6月も終わり

6月も終わり。
ということは、2009年も半分が過ぎたわけですけど、なんだか実感がわかないです。これといった出来事もなく無為に日々を過ごすと日にちの感覚が曖昧になっていくような気がします。2009年の残り半分はシャキっとしたいですね。。。7、8、9月は暑くてそれどころではない気もしますけど・・・

つーことで、ヘンな前置きとは何の関係もない6月のブログとかネットのお話。

6月に感じたこととか・・・


6月のこのブログについて・・・


6月はじめに、テンプレート、いわゆるブログの外観を変えました。賛否両論全くなく(笑)いいのやらわるいのやら(笑)
それ以前はずっと3カラムのテンプレートでしたが、ずっと2カラムで、左にサイドバーのあるテンプレートにしたかったので、個人的には大変満足なんですけど・・・。3カラムから2カラムに変わったので使い勝手(管理人としての)はあまりよくはないのだけれど・・・。しかし、コンパクトにまとめられたので、一応満足かな。。。ブログをはじめてから1年半くらいですが、HTMLやCSSなどを随分と覚えたなぁと自分に感心。テンプレートを自分の好きに改造するのが結構楽しかったりします。

6月は、更新しなかった日が多かった。
記事数は30越えで、平均1日1記事な感じですが、更新にむらがありすぎる。
記事として取り上げる場合、自分が興味のあることを取り上げるのがまぁ普通なんですけど、そうでない時もたまにはあります。とりあえず記事をあげたほうがいいのか、無理に記事にすべきではないのかなど、相変わらずどうでもいいことにこだわってた月半ば。このブログはオリジナリティがなくなりつつあるなぁと・・・。5月にも書いた記憶があるけど、ある程度アクセスが見込めて安定してくるとこうなるんだなぁと実感しました。更新をサボるのはこうした背景が暗にはたらいているからだ、きっと・・・。
ネットの情報をあげて見てもらうのもいいですけど、サイトの“色”がほしいですよね。読者をオレ色に染めるブログになりたい・・・(笑)情報をあげるだけだと、通過するだけなので、無理ですよね。・・・とか何か違うことができないかなぁと考えてはみるんですけど・・・。情報として役に立ちたいし、見たひとが号泣するようないいこと書きたいし(笑)・・・まぁ、作為的に記事を書くのもどうかと思ったり・・・。
考えて何も出ないよりは、とりあえず何でもいいから書いたほうがいい。のかな・・・。

6月のマクロスF情報とか・・・
6月に一番読んで欲しかったのはこの記事。
こちらも賛否両論全くなくいいのやら悪いのやら(笑)
拍手ボタンがもうないので、そちらで判断することも出来ないのが残念。
個人的には、この記事があると毎日記事を更新したという気持ちになるのでよい。ちょっとしたことを載せるにはいい。
内容はかなりアバウトというかまちまちですが、たまにいい情報とかがあったと思う。とりあえず、続けたというのは評価できる私としては。。。
7月もやろうかと、今は思ってます。


アニメ


これまで大体の作品は第01話はとりあえず見たりして視聴するかどうか決めていましたが、今期は全然。見る前に判断するのはよくないけど、正直なところみんなこれといって引き付けてくれる部分を感じませんでした。かわいいキャラが出てきて、ときどきキュンとして、最後はあいまいに終わる・・・。かなり斜めからアニメを判断してるんですけど(笑)あながち間違いでもないかと・・・。かわいいキャラにキュンとするのは、私も好きですし、そこが見どころなのは分かっているし、良い悪いは見る人の判断。ですが、最近のアニメの作り方にかなり疑問です。無駄に作っている感じがどうしてもしてしまいます。オリジナル作品が少ないこと少ないこと・・・。漫画やライトノベルのアニメ化が多いですよね。別にそこはいいんですけど、原作でまだ進行中のものはアニメ化するには早いのでは?と思います。キャラの描き方はいいのに、ストーリーがついていかず、ぐだぐだなラスト。2期への期待を匂わせる幕引きがどうなの?と・・・。
あくまで個人的な感じ方で、中には優れた作品もあるのは承知ですが、正直無駄にアニメを量産して、各作品が潰しあっているようにも見えます。もっとゆっくりじっくり作ってもいいのでは?とも思います。

アニメのブームはもう衰退期?
私が勝手に思っているだけかもしれないけど、もうこの時期に来ているのではないかと・・・。
これからアニメを知りたいという人にとって最近のアニメの第01話がおもしろいものだとはけして言いきれないと思います。原作ありのアニメにおおいけど、第01話はさっぱりわからず終わりというのが、素人の意見では?第02話も見たいと思うかというと、微妙。
アニメは視聴者をしぼって制作されているとは思うけど、いつまでも“萌え~”とか言いつづける人間は多くはないはず。
レベルは高くなっているのはよいことだし、アニメ慣れした視聴者の目を楽しませなければならないのは分かるけど、新規のファンができる余地が少なくなってきているのも事実かと・・・。オタク文化はオタク文化で終わるように出来ているのか・・・。
海外へ日本のアニメ文化を発進していこうという試みをよく聞きますが、自国でのことも考えたほうがよい。政治の道具に使われるのは認知度とかを上げる意味ではいいけど、推進する方の評判がよろしくないので、逆効果にも思えたり(笑)
とりあえず、新規のお客さんを呼ぶようなつくり方をしないとアニメ人気も徐々に収束していくだろうなぁと思います。コアなファンだけのものでいいと言えばいいんですけどね。でも、なんつーか、こうアニメの社会的な地位をもう少しあげたいとも思うわけで・・・。わたしに何ができるというわけでもないけど(笑)ただ、そう思ったので書いてみた。。。
上から目線ですき放題ですね(笑)
月1回はすき放題書くのもよい。。。と思います。


その他


こういうことを書くと後で、書かなければよかったと思います(笑)
ひとりよがりなのはもちろん、さむい(笑)
でも、こういうさむさもよいと思うんですよね、なんとなく。
慣れれば慣れれほど、オリジナリティが失われていくよりはさむいほうがよい。
スポンサーリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

recent-entry.gif

コメント

非公開コメント

samada>名無しさん。

こんばんは。。。

>外見変えてから、なんか繋がらないって事が何故か無くなったんでOKかと。
繋がらないのは、FC2のサーバーの問題だと思うので、今後も多分あると思います。ただで借りてるブログサービスなので、仕方ないですね。ときどきキレそうになりますけど(笑)

>見易さ
ブログの外観を変えても問題は記事ですよね。。。
上部やサイドはカテゴリーなどのナビゲーション機能だけ置いておけばよいし、あまり増やすとブログ自体が重くなるので、なるべくシンプルにはしたつもりです。実際ブログを見るとき、私もそうですが、サイドとかはあまり見ませんよね。あと、記事内部に広告を置くことには少し気が引けるというか・・・。逆に見にくいですよね。でっかいサイトとかは結構こういう置き方をしているのでやってみましたが、広告としての成果はたいしてかわりなかったですね。まぁ、アクセス数が違いすぎるので比較にはならないでしょうけど。

>アニメ
ロボットアニメが少ないのが確かに残念ですね。。。
ガンダムやエヴァなど、時代の区切りみたいな新しいロボットアニメを待っているんですけど、そういった大作になりうる作品にはなかなかめぐり会えませんね。ゆっくり待ちたいと思います。まぁ、とりあえず、今年はマクロスFもそんな感じですけど、昔の作品が元気なので、ガンダム、エヴァ、マクロスFの波に乗って見るのもいいですね。ガンダムなんかは過去の作品とかをもう一度見て見るのもいいですよね。

>日経ビジネスオンライン
読みましたよ。会員登録して。。。まだ続きがあるみたいなので、続きも楽しみです。
オリジナルでも売れるというのを証明してみせたけど、監督のように才能がないとダメじゃんとか思ったり(笑)監督はまだ若いけど、下の世代に指導する立場になってもいいのではないかなぁと思いました。押井守じゃないけど、河森塾みたいなのを作って新しい人材を育成するのもいいですよね。攻殻S.A.C.の神山監督みたいな人材が育ってマクロス関連のOVAとか作ってくれる日が来るといいなぁと。ガンダムのように生みの親である河森監督の手を離れても継続するマクロスが見たいです。よくも悪くもですけど。・・・と勝手に妄想してます。。。

ではでは。。。

No Title

>ブログ
外見変えてから、なんか繋がらないって事が
何故か無くなったんでOKかと。
見易さはかわらないかな~。
まぁ、前の時も見辛いと思った事は無いんで
こちらもOKじゃないでしょうか。

>アニメ
どちらかと言うとロボット好きとしては最近の
アニメはやや物足りない所はありますが、
秋以降は劇場版マクロスFが控えてるから
忙しくなるのではないかと。
それまでの充電期間として、今のまったりした
流れも悪くないと思います。

そー言えば、日経ビジネスオンラインに河森正治監督の
インタビューが載ってますよ、見ましたか?
Recommendation
uta_macross_20170803122627754.jpg
好評配信中

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/3000 完全変形 SDF-1 MACROSS
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-2SS バルキリーII +SAP(シルビー・ジーナ機) 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
11月発売

HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(35周年記念カラー) 約140mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

DX超合金 マクロスデルタ VF-31Cジークフリード (ミラージュ・ファリーナ・ジーナス機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
9月発売

マクロスΔ 01 (特装限定版) [Blu-ray] マクロスΔ Blu-ray


劇場版マクロスF 30th dシュディスタb BOX



劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disc Hybrid Pack 超時空スペシャルエディション (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ Blu-ray Disk Hybrid Pack (通常版) (PS3専用ソフト収録) (初回封入特典 生フィルム同梱)

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初回限定封入特典「劇場上映生フィルムコマ」付き [DVD]

Page Ranking
Navigation



 


samada

Author: samada
画像は小白詰草のichiiさん作。

Amazon.co.jp
アマゾン全カテゴリー
ベストセラー一覧
マクロスF 関連
iPod・iPhone・iTunes
相互リンク
ブロとも一覧
カタコト日記~日々の徒然~
Net Shopping


Access ranking