日間無料試用版をインストールする

このソフト変わっているのが、最初にダウンロードしたファイルでインストールするのではないという点。このファイルを実行するとまたダウンロードが始まって、それが終わるとインストールという流れです。なんでかな?と思ったんだけど、これは常に最新の定義ファイルとかもいっぺんにインストールしてしまおうということらしいです。他のウィルスソフトだとソフト自体をインストールして再起動した後、最新の定義ファイルなどをダウンロードしたりしますが、このWindows Live OneCareはインストールした時点で最新のものになっているようです。


【インストール】
最初にダウンロードしたファイルを実行するだけ。
あとは「はい」や「次へ」など肯定的なほうをクリック。
いちお、こんな感じです↓

Windows-Live-One-Care_0

Windows-Live-One-Care (2)

Windows-Live-One-Care (3)

Windows-Live-One-Care (4)

Windows-Live-One-Care (1)

インストールが終わったら再起動。
再起動後、Windows-Live-One-Careが自動で起動して、下のようなダイアログが表示されます。

Windows-Live-One-Care_1.jpg

ステップ1を開始する と この手順をスキップする の選択肢がありますが、無料試用版なので、この手順をスキップするのほうを選びます。ステップ1を開始するのほうには、”このPCのOneCareを最大限に活用するには、こちらを選択します”なんて書いてありますが、予想通り、製品版を購入する手順に移行します。もっとはっきりした書き方をしてもよいのでは?と思ったりするけど(笑)


こちらが、メインウィンドウ

Windows Live OneCare

とりあえず、インストールしてみたので、ウィルススキャンをしてみようと思って、ウィルスとスパイウェアのスキャンをクリック。
そうするとこんなダイアログがでます↓

Windows-Live-One-Care_2.jpg

クイック スキャン
フル スキャン
カスタム スキャン
の3種類のから選べるようです。
ためしにフルスキャンをやってみました。

PCを離れて1時間後・・・

全体の2パーセントしかおわってねぇ・・・

結構・・・いや、かなり遅いスキャンですね。
もともと遅いのか、初回だからなのかは分かりませんが、このペースだと終わるのが50時間後なのでやめときました(笑)次回起動したときもう一度ためしてみます・・・。このペースが普通ってことは多分ないとは思うんだけど・・・。
試しに、クイック スキャンをやってみましたが、これはあっという間に終わりました。この差は何?
さらに、今、記事を書きながらカスタム スキャンでCドライブ(20GB)だけスキャンしてます。今、約50分経過で53パーセント。やっぱり遅いですね。まぁ、最初だけ?それとも、一旦、電源切って、次に起動したときは普通にさくさくスキャンしてくれるのかな?よく分からないのであえて追求はすまい・・・



【Windows Live OneCareその他の機能】
Windows Live OneCareでは、
プロテクト プラス
パフォーマンス プラス
バックアップと復元

という3つの項目からなっていて、主にセキュリティソフトとしては、プロテクト プラスの項目を使いますが、その他の2つの項目もかなりありがたい機能が搭載されています。

チューンアップ
Windows-Live-OneCare_4.jpg
パフォーマンス プラスの機能で、他のセキュリティソフトではあまり見かけない機能のような感じがします。他のといってもあまり使ったことがないので一概にはいえませんが・・・
チューンアップは文字通りPCをチューンアップする機能のこと。主に何をするかというと、
不要なファイルの削除
ハード ディスクの最適化
ウイルスやその他の不要なソフトウェアのスキャン
バックアップが必要なファイルの確認
インストールが必要なセキュリティ更新プログラムの確認
などだそうです。
これらはバックグラウンドで実行されるようです。
上でウィルススキャンがやたら遅いと書きましたが、もともとバックグラウンドで機能するようにできているのでしょうか?
これらのチューンアップは手動でも行なえますが、日時を指定して定期的に実行されるようになっています。デフォルトでは土曜の午前1時になっていました。あと30秒で始まります、みたいなダイアログがあらわれ、勝手に始まります。通知領域のアイコンでキャンセルもできます。
これらの作業がバックグラウンドで行なわれ、かつ、作業中でもさほどPCに重さを感じないのはありがたいですが、かりにバックグラウンドで行なわれているとして、PC起動中にこれらのチューンアップすべてが完了するのでしょうか?とくにハード ディスクの最適化は普通にやってもかなり時間がかかる作業。バックグラウンドでやったら終わりが見えない作業になるような気がします。
しかし、その他の項目がバックグラウンドで勝手に行なわれるというのは非常にありがたいことではないでしょうか?Windowsは使えば使った分だけハードディスク内にゴミがたまっていくのでそれらを定期的に捨てたり、バックアップを行なってくれたりするのはとてもよいと思います。Windowsのダメな部分をある程度自動で補完してくれるようなソフトでもありますね。こうした別製品としてではなく、サービスパックとしてOSのアップデートファイルで更新してほしいところ。

バックアップ
Windows-Live-OneCare_5.jpg
バックアップと復元の機能。バックアップもないよりは嬉しい機能だし、どの部分をバックアップすればよいかも分からないので、Windows Live OneCareのような純正ソフトにこういう機能があると安心できますよね。勝手に大事な部分だけ?もしくはフルバックアップを行なってくれることでしょう。この部分はあまりよく見ていないのでわかりませんが、他のPCや他のドライブ、外付けドライブ、CD、DVDなどへのバックアップが可能?なようです。この辺はあまりよくわかりませんが・・・。このバックアップも日時を指定して定期的に実行されるように設定することが可能です。また、これらのバックアップしたファイルから復元も可能。上でも言ったと思うけど、この機能はとてもありがたいですね。マイクロソフト製ということもあって、バックアップや復元もおそらくしっくりくるものになっているはず。まだ使ってはいないけど、その辺の安心感は結構よいかも知れません。



【とりあえず、使用感】
まだ、使いはじめたばかりでしたが、感想を言うと、
ほっといても勝手にやってくれるソフトかなぁ・・・
さすが、マイクロソフトだけあってOSとの相性はピカイチ?重さは感じられません。ただ、遅い。バックグラウンドで機能するというのが前提なのかどうかは定かではありませんが、今まで使ってきたウィルスソフトなどのスキャンと比べると、かな~り、遅い気がしました。その他の機能もバックグラウンドで機能するようになっていて、他の作業の妨げにはなりませんが、果たして、スキャンやチューンアップはいつ終わるのか?というのがちょっと気になるところ。ただ、定期的にバックグラウンドで実行されるというのは、それほど知識のないユーザーの方には非常にありがたいことなのではないかなぁとも思いました。ハードディスクの断片化したままだったり、不要ファイルなどがたまりにたまった状態でPCの動作が遅くなっているような方には最適なソフトかも知れません。
そうした、初心者にもやさしいところは、インターフェイスにも見られます。一般のウィルスソフト、ノートンやウィルスバスター・・・その他などは、様々な機能、設定がありますが、実際それを使いこなしている方ってかなり少ない気がします。大体はデフォルト設定のままが多いのでは?このWindows Live OneCareは比較的操作しやすい作りにもなっているなぁと思いました。このソフトの大きな柱は、
プロテクト プラス、パフォーマンス プラス、バックアップと復元の3つ。各項目の下の階層もいたってシンプルでほとんど迷うこともないでしょう。無駄に設定する部分がないというのは初心者にとってはとてもありがたいことではないでしょうか?また、メイン画面の左の設定の変更をクリックしても至ってシンプルなダイアログが出てきます。タブで各項目の設定を変更しますが、この辺もかなりシンプルな作り。こんなに少なくて逆に大丈夫か?と思ったりもしますが・・・。他のソフトに比べると設定する項目がかなり少ない。でも、シンプルで使いやすい。
全体としてかなりよいソフトではないかなぁと思いました。ただ、遅い・・・。
デフラグや不要ファイルの削除などなど、PCorハードディスクを快適にしたり、お掃除したりする方法を知らない方々にはとても役に立つソフトです。しかもこれらの機能はウィルスソフトとしての側面ではないのでなんとなくお得感もあったり・・・。ほぼすべてが自動でバックグラウンドで実行されるので、作業の妨げにもならないし。OSとの相性は他のソフトとは多分比べ物にならないくらい言いと思うし。Windows Live OneCareは非常によいソフトだと思いました。
ただ、PCに慣れている方、自分で最適化やレジストリなどの削除とかとか・・・などのチューンアップをできる方には非常にもどかしいソフトというか、一気にさくっと終わらせたい方にはとてもイライラするソフトでもあるように思いました。デフラグやPCのお掃除にしても、他のフリーソフトを使ったほうが早い。PCを使っていると、バックグラウンドで作業に妨げなく行なわれるとしても、バックグラウンドで何か行なわれているという事実自体にイライラする方も多いはず。
Windows Live OneCareは万人受けするソフトなのかなぁ・・・なんて思いました。
とりあえず、90日間使ってみます。
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

Recommendation
uta_macross_20170803122627754.jpg
好評配信中

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking